韓国にもF35    どこで整備やるつもり??





日本が買うのなら韓国も!って感じで決めたF35
休戦中の韓国にとって最新鋭の戦闘機はそろえておきたいというのはわかるんですけど、北朝鮮相手にこれはいらないですよね。
中央日報の記事です

韓初のステルス戦闘機「F-35A」1号機出荷… 「戦争抑止力に貢献」



大韓民国の最初の最先端ステルス戦闘機であるF-35A(F-35A Lightning II)1号機が出荷された。

28日(現地時間)防衛産業省はこの日午前10時、米国テキサス州のポートワークスのロッキード・マーティン社の最終組立工場では、F-35A 1号機出荷式行事を進行したと発表した。

この日の出庫式には、韓国側からソジュソク国防次官、イソンヨン空軍参謀次長(中将)、ガンウンホ防衛産業省事業管理本部長などが参加した。

米国側エレンロード米国防総省獲得技術軍需次官、ハイジグラント米空軍省国際協力副次官、マットウィンターF-35統合事業団長(中将)、マリリン・ヒューソンロッキードマーチン会長などが行われた。

F-35A 1号機出荷は韓国が初めて敵のレーダーに捕捉されないステルス能力を備えた戦闘機を保有して対北朝鮮抑止力を大きく強化することに意味がある。

1号機尾翼下部には、韓国空軍を意味する「ROK AF」と、1号機を意味する「001」という数字が鮮明に確認される。下の部分には、太極マークも刻まれた。

防衛事業庁は「優れたステルス能力に基づいてサポート電力なしに任意の時間と場所に密かに浸透して選別的打撃が可能になることで、戦争抑制にも大きく寄与することができる」と説明した。

F-35Aは、有事の際に北朝鮮の防空網を避けて内陸奥深い地域まで密かに浸透して核とミサイルなど中核施設を精密打撃することができるステルス戦闘機だ。

最大速力マッハ1.8での戦闘行動半径が1093kmであるF-35Aは空対空ミサイルと合同直撃弾(JDAM)、小口径精密誘導爆弾(SDB)などで武装した。

防衛事業庁は「F-35Aは、最高の戦闘準備態勢に発揮と維持コストの最小化のためにパフォーマンスベース軍需支援(PBL)の概念を適用した」とし「ここに作戦?軍需?教育訓練などを統合管理する自律軍需情報システム( ALIS)が使用されて稼働率の向上が期待される」と述べた。

F-35A 1号機を含めて、今年生産される6機のF-35Aは、円滑な運営のために、米国現地に派遣されている韓国軍のパイロットと整備士の教育訓練に動員される。

来年前半から順次、国内に導入され、来る2021年までにすべての4機のF-35が空軍基地に作戦配置される。

ついに一機目
でも、この戦闘機どうやって維持するんでしょうね。
確か、アメリカはこのF35は限られた国以外での整備は認められていません。
もちろん、韓国は認められていません。
理由を上げれば、まず信用できない国であること、以前にブラックボックスを開けようとしてアメリカにばれて散々な目にあったり、情報がなぜか中国にリークしたりとこんな所に最新の軍事機密なんて任せられません。
それに、F15や16などの軍用機はいずれもそれぞれの戦闘機から使える部品を外し使いまわすという韓国独自の整備環境。
公には稼働率が80%超えてたんじゃないかな?
でも、同時にという条件を付け加えるとおそらく使える飛行機は1/3以下位でしょう。

多分、このF35も整備のたびにもめごとが起きる気がします。
特に整備を行う国。日本は嫌だと言ってるようなので、アメリカに戻して整備になるんでしょうか?
ま!結局すぐにほとんどが使えなくなると思いますけどね。



wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...