森友文書書き換え疑惑を考えてみました。

森友文書書き換え疑惑で国会が空転しています。
私個人からいわせてもらえば「こんなことやってる場合じゃない」なんですけどね。
この騒ぎを少し考えてみました。



安倍晋三小学校騒ぎ

これは政府が開示した設置趣意書の黒塗りしてある部分を2017年5/9に大阪朝日放送が「この部分は安倍晋三記念小学校の可能性がある」ということで放送したことから始まります。
これを元に野党、左翼メディアは総攻撃を開始しました。
その後、自民党は11/25にこれを黒塗り部分を消し全てを開示しました。
結果、その部分は開成小学校・・明らかな誤報です。
が、この誤報に対する朝日の謝罪は一切なし。
でも、騒ぎが始まってから開示するまで半年もかかってるんですよね。

森友文書書き換え疑惑

今、騒ぎになってるのがこれですね。
これは2018年3/2に報じた朝日新聞の記事から始まります。
記事には書き替えたと思われる部分が色々書かれています。
又、朝日新聞は内容を確認した。との記述があります。
ネットを調べると以下のような書面がみつかりました。
実際にこれをいってるのかどうかは私にはわかりませんが、どうしても納得ができない部分があります。
それはどうして朝日新聞は現物をもって言及しないのでしょうか?

野党の追及もおかしい

野党はこれを元に与党へ食い下がり国会を空転させています。
コピーを手渡され、文章に書き換えが見つからないのを見るとこういいだします。
「見たいのはこれではなく、元の文章だ」と
おかしいですよね、多分これがもとの文面のコピーであるはず。
最初から朝日新聞のいう、別の文書が存在することが前提で話をしています。
これでは話になりません。
もし、それが必要とするのであれば朝日新聞に要求するべきではないのですか?
 

自民党の対応も??

確かに原本は捜査の為提出し、手元にはありません。
ですが、それを盾に一切応じない姿勢にも問題があります。
左翼は揚げ足を取りたいばかりですから、出してこないのをみると「なにかあるから出せないのでは」と考えます。
そうすると、予算審議どころではなくなり必死に国会を空転させます。
 

3/7 キーパーソンが自殺?

これは一部のメディアが書いてあるだけで何も確証はないんです。
因みに赤木俊夫・上席国有財産管理官という人だという噂があります。
経験上、こちらの方は正しいのかもしれません。
もちろん、かかわりがあったかどうかも不明
憶測や都合のいいデマを流すのが左翼の常とう手段
簡単に信用しないほうがいいと考えています。
 

財務省理財局長の佐川国税庁長官が辞任

とかげの尻尾きりの様な報道がされています。
もし、圧力でこうなったのであればこれは完全に悪手
余計に疑われるだけです。
たぶん、しんどくなったんじゃないかなぁ。
余計に疑われることなど、容易に予想が付きます。
それをわざわざやるとはちょっと考えられません。

さて

このあとどう進むのでしょうね。
ひとつ気になってるのが設置趣意書
これ、半年近く左翼や野党に好き放題言わしてるんですよね。
今、手元にない原本もいずれ近いうちに返却されてきます。
と言いますか、その気になればすぐにでも手に入るんじゃないかな?
それをしないのはやましいところがあるから?
どうなんでしょう?いずれ原本は開示されちゃうんです。
よくわかりません、政治家の考え方は

不自然さしか感じない左翼メディア

全体的に感じるのは朝日、毎日といった左翼メディアの必死さ
でも、これを突破口になんて多分無理
どう考えても安倍さんにはつながりません。
むしろ、怪しさを感じるのは朝日新聞の方
問題を提起したのであれば、確固たる物証を出す必要があるのは朝日新聞の方
なのに何故か朝日新聞は「国民の関心事である書き換えの有無について、先に発表する予定はないか」と質問
そりゃおこるでしょ。朝日がそれを持っているはずなのだから、平気で他人事みたいに質問してはいけません。
その後、悪代官麻生は怒りだしていますけどね。
取りあえず続報をまちましょう。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...