北朝鮮、ミサイル発射準備か?    韓国(翻訳)ニュース

核廃棄といいつついまいち明確な北朝鮮。
過去何度も核廃棄といって時間を稼ぎ、開発を続けてきた背景から多くのひとは疑いの視線をもちつつ様子をうかがっています。

中央日報の記事です。

北朝鮮、また長距離ロケット発射か? 衛星管制所増築工事中

北朝鮮が平壌郊外の衛星管制総合指揮所(衛星管制所)の近くに新しい建物を建設していることが分かった。

24日、米国の北朝鮮専門メディアNKニュースによると、最近、北朝鮮の衛星管制所周辺で少なくとも2つの建物が工事中とみられると掲載。昨年4月23日の衛星写真では見えなかった建物が今年16日衛星写真には、建物が確認できる。これは昨年5月から工事を行った証拠であるとNKニュースは分析した。

平壌普通江流域の衛星管制所は、北朝鮮の国家宇宙開発局所属だ。2015年4月にキム・ジョンウン労働党書記がここを訪問し、同年9月に米国の放送CNNを介して外部に公開された。北朝鮮官営メディアが「リアルタイムで衛星の打ち上げを見ることができる」と自慢した施設である。

NKニュースは、北朝鮮がこの建物を建てる理由として、衛星打ち上げプログラムを継続しようとする意図と関連があると説明した。別の北朝鮮専門メディアである38ノースのカーティス・メルビン研究員は「写真の建物が何かについては、明確に話すことはできないものの衛星管制所を拡張するものと見られる」と述べた。メルビン研究員は「この建物は、地下施設の上にあり、博物館や従業員のための文化空間と考えることもできる」と付け加えた。

北朝鮮専門メディアである「ノースコリアテック」を運営するマーティン・ウィリアムズは、「もしこれが衛星管制所の一部であれば、追加の衛星打ち上げを控え施設を拡大したものであり北朝鮮が宇宙計画に真剣であることを示している」と述べた。

北朝鮮の長距離ロケット発射は国連安保理決議違反

北朝鮮が今年衛星打ち上げを計画した状況は、続々と明らかになっている。昨年11月にロシアの科学者たちが北朝鮮との交流イベントで北側の人たちから「2018年の2つの衛星を打ち上げる計画」という話を聞いたという。日本の朝日新聞は、金正恩が北朝鮮政権樹立70周年である今年9月9日に合わせて、衛星を打ち上げよう指示したと報じた。金正恩が昨年12月に長距離ロケット工場である山陰洞兵器研究所を密かに訪問したという情報もある。グォンヨンス前国防大教授は「金正恩は核武力完成を宣言した、その為、北朝鮮は新たに大陸間弾道ミサイル(ICBM)を生産する必要がありません。長距離ロケットは完全に衛星打上げ用と考えている」と述べた。

確かに画像をみると何らかの建物がみられます。
ただ、これは廃棄発言以前から行われていた工事であり、これが必ずしもミサイルへつながるものとはいいきれません。

が!核完成宣言を始めそれらを証明する手段は何一つありません。
それに国連の逆らってこういった設備を整えるのはやはり「なにかある?」と考えてしまいます。
原発からの煙といった記事も過去にはでてきており以前どうなるか不透明です。
次の南北対話でどういった宣言がとびだすか。
注目です。

 

 

 

 

 

上が去年、下が今年、確かに変わってますね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...