事故を起こして逃走する運転者多発 韓国ニュース





先日、タクシーの暴走運転による死亡事故の韓国ニュースをお伝えしましたが、又、日本ではめったに見られない交通事故関連の記事を見つけました。

中央日報の記事です。


飲酒運転摘発回避?事故を起こし車を捨てて逃げる運転者続発

事故を起こしたあと、車を捨てて逃げる事例が相次いでいる。

17日午前3時頃、清州市興徳区誤送町の道路で乗用車が街路樹に激突。この事故で街路樹が道路に倒れて、この一帯の道が約1時間ほど通行止めになった。通りすがりの市民の通報を受け、警察が出動したが、乗用車の運転者は、すでに逃走した後だった。
事故を起こした運転者は、3日後、警察署に逮捕されたが、飲酒運転の疑いがあったがこれを証明することは事実上不可能だった。運転A(31)は「事故を収拾しようと現場を離れただけ」と供述した。

19日、忠清北道では、道路が3m以下の溝に乗用車に落下し火災が発生、警察が到着した時にはすでに運転手が逃走した後だった。警察は、持ち主の住所を見つけ、家族などを対象に聞き込みしたが、二日間連絡がとれなかった。3日後、警察署に逮捕され取り調べを受けた持ち主C(61)は、「居眠り運転で事故を起こした、友達の家で寝泊まりをしていた」と供述。
Cは、過去に飲酒運転による罰則で免許が取り消された状態だったことが分かった。

20日午前5時頃、トンネル近くの道路でレンタカーが先にいた5人乗りのバスとバンに玉突き追突をした。
警察が到着したとき既に乗用車には誰もいない状態であった。警察は事故地点から約800m離れたところでの事故、乗用車運転手B(20)を逮捕。取り調べの結果Bは、無免許運転であることが判明した。

イ・スジョン京畿大犯罪心理学の教授は、聯合ニュースとのインタビューで、「事故が出たら保険会社や119を呼ぶのが常識」とし「現場を去ることは無免許や飲酒運転を隠ぺいにする意図があると見なければならない」と分析した。

交通事故を起こして逃げた場合、道路交通法上、車の措置違反(5年以下の懲役、または1500万ウォン以下の罰金)の疑いで処罰が可能である。しかし、この容疑を適用するためには、事故原因が交通上の危険や障害があったかどうかを調べる必要があり、たとえ、事故が使用者の責任と確定しても、事故後未措置の疑いを適用するには、綿密に考えなければならないというのが警察の立場である。

道路上の車両が放置されることで2次事故が発生する危険性が大きい「事故後未措置」による処罰が弱いとの指摘も出ている。現実的に事故後未措置として処罰される場合、罰金200万~500万ウォンにとどまる場合が多い。

酒を飲んで、交通事故を起こした後、逃げた容疑などで起訴されたイチャンミョン(48)にも罰金500万ウォンが確定したことがある。ただし飲酒運転の疑いについては、最高裁で無罪が確定した。

警察関係者は「事故後未措置の運転手に飲酒運転や無免許運転よりも強い罰則をすれば逃げていく人が減る」そういった理由で「厳しい法の適用と処罰の強化が必要である」と述べた。

キム・ヨンシクソウォンデ警察行政学科教授は、聯合ニュースに「交通事故を起こして脱出することは明白な犯罪」とし「迅速な検挙のため交通事故発生時の対応の強化、携帯電話の位置追跡を可能にするといったを対策を早急に進める必要がある」と話した

事故を起こせば相手の有無にかかわらず警察に連絡するのが常識です。
これをしっかりやっておかないと、後々面倒がおこりますし、車の保険も使えなくなる場合もあります。
それに逃げたところで個人を特定する証拠は大量に社内に残っているので、無駄どころか事態をさらに悪化させてしまいます。

この記事をみるとどうやら韓国ではそうではないようです。
無免許運転はどうにもなりませんが、飲酒での事故の場合逃げることで飲酒をごまかすことが出来るようです。
車をぶつけただけなら、飲酒さえ誤魔化してしまえば、刑罰としては軽くなってしまうみたいです。

それにそもそも、この国独特の感情のひとつとして「都合がわるい話は無視する」があり、これも同じ事故でも都合の悪い部分をごまかそうとする意志によるものなのでしょう。
方法のひとつとして厳罰化がありますが、根本的にはこうした感情がある限りそれほど効果がないような気がします。

参照:エアバックがなかったから? 韓国で死亡事故

にしてもよく燃えますね



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...