日本人女性暴行の犯人捕まる「あの画像は偽造だ!」と韓国人

昨日、ソウルであった日本人女性暴行事件の犯人が見つかったようです。

ナンパを無視された韓国人、火病って日本人女性にいきなり暴行  韓国「事実確認から」
国内メディアでも報道され始めました。
韓国で邦人女性が暴力被害 ネットで拡散、警察捜査

その続報です。

中央日報の記事です。

日本人女性暴行は偽造?韓国人男性 「あれは殴られたように見せかけた写真」

ソウル麻浦区弘大近くで日本人女性を脅して暴行した疑いで警察の調査を受けた30代の韓国人男性が「暴行はしていない。写真は、操作されたもの」と主張した。

ソウル麻浦警察署は24日午後、日本人女性暴行をはたらいたAを呼んで事情聴取を行った。
Aは、午後3時30分頃、調査を終えて警察署を出て「暴行を認めるか」という取材陣の質問に対し「暴行はしていない」と述べた。
また、「写真が撮られているが、被害者に言いたいことがないか」という質問には、「写真は、操作されたものであり、暴行の事実はない」と改めて犯行を否定した。

Aは、この日、警察の調査前YTNとのインタビューでも、「日本の女性たちともめたことは事実だが、すぐに和解したのに悪質な事件になってくやしい」という立場を明らかにした。
彼はメディアとのインタビューで、「最近も韓日葛藤とは無関係である。物議をかもしてだして申し訳ない」と事件当時の状況を説明した。

YTNによると、日本語に関心があったAは、去る23日午前5時頃、帰宅途中、偶然通りかかった日本人女性6人に日本語で声をかけたが無視をされた。

Aは、「最初から(日本人女性は)私をからかうように後ろから(カメラで)撮影をしていた。私に「鏡を見て!とその日本人女性も最初に私に罵声を浴びせた。日本語でもいわれた」と述べた。
続いてルックスを卑下する言葉についかっとなって、女性の髪の毛をひっばったのは事実だと後悔した。

Aは、「(日本人女性が撮影した)動画には殴っている部分はなかった。その女性は(映像を)編集して、写真に(キャプチャして)まるで私が殴ったように(SNSに)上げた」と悔しさを吐露した。

Aさんによると、騒ぎが大きくなり日本人女性が知人の男性を呼び、彼らが見守る中、日本人女性に日本語で謝罪して和解してもらったと述べた。
彼は「(日本人女性の知人である)男性が仲裁させた。女性も悪口を言っていたので謝罪し、私も謝罪し「ごめん」と言った」と日本人女性がけがをしたところがあるのかが気になっていたが、悪質な事件になって悔しいと重ねた。

それと共に、今回の事件は、日韓の対立とは全く関係がなく、むしろ騒ぎを起こし申し訳ないという立場を伝えた。
警察の調査前のインタビューに応じたAは、警察の調査で、正確な事実関係を知らせた、必要に応じ被害女性にあって謝罪するという意思を明らかにしたとYTNは伝えた。

 

とまあ予想通りの展開
韓国人の話を要約すると

 

日本語に興味のあったAはたまたま通りすがった日本人女性に声をかけた
何度も声をかけたが無視、挙句に女性から罵声を浴びせられた。
その罵声に対しかっとなってしまったAは女性の髪を後ろから引っ張り倒した。
騒ぎが大きくなり、女性が知人男性を呼んでその場を抑えた。

だから、私は殴ったりはしていない。
その証拠に殴った場面はなかった。
あの画像はいかにも殴られたように編集、加工したものだ。
犯罪者扱いをうけてくやしい。

 

見知らぬ女性の髪を引っ張った時点で暴行ではありませんかねぇ。
仲裁役の男性って誰なんでしょ?
至る所に不自然さが残ります。

でも、犯人の言い分が通るんでしょうねぇ。
だって韓国ですから。。。

韓国に行くのが悪いんです。
反省してください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...