驚き!韓国GSOMIAを破棄   日本政府、韓国大使に(とりあえず)抗議

まさかまさかのGSOMIAを破棄
ただでさえ、アメリカの信頼を裏切り続けた文在寅。
そんな状態でGSOMIAを破棄をカードに日本へ対抗。
韓国としては破棄することでアメリカの仲裁を期待し且つ自分の味方に付いてくれると思っていたのでしょうか?

中央日報の記事です。

GSOMIA終了に衝撃を受けた日、​​夜中韓国大使招致

韓国政府が22日、GSOMIA破棄を決定すると、日本が夜遅くナムグァンピョ駐日韓国大使を招致した。
真夜中の代謝を招致したのは異例だ。日本政府が韓国のGSOMIA破棄決定に大きな衝撃を受けたという意味で解釈される。

河野太郎(河野太郎)日本の外相はこの日の夜9時30分頃のFMでナム大使を呼んで、韓国政府の今回の決定に抗議の立場を伝えた。

すでに日本はこの日午後6時20分ごろ、大統領府が、国家安全保障会議(NSC)常任委員会でGSOMIA終了を発表すると「極めて残念」という不快感を示した。

これまで日本政府の内部とマスコミでは、GSOMIA破棄まではしないという見方が優勢だった。
予想と異なる決定で安倍首相はこの日の6時30分ごろ、首相官邸仕事帰りに会った記者の質問には答えなかった。
また、日本防衛省の関係者はNHKに「信じられない。韓国は一体どちらに向かっていくのか。政府としては、今後の対応を検討していく」と述べた。

日本のマスコミも韓国政府のGSOMIA破棄ニュースを速報で伝え、生放送でソウル特派員から現場の雰囲気を伝えた。
日本のメディアは、韓国がGSOMIA破棄を決めたことで驚きを示した。

 

駐日大使呼び出しは「お前、正気か?」という日本側の恩情のような気がします。

韓国メディアは衝撃を受けたとか書いてますけど、日本にとっては衝撃というよりビックリしたという表現の方がただしいのかも知れません。
破棄されたところで日本には大した影響はありません。
ですから、この決定に対して日本は「残念」の一言以上の発言は出てきていません。
もし、本当に影響があるのなら安倍首相いかあれこれ対応に追われるハズですが、そういった雰囲気は感じ取れません。

破棄することの最大の問題はアメリカを敵に回しかねないということ。
なんせ、これまで再三再四、破棄するなといわれ続けてきたのですから、アメリカだって座視はしないでしょう。
まあ、表立ってなにかを仕掛けるといった事はないとは私も思いますけどね。

韓国側は今回の決定は日本が優遇を解除したことが問題として必死に駄々をこねるつもりでしょう。
そして、「アメリカは日本を叱ってくれるはずだ」と思っているのでしょう。

ですが、アメリカは日本の立場に同調したという報道がちらほら見られます。
慌てて韓国政府が「そんな事実はなかった」と必死に否定する報道もありました。
普通に考えればそんな否定は韓国がやるのではなくアメリカ自身がやるはず。
その後、アメリカから事実関係に関する発表がみられないことから考えればアメリカが日本に同調したというのは事実なのでしょう。

こういった背景を考えれば、GSOMIAの破棄はアメリカを怒らせるだけで終わる可能性が高いこと位は分かりそうなもの。

ですが、ムン大統領はそんなもの理解しません。
常に自分が正しいと考えていますから、GSOMIAの破棄は日本のせいであるという言い分をアメリカが信用すると考えているのです。

今のところアメリカ政府からの発表は見られません。
日本政府の反応はほとんど皆無であるところから考えるとこの後、アメリカ政府も大した反応は示さないような気がします。

私には再びムン大統領はパンドラの箱を開いてしまったように感じます。
今度、開いた箱はアメリカに対してのもの。
ただでは済まない気がするんですけどね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...