やはり、アメリカに仲裁の意思なし    【ホワイト国 除外】

やはり、フェイクニュースだったようです。

米、日報復への遺憾なく両国を非論、「韓日政治決定反省から」

米国国務省は2日(現地時間)、「韓日は両国の信頼を毀損政治決定に対して自己省察からしろ」と発言した。
日本が韓国を白色国(white list)から除外する2次報復を強行したことに対して直接遺憾表現せず、両国で同時に責任と反省を促した。
また「韓日関係の経済と安全保障の側面までの緊張が拡散しないように慎重さが要求される」とし韓国の報復には自制を促した。

米国務省報道官はこの日、日本政府が閣議を介して除外を決めたことに対する韓国の韓日軍事情報保護協定脱退などの対応措置へのトランプ政権の立場を問う質問にこう答えた。
国務省スポークスマンは「韓国と日本はお互いに両国関係を悪化しすることで結果として苦しむことになり、各自がこれを改善する責任も負うべきだ」と述べた。
また「最近数ヶ月間、両国の信頼を毀損し、政治的決定に対して一定部分の自己省察をすることが順序」と述べた。
更には「両国関係の経済と安全保障の側面に葛藤が拡散するのを防ぐための慎重にも要求される」とし韓国の対応措置自制を促した。

国務省スポークスマンはまた、「米国は韓国と日本が創造解決のためのスペースを模索することを勧告する」とし「米国はこの問題に引き続き関与するもので二同盟の対話を促進する準備ができている」とも発表した。
また「韓国と日本の友人であり、同盟として、米国は北朝鮮を含む共同の域内の課題に直面して、強力で緊密な3国の関係を確保することが非常に重要であると信じている」とし「韓・米・日3国が連帯と友情に協力するとき、我々はすべて、より強力になり、北東アジアはより安全になる」と付け加えた。

この日、国務省スポークスマンは、米国の追加報復措置を中止する「休戦」仲裁案にも日本が2次報復を強行したことについて批判や遺憾表明もなかった。
代わりに「最近数ヶ月間、両国の信頼を毀損政治決定」という表現で、日本の先月4日、半導体材料の輸出規制に続く2日のホワイト国除外だけでなく、韓国の日本に強制徴用賠償判決と日本企業の資産差し押さえ措置まで含めて韓国も責任があると両国非論をしたわけだ。

前日、米政府高官が記者たちと会って、「一部の韓国政府の措置は、政治的な効果を狙ったりも計算反日感情を刺激する行動に見られる」とした韓日葛藤の責任を韓国に向けたような発言とも似ている。

「米国は、仲裁しない… 65年の韓日協定仲裁条項おり “
マイクポンペイオ国務長官もこの日、日本閣議決定の後にタイ・バンコクで開かれた韓・米・日3カ国の外相会談で、日本の措置については言及しなかった。
代わりに、「韓国と日本は、地域の中核友邦としてトランプ政権の北朝鮮非核化の達成に重要な役割を果たしている」とし「両国が危機を克服することができるよう支援するために努力する」とだけ発言した。
会談後ガンギョンファ外相は記者団に「ポンペイオ長官が紛争解決のための役割をすると提案した」としたが、河野太郎外相は「彼は私たち自らで解決しなければならないと発言した」と内容が異なっている。

米国務省当局者は3カ国会談後、バンコク現地で行われた会見で、「ポンペイオ長官が日本の決定に失望しているか、どのような立場を明らかにしたか」という質問に、「プライベートな会話の内容を具体的に明らかにしない」との回答を拒否した。

それとともに「ホワイトハウスと米国政府がずっと言っているのは、韓日問題の解決策を探そうという話」と「両国が感情の問題があるため、事態が制御不能にならないように双方長期的な視点を持つということ」と述べた。

国務省スポークスマンは「米国は今回の紛争の調停はやらないという話か」は、追加の質問に対し「米国はこの問題の直接調整や仲裁には何の関心がない」とし「1965年韓日基本協定に仲裁と調整手順に関する条項がある」と述べた。

強制徴用賠償判決と関連韓日協定に基づいて、3カ国仲裁委を行うというのは日本の立場に同調する発言だ。
それとともに「米国の関与については、この問題に対し仲裁にはいるのは良い面がなく、肯定的な結果もないだろう」とし「これは韓国と日本の間の問題だ」と線を引いた。
「私たちは、これを迅速に克服しなければならず、より確実なアクションをしなくてはいけない」と述べた。

 

これはアメリカの報道官による発表です。
要約すると
・アメリカはこの問題に対して興味はない、当然仲裁する気もない。
・日本のホワイト国解除については肯定も否定もしない。
・韓国はこれまでやってきた対応を反省しろ
こんな感じでしょうか?

にしても、この内容はかなり重要な発表ですが日本のメディアはまともに取り上げようとしません。
米報道官担当者「創造的な解決策を」 ホワイト国除外で
米、日韓に自制要求 「信用毀損に反省を」

そのどれもが、内容が薄く肝心な部分がまったく書かれていません。
これは、報道しない自由でしょうか?
それともフェイクニュースを垂れ流したことによる反省でしょうか?

いずれにしても、やはり事前にアメリカと打ち合わせをしており今も情報交換を水面下で行っていることは確実のようです。

それでもアメリカの仲裁にたよって告げ口をつづけるんでしょうね。
あの国は・・・・・・・

Pocket

「やはり、アメリカに仲裁の意思なし    【ホワイト国 除外】」への1件の返信

  1. おそらく米国は韓国が余りにもギャーギャー言ってくるので、仕方なく顔を出したと言った所でしょうね。
    とは言っても、立場上どちらが悪いなど言えるはずもなく、「二国間で解決しろ!」としか言いようがなかったのではと思っております。
    ただ米国は解っていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...