光州世界水泳で下痢が大流行   まあ、韓国だし・・・・

やる気がないのなら何故誘致した?
韓国で行われている世界水泳でユニフォームに続いてまた問題が発生しているようです。

朝鮮日報の記事です。

光州世界水泳大会で「下痢」注意報発令… 相次ぐメダル有力選手たちの棄権

2019光州世界水泳選手権大会に参加した選手たちの間で下痢が拡散していると伝えられた。

25日の水泳連盟によると、国際水泳連盟(FINA)は、去る23日から選手たちが行き来する通路に注意を促すメッセージが込められた公文書が張り付いている。

公文書には、「過去3日間の選手たちの中で下痢の症状を示すいくつかの事例が報告された」とし「すべてのチームは、衛生には特に気にして、病気の予防のために努力してほしい」と書かれている。

FINAはまた、公文書で「定期的に手を洗う他にボトルに入れられた飲料水を飲むように」更に「もし健康に異常があるときは、直ちに知らせてくれ」と発表した。

公文書が置かれた23日はメダルを狙っていた二人の選手が体に異常があるという理由で試合を放棄した日でもある。

21日自由形400mで銀メダルを取ったアメリカ「水泳女帝」ケイティ・レデッキーはその後23日納品自由形1500m決勝と200m予選を棄権した。
特に1500m予選で圧倒的な成績を見せ、金メダルが有力だった彼女は「健康」を理由に出場を断念した。

2017年にハンガリーのブダペスト大会銀メダリストであるエママッキーアン(オーストラリア)も体調を理由に自由形200m試合を棄権した。

米国の水泳専門誌スイムスウェーは「現在光州大会に出場した多くの選手が同じような病気の症状(下痢)を訴えているという報告がいくつかあった」とし「ドルデキとマッキー病気を理由に、今回の大会で棄権した」と説明した。

 

まあ、韓国ですもん。
下痢位しますよ。
そもそも、韓国で国際大会を開いたことが大きな間違い。
衛生管理のずさんさは感染症を拡大させてしまう事からも容易に予想ができます。

もちろん、世界水泳を韓国で開催することを決定した国際水泳連盟にも問題があります。
韓国で水泳競技は人気がありません。
なんせ、学校にはプールがありませんから、基本的に韓国人は泳げません。
泳げる人口が僅かですから強い選手も生まれません。
強い選手がいませんから韓国人は水泳競技に興味はありません。

そんな国が何故誘致したかと言えば、間違いなく日本への対抗意識のみ。
誘致する為ならどんな嘘だってつきます。

背中にKOREAの文字がない、韓国チーム、ユニフォームを支給できないという珍事 光州FINA世界水泳選手権

その代わり誘致に成功してしまえば、あとはいい加減な物。
まともな環境を用意する気などさらさらありません。
見た目だけまとも、中身はずさんそのものの大会を平然と作り上げます。

国際水泳連盟はこうした韓国の実態を知らなかったのでしょうか?
恐らくは「知っていたけど、金を掴まされて」という事ではないでしょうか?

いい加減世界はこれに気が付くべきです。
韓国が世界大会を誘致するのはタダの見栄。
誘致後はまともに運営する気はないということを。。。。。。

Pocket

「光州世界水泳で下痢が大流行   まあ、韓国だし・・・・」への3件の返信

  1. なんか以前にも似たような話があったような…
    あのときは食中毒だったかな。(記憶が曖昧。)
    選手の健康管理以前に、衛生管理がいい加減ではねぇー。

    しかしコノ国何でも管理はいい加減ですね。

  2. 韓国って飲料用の上水道に、何十年も糞尿が垂れ流しになっていたって聞いたことあります。。。公共施設からしてそのレベル。。。
    お腹壊すだけで済むならマシかも。

  3. ナントカ冬オリンピックの時に、ノロウィルスが大流行して、500, 600人が緊急入院したことがありましたね。
    日本政府は、たとえ邦人選手に犠牲者がおらずとも、国際基準に満たない衛生管理の国で、国際会議や国際競技会を開催することを糾弾すべきです。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...