自分がやればロマンス、他人がやれば不倫     【韓国警告射撃】

韓国軍がロシア軍に対して行った警告射撃。
韓国は領空侵犯をしたと言い張りロシアはしていないと反発。
真偽はともかく、いきなりぶっ放す韓国軍に援軍はないでしょうね。

一夜明けた今日。
私からみればちょっとなあと感じる記事をみつけました
朝鮮日報の記事です。

居直りロシア、侵犯を認めず「韓国が脅威飛行を繰り返すのなら対応措置」

24日午後、ロシアが自国の軍用機の領空侵犯と関連韓国政府に対し公式専門内容を公開した。

これによると、ロシアは領空侵犯の事実を否定しながら「(韓国空軍機が)安全を脅かす危険な飛行をした」とした。
そして「韓国空軍側の同様の飛行が繰り返すのなら、対応措置をとる」と発表した。

これに対し韓国政府は、ロシアの軍用機の領空侵犯の事実を立証する資料のリストをロシア側に開示する方針と発表された。
大統領府は、「ロシアは領空を侵犯したことを認め再発防止を徹底するように」と言った。
ユンドハン青瓦台国民疎通首席はこの日の午後、記者会見で、ロシアが韓国政府に送った関連専門の内容を紹介し、このように明らかにした。

ユンシニアによると、ロシアは韓国側に送った専門家から「2019年7月23日、ロシアの航空宇宙軍所属の2台の戦略爆撃機と早期警報統制機は計画された飛行を行った」「しかし、韓国のF-16 二機は空軍に近接し、ロシアの航路を妨害し、安全を脅かす危険な飛行をした」と主張した。
ロシアは引き続き「韓国のパイロットは、ロシアのパイロットとの交信をせず、警告をすることもなかった」と「F-16戦闘機はフレア2発を発射した後、自国領海方向に離れていった」と述べた。

ロシアはまた、「客観的な領空監視データによると、ロシア空軍機は韓国領空を侵犯することなく、独島から25km以上離れた上空で計画された航路を逸脱することなく飛行した」とし「今回の訓練の過程で、ロシア空軍は厳密に国際法の規定に応じて飛行した」と重ねて主張した。

ユンシニアはこれと関連し、「パイロットが交信した音声の内容を確保しており、フレア発射写真も持っている。レーダー映像も確保している」とし「警告射撃統制音声も、私たちが確保しているが、この音声は、(対峙状況で)「何をしたい」、「何を終えた」という内容が録音された」とした。続いて「(韓国軍は)非常周波数交信を試みた。この交信は、「(領空で)出て行け」(という内容)」と「当方の声があり、そこのロシアの応答はない。(これは)私たちが確保した資料」とした。

ユン首席は「「領空を侵犯したことを証明する。だから再発防止を約束することが私たちの要求事項」と述べた

 

今回の件でロシアはこう言ってるのです。
領空侵犯は事実無根、むしろ韓国軍が進路を妨害する威嚇を行ったと・・・

なんか、似てません?
ロシアを韓国に韓国を日本に。。
そうレーダー照射問題そっくり。

たしか韓国は日本側の問題提起に対し「日本が威嚇飛行を行った」と必死に反論してましたよね。
無論、世界はそんな韓国の反論は居直りという事など理解している筈。

それ故、ロシアはたとえ問題があったといえ認めるつもりはさらさらありません。
なんせ、相手は韓国。
誤ってしまえばおしまい。
徹底的に嘘を並べておけば、問題はありません。

そして、当然のようにロシアはやるでしょうね。
対抗措置を・・

なにをやるのか楽しみです。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...