日本「聞く耳持たねー」日韓協議???     半導体素材輸出 優遇解除

どうせやるなら、イスなど用意せずゴザに正座させた方が・・

朝鮮日報の記事です

輸出規制の最初の両国協議… 日本、意図的な冷遇

日本の半導体・ディスプレイ材料の輸出規制の後、韓国と日本政府の実務担当者が最初に会った席で、韓国が屈辱的な扱いを受けた。

韓日両国の実務者級会議は12日午後、東京の経済産業省で開かれた。
この日、経済産業省が配布した報道写真を見ると、実務会議場には、日本政府の意図的な「冷遇」を受けたことがはっきりわかる。
会議場にはホワイトボード1つ、そしてテーブル2台と椅子だけが準備された。

会議の参加者の名札もなく会議室の隅には、使用していない椅子が放置されており、部屋には電線がはみ出ている部分がある。
ホワイトボードに「輸出管理に関する事務説明会」という日本語を印刷した紙がついてなければ、それが会議の場所であるとはわからないほどだ。

会場には、経済産業省の岩松潤貿易管理課長と猪狩克郞安全保障貿易管理課長がず到着した後、ジョンチャンス産業通商資源部貿易安全保障課長とハンチョルフイ産業省北東アジア通商課長が入場したが、握手を勧めずそのまま席に座り、正面を凝視した。
日本の輸出規制の後、両国の当局者が最初に出会う事で韓国の業界と国民の関心が集まっ抵抗ことを考慮すると、実質的に、韓国が冷遇を受けたわけだ。

両国会議参加者の服装の違いも克明である。
日本側の出席者は、ノータイに明るい色の半袖シャツやロングシャツを折る上げ着一番上のボタンは、解放していた。
一方、私たちの側の会議参加者はシャツにネクタイ、スーツまで着用した。

日本政府は、今回の両者の協議を徹底的に「事務的説明会」で表現している。
菅義偉官房長官は「あくまでも事実確認を目的としたものであり、韓国側と協議をするわけではない」と述べている。

これに対して韓国政府は「日本は実務的な説明会の性格の会議という立場を主張したが、私たちの立場を説明したことで、協議に値する」という立場を出した。

 

なんなんでしょうね?
日本側は恐らく今回の措置に至る経緯を説明しただけでしょう。
当然、韓国は必死になって非難をつづけひたすら「撤回するニダ」と主張し続けたんでしょう。
まあ、これは当初から予測されていたこと。
韓国側の譲歩などありえませんからね。
ですが、今回の韓国に対する対応は素晴らしい。

そう、あくまでも「韓国は属国」という態度で対応をするのが正解
彼らに平等の概念はありません。
常に上下関係のみを重視しますから、下手に平等に扱う事は彼らを助長させる悪手に他なりません。
ですから、冒頭に書いたように「どうせならゴザに座らせ正座」させればよかったのです。
さて、予想通り彼らはアメリカに必死になった助けを求めています。
普通に考えれば助ける訳がないんですけどね。

根本的に韓国が持つ勘違い理論

彼らの対応をみて常々感じることは常に上から目線。
先日のG20前にも「賠償金を払えば協議を考えてもいい」というふざけた提案をしたうえに「対話の窓は開かれている」なんてことを言っていました。
そもそもの問題は国家間の約束を反故にした韓国の判決にある訳ですが、彼らはそうは考えません。
過去の約束は間違いであり、これを正すことは正義と思っており、それを韓国の誇らしい文化であると思っているのです。

でも、相手からすれば「どこが間違ってる?」「単に都合の悪い約束を反故にしている」程度にしか感じません。
ですが、彼らは信じます。
それが正義であると・・・・・

でも、それは外から見れば自己中。
都合の悪い部分を消し去り、自分の都合のいいものだけにすり替えようとする行為に過ぎないのですから。

論理なき韓国の抵抗

今回の措置日本側はこう言っているのです。
「韓国は怪しい、だから友好国に対して行っていた優遇を解除する」と
それに対して韓国は必死に輸出制限、徴用工判決への報復と勝手に騒ぎだしています。
まあ、タイミングから言って報復の一環であることは確かでしょうけど、表向きは信用できない国だから優遇するわけにはいかないと言い続けるでしょう。
無論、日本側もそれなりの証拠を握っていることでしょう。
ですけど、韓国がそれを知らない訳がないんですけどねぇ。

そういえば、アメリカに必死に告げ口をはじめましたよね。
ですけど、相手にされないことなど分かり切ったこと。
なんせ、韓国は北朝鮮の制裁解除をそこらかしこで訴え続けさらにはセドリをやり続けています。
そして、ファーウェイ、せどり監視をしない、南シナへの協力をしない等、中国にビビッてアメリカに逆らい続けています。
この辺りを考えればアメリカに告げ口をしても無意味なんてことは分かっているように思えますが、彼らはちょっと異なります。

アメリカはベトナム戦争を一緒に戦った血盟である。
それに対し日本はアメリカと戦った敵国であり結果敗戦国。
韓国はアメリカと共に戦い日本から独立を勝ち取った戦勝国。
故にアメリカは日本より韓国を重要視するはずだ。

それにそもそも日本は敗戦国であり韓国より地位は下である。
そんな日本が韓国に歯向かう事などあってはいけない。
と・・・・

だからこそ彼らにとって血盟であるアメリカに次々と告げ口をしつづけているんです。
「きっと、いつものように日本を叱りつけて韓国を助けてくれるはず」だと
まあ、アメリカは当然のごとく無視のするようですけどね。

いずれにせよ格下であるはずの日本の制裁。
これだけでパニックをおこし感情的に騒いでいるのが今の韓国政府。
理論なんてものは存在しません。
下の物が上の物に制裁するなんてことは有りえない。
ただ、それだけの事でしょう。

そこへ今回の冷遇。
結構、ショックを受けたんじゃないですかね?
韓国人は・・・

騒げば騒ぐほど苦しくなる韓国

このブログでも書きましたが今回の措置で受ける影響は当面大したことはないでしょう。
ですが、騒げば騒ぐほど企業側は不安を増幅させます。
「一歩間違えば供給できなくなるんじゃないか?」と
そういった不安要素に対しては企業はとても素早いものです。

当然、目先の供給は韓国側に問い合わせたことでしょう。
ですが、そんな不安な企業にいつまでも供給を任せるでしょうか?
日本が後少し押し込んでしまえば崩壊しそうな韓国半導体。
そんな危険な企業に供給を任せるとはちょっと思えません。
恐らく水面下では「脱、韓国」を念頭にいれた行動をしているんじゃないでしょうか?

日本企業への影響

無論、これはあるでしょう。
長期的になればなるほど顕著になっていくことでしょう。
ですが、この影響の全てが日本にとってマイナスかといえばそうとは限らない。
なんせ、半導体の最大手が生産に支障がでてるんです。
当然、その部分のシェアを狙う企業が現れます。

サムスンのもつ半導体技術などは割に早期に追いつくことができると私は考えています。
それは韓国が素材技術を確立させるより遥かに早い期間で。

ですから、短期的にはマイナスでも長期的にみれば日本にとってはプラス。
え?
素材企業?

何言ってるんですか?
韓国で消費されなくても代替の生産メーカーが消費をします。
結局は素材メーカーにとっての影響は皆無となっていくことでしょう。

今後の展開予想

必死になって告げ口外交を続ける韓国。
WTO提訴の話題も徐々に減りつつあります。
まあ、提訴そのものが困難であることは分かり始めたのでしょう。

多分、そのうち文在寅が告げ口の為に訪米をするんじゃないですかね?
無論、信頼を失った文在寅など相手にもされないでしょう。
そして、いったんは再び日本非難をはじめるでしょう。
ですが、それも長くは続きません。
今のままだと一年持たないでしょうね。

彼にとってやれる最善策は大幅な譲歩。
これしかないんですけど、無理でしようね。
これをやれば、韓国に巣食う政治団体というマフィアが黙っていないでしょうから。

日本政府は周りの脱韓国の状況を見ながら締め上げていけば、韓国はいずれ堕ちます。
どういった形になるかは分かりませんけどね。

まとめ

いまだにこれを日韓経済戦争とか報復合戦になるとか言っている人がいますけど、これは戦争ではありません。
ただひたすら日本が攻撃をするだけです。
何故なら以前からこのブログに書いていますが、韓国に報復する手段なんてものはほとんど存在しないんです。

不買運動?
あんなものは効果があっても極めて短期間。
時期に収まります。
無視すればいいんです。
ひと月もてばいいほうでしょう。

私のいまの楽しみはそのうちやるであろう文在寅の訪米。
その時のトランプ大統領の対応。
すごく楽しみにしています。

 

Pocket

「日本「聞く耳持たねー」日韓協議???     半導体素材輸出 優遇解除」への2件の返信

  1. 冒頭の写真が、会社の社員面談風なのが笑えますが、単なる事務的説明に大げさな場所など用意できないんでしょうね、きっと。
    さて、前回も書いたのですが別に日本は「売らない。」とは言っていないわけでして、それを勘違いして経済制裁と勝手に騒いでいるのが韓国。
    WTOに提訴するとか言ってますが、提訴したところで韓国が勝てるとは思えないのですが。
    それに、米国のボルトン氏に告げ口もしたらしいですが、この件で米国が動く事はまずないと私も思っておりますし、(米国も)解っているでしょう。

    韓国は日本に制裁するとか威勢のいいことを言っていますが、本当にこれをやっても日本はほとんど困らないのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...