安倍が圧力をかけてNHKの番組をつぶしたニダ  【従軍慰安婦問題】

あ~これね。
何を今更・・

中央日報の記事です

「安倍、NHKに圧力…慰安婦番組放送防いだ」

安倍晋三首相が2001年官房副長官を務めた当時、NHKの慰安婦関連プログラムの放映を防いだという主張が提起された。

7日産経新聞によると、NHKプロデューサーとして働いていた永田浩三武蔵大教授は3日、東京で開かれた護憲集会で「安倍首相が副長官だったときにNHK幹部に圧力をかけて(慰安婦関連)番組が放送直前に変わってしまった」と述べた。

永田教授は「それ(安倍)は、それなりの権力者であった。放送前に番組を変えることは、憲法第21条に書かれたメディアの自由と検閲の禁止に違反する行為」とし「このことが世界にさらされるていれば、今の総理大臣は存在していなかっただろう」と批判した。

彼はこのような事実が、2005年に朝日新聞を通じてあらわれたと述べた。
それとともに、当時、安倍首相など自民党人事は慰安婦関連のプログラムが放映される一日前NHK幹部と会って「(放送を)客観的に作れ」と要求したと伝えた。

永田教授は「私はそれ抵抗したが、敗れた。体験したこと世に言うことができなく孤立して長い沈黙した。これは、分、また恥ずかしいこと」とし「嘘だらけ安倍政権は終わらなければならない」と主張した。

 

さて、ここではさらっと書かれていますが重要なのはこの部分「(放送を)客観的に作れ」です。
この永田浩三という人はバリバリの反日左翼。

調べるといろいろと出てきますがこれが面白そうなので紹介しておきます。
元NHK・永田浩三氏「安倍君、憲法をいじるのはやめろ」

読んでいくとよくわかりますが、安倍首相への非難ばかり。
もちろん、批難そのものは言論の自由でいいのですが、全てにおいて根拠、理由の説明が全くなされていません。
つまりこれは「お前のカーちゃんでべーそ」レベル、子供の口喧嘩程度の物。
相当偏った思考の持ち主であることが見て取れます。

そんな方が作った番組なら見る前から分かります。
全てが偏ったものであることはあきらかですから、この時の安倍さんの行動については本人以外ほとんど問題視されていません。
それほどひどい内容だったのでしょう。

そしてこの番組安倍さんのひとこと「客観的に作れ」で葬り去られています。
偏見と嘘で固めたものであることはNHKも自覚していたのでしょう。

いまだに一部のメディアは偏向報道を繰り返しています。
が、もう大半の人は気が付いているんです。
マスコミの報道は鵜呑みにしてはいけないと。

ですが、流石韓国、そういった背景を無視して永田浩三の言い分のみを取り上げ報道します。
彼らはこうしたいのです「安倍は悪い奴だ」と
そして、首相が変われば昔の都合のいい日本に戻ると思っています。
彼らは理解していないのです。
安倍首相は世論に押し出されて動いていることを
韓国人にはっきりいいたい

「首相が変わったところで日本は昔の都合のいい国には戻らないと」

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...