韓米首脳 きょう夜に電話会談=北朝鮮のミサイル発射を巡り協議 【北朝鮮問題】 7日夜?予定?怪しい気がする。

昨日、北朝鮮の短距離ミサイル発射で安倍首相とトランプ大統領が電話会談。
因みにいまだに韓国は北朝鮮の発射したものをミサイルだとは発表していませんが、あえて言わせてもらいます。
あれはどう見てもミサイル、そしてターゲットはソウルだと

朝鮮日報の記事です。

文大統領・トランプ、今夜、電話会談 「綿密な分析のせいで遅くなった」

ムン・ジェイン大統領が7日夜、ドナルド・トランプ、米国大統領との電話会談をする予定だと青瓦台が明らかにした。

ゴミンジョン大統領府報道官はこの日午後、春秋館ブリーフィングでこのように言って、「今回の通話では、過去韓米首脳会談後の展開された韓半島関連の状況について意見を交換し、現在の局面を進展させるための方策について議論する予定だ」と語った。
大統領府の関係者はこの日、首脳間の通話の内容について「何よりも北朝鮮のロケットについて韓米間の相互の意見を交換し、(これに対する)対策の議論を行うと思う」と語った。

ムン大統領とトランプ大統領の電話会談は、この日が21回目だ。
ムン大統領は去る2月28日ハノイ米朝首脳会談直後トランプ大統領と20番目の電話をした。

大統領府の関係者は、韓米首脳間の電話通話が日米首脳間の電話に比べて、一日遅れて行われる理由については、「日本であればそのような対応も可能だろう」とし「しかし韓国の場合、国防・情報・NSCなど綿密な分析のための時間が必要だった、正確な分析が行われた後、私たちの立場を確立し、韓・米間の意見交換が行われることが順序である」と述べた。
この関係者は、すぐに「NSCは、マスコミで通常話をする国家安全保障会議ではなく、大統領府の通称」とし「国家安全保障会議は今も開かれていない」と付け加えた。

彼は「どうして日本が先に(電話を)し、私たちは、なぜ遅れたのかという(質問は)無理」と「韓米で立体的な協調が進んでいる。両国外相の通話を報道で見た上でのものであり、国防分野でも発射体にについての分析も韓米間の共助を通じて行ってきた」と述べた。
「今回の発射体の分析が終わったのか」という問いには、「完全に終わったとは申し上げにくい」と答えた。

この関係者は、「北朝鮮発射体関連して、北朝鮮の軍事挑発行為と判断するのか。また、ドイツの出版物でムン大統領は寄稿文で、韓半島の銃声が消えたと表現したが、これに対して野党が嘘をついていると批判している。これに対し政府はどう判断するのか」という問いに、「銃声という言葉を使うときは、挑発と規定された時」とし「(大統領府が)挑発と規定し、これを糾弾するブリーフィングは出していない」と答えた。

一方、この関係者は、韓米首脳会談と北・ロ首脳会談後、北朝鮮の姿勢を直接聞いたことがあるのかという質問には「外交・安保事案なので回答できない」と答えた。

 

一日遅れでムン大統領はトランプ大統領と電話会談をするようです。
確実に韓国側からトランプ大統領に依頼したのでしょう。
恐らく、その依頼は結構前、安倍首相がトランプ大統領と話をする前にしていたんじゃないでしょうか?

ですが、ハノイ会談をみても分かるようにムン大統領はトランプ大統領から相手にされていません。
ですから今回のミサイル発射は安倍首相と会談することをトランプ大統領は優先したのでしょう。

さて、この電話会談、いったい何をムン大統領は言い出すつもりなんでしょうね。
青瓦台の反応を見る限りあれは挑発行為ではなくミサイルでもないという形で無理押しをしています。
正直、これ韓国内はそれで押し通せたとしてもトランプ大統領は無理。

それでも言っちゃうんでしょうね、ムン大統領は
「あれはミサイルではない」と・・・

まあ、トランプ大統領もいい加減慣れたでしょうから怒るようなことはないでしょう。
お得意のリップサービス位はあるかもしれません。
そして、これを真に受けて大喜びするムン大統領以下韓国政府の姿が目に浮かびます。

でも、トランプ大統領の本音は違うと思いますよ。
「ウザイ、いい加減目の前から消えてくれ」位に思ってる事でしょうね。

 

 

追伸

3時間経ちました。

いまだメディアで公開されていません。
よく見ると「7日夜」→普通なら時間が書かれるハズ、更に「予定」・・・・
もしかするとなんて考えてます。
続報が出次第報告します。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...