AT車のブレーキの踏み違い事故多発の原因と理由、そして対策を考えてみました

最近、高齢者による交通事故がよく話題になります。
昔は若年者を目の敵にするような形で警察も動いていた感じがありますが、昨今の高齢者による事故は本質的に異なります。
高齢者による交通事故は何といっても身体機能の衰えからくるんですよね。
そして、最近起こった、池袋での高齢者ドライバーによる死傷事故。
これはどうやら「アクセルとブレーキの踏み間違い」によるもののようです。
生まれてこの方一度も踏み間違いなんてやったことがないと言い切れる私からみれば「まさか」と思うんですけど、どうやらこれ結構あるようです。
で、今回その原因について私の経験を踏まえて考えてみました。

昔もあった急発進事故

昔、車が急発進したりバックしたりするという事故が頻発し社会問題化しました。
当然、友人たちともその話題を話したりしたりしました。

まず、疑われたものはまず、オートクルーズの異常。
オートクルーズはセットしてしまえば車をその速度で走行させてくれるというもので、高速道路とかで割に使ったりする機能です。
当然、車の速度をコントロールするものですから、これに異常があれば急発進もありそうに見えますから疑われるのも当然。
ですが、私はこれは違う、絶対にと考えていました。
だってこの機能、ちょっとした操作で外れるし仮に勝手に異常な速度にセットされたところで急発進するようなことはないんです。
なんせ、自分の車にもついていましたから、この説を唱える人は「使った事がない」からと思っていました。

次に疑われたのがインジェクションの異常。
これはインジェクションに異常が起こりいきなり高回転になるというもの。
これも私は否定的。
だってこんな事例きいたことがないんです。
そこそこの頻度で発生していましたから事故にはならなくてもそういった経験を持つ人がいても不思議ではありません。
それが、全くいないんです。
それにいくらエンジンが高回転にいきなりなったとしてもATのギアチェンジがそれに追い付くとはちょっと信じられません。

あれこれ言っているうちに仲間との間で出された結論は「単なる操作ミス」でした。
まあ、今から見れば当然の結論ですけどね。

何故バックしたのか?

これについては私も心当たりがあるんです、なんせが、実際に私も何度かやったことがありましたから。
当時、この事故を起こした人の統計として「MTからATへの乗り換え組が多い」というものがありました。
実は私もその口で乗り換えたばかりだったんです。
で、何度かやったのが発進の際、DではなくRに入れてしまうというもの。
最初からATの人からみればあり得ないと思うでしょうけどやっちゃうんです。

それは何故か?
MTを発信させる時、ギアは基本的に1速に入れます。
当然、ニュートラルから入れますからシフトレバーを前に倒します。
これをATに当てはめます。
ATをニュートラルの位置から前に入るとどうなりますか?
そうRにはいちゃうんです。
Rに入れたにも関わらず前進させようとアクセルをふむのですから当然、急に後ろへと進みます。

まあ、この問題はたった一つのATの持つ機能を利用することで解消しました。
どうやったか
「なるべくボタンを押さずに操作する」
NからDへは何もしなくても切り替えができます。
ところがRへはボタンを押さないと入らないんです。
たったこれだけです。

何故、急発進したのか?

急発進の原因はその後のメーカーの対応をみると分かります。
いまのATってブレーキを踏まないとシフトレバーが動きませんよね?
これはブレーキを踏まずアクセルに触れた状態でDに入れると急発進することを防ぐためのもの。
ですから、当時の事故の防止策としてこのような機能を追加したのでしょう。

が、昨今再び同じような事故が発生しています。
恐らくこれだけではまだ、不十分だったのでしょう。
なんせ、ブレーキとアクセルを踏み間違えるのですから

クリープ現象でパニック?

この事故の記事で言われている原因は「クリープ現象でパニックを起こしブレーキではなくアクセルを踏んでしまう」というもの。
クリープ現象というのはATでシフトをD若しくはRなど車を移動させるポジションにもっていったときに動き出す現象です。
この現象はATの欠点といえば欠点ですが車庫入れなど極めて低速で動かしたいときには便利な代物です。

ですが、この説明で疑問に思うのはクリープ現象がパニックを起こすようなものか?という点です。
AT車をいつも乗っていたのであれば、ブレーキを離せば車が動き出すなんてことは頭ではなく体で覚えているもの。
しかも通常、クリープ現象はエンジンがアイドリング状態ですからこれがパニックの引き金になるとはちょっと考えられません。
他にも要因があるはずです。

信号での止まり方

信号が赤になります。
当然、車を停止させないといけません。
車を完全に停止させるにはブレーキを踏まなければいけません。
私が問題と感じているのは車を停止させたあとどういった操作をするかというものです。

私の場合、止まったあともシフトをDに入れたまま、ブレーキを信号が変わるまで踏み続けています
どうしてかといいますと私がせっかちだからです。
信号が青になったらすぐに走り出したいのです。
これだと、ブレーキを離すだけで車が動き出しますからね。

当然、ブレーキを踏んでいる限りはアクセルを踏んでいません。
エンジンはアイドリング状態を維持します。
そして発進の段階になって初めてアクセルを踏みエンジンの回転があがり速度があがるんです。
ポイントは発進は毎回アイドリング状態から始まっている事。
前述したようにブレーキを離せばクリープ現象で動き出しますが、それはアイドリングであり極めて低速、体に染みついた速度ですので驚いてパニックを起こすことなどありません。

でも、人の運転動作を見ているとこれとは異なる動作で停車させている人が結構います。

もう一つの止まり方(これが問題)

もう一つの方法とはサイドブレーキで止めているというもの。
この止め方、私個人の感覚ではお年を召した方によく見られます。
手順を説明しますと
1.ブレーキを踏んで車を停車させる
2.踏んだ状態でシフトをNにいれる。
3.サイドブレーキを引く

どうしてこうやるかといえば簡単でブレーキをずっと踏んでいるのが面倒だからということでしょうね。
で、発進は
1.シフトは動きませんから、ブレーキを踏みシフトをDに入れる。
2.サイドブレーキを外す
3.アクセルを踏む

よく信号が変わったのにすぐに動かない人っていますよね?
多分、これも一つの要因でしょう。
なんせ再度ブレーキを外すという工程が増えてますからね。

でこの操作で注目したいのは発進の際、1から2の操作に移るとき右足はどこにあるのかという点です。
車を運転しているのなら分かると思いますがそのままブレーキ踏み続けるかアクセルの上にあるでしょう。
アクセルの上に足を置いた状態で発進できるということは、エンジンの回転が上がった状態で車を発進させることが可能になります。

ですから、右足がほんの僅かでもアクセルを踏み込んだ状態でサイドブレーキを外すといつもと違うスピードで発進することになります。つまり、パニックを起こす条件が出来上がります
更にこの方法だと、サイドブレーキを操作する為、人の意識は左側に集中しています。
そうなると右足が直前までブレーキを踏んでいたという意識がのこっているでしょうから「止まれ」と判断した時、右足を動かしてしまうことになってしまうんじゃないでしょうか?

ほらよく聞きますよね「ブレーキと思ってアクセルを思いきり踏んでしまった」という奴。
あれですよ、あれ。

まとめ

踏み間違い防止についてはいくつかの方法が言われています。
私が知っているのは二つあります。
それぞれについて私の見解をかいていきますと

・MTなら起こらない
これはその通りでしょう。
MTは発進そのものにプロセスがあるのでこういった事故はほぼ確実に防げるでしょう。
ですが、今MT車を見付けるのってかなり大変です。
ちょっと難しい対策かもしれません。

・左足ブレーキ
正直いいますとこれは賛同できません。
むしろ、誘発させる危険性すらあります。
理由は簡単で両方同時に踏み込むことが可能である為です。
右足一つでブレーキとアクセルを操作するのはこれを防ぐための物理的な最善策。
止めましょう、左足ブレーキは・・・

結局のところ、防止策は停車の時にサイドブレーキを使うのをやめフットブレーキを踏み続ける。
これが私なりに考えた結論です。

何度も言いますがこれは通常のクリープ現象でパニックを起こして踏み間違いを起こしたわけではなく、本人の意図していないクリープ現象によってパニックを起こしたと考えた上での私の説です。
もちろん、専門家ではないので、この発言に対しての責任は負いかねます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...