妥協する理由がない   米朝会談

文在寅率いる従北にとって期待の米朝会談。
恐らく・・違いますね。
文在寅にとって悲願の結果それはアメリカの制裁解除。
こんなもの傍から見ればうまくいくはずはないのですが。
もはや、文在寅の公報にすぎない中央日報の記事です。

会談決裂の序幕… 「ジョーカー」ボルトンの登場、

キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長の直感は間違っていた。
金委員長は28日午前8時55分(現地時間)ドナルド・トランプ、米国大統領と単独首脳会談を控えてメトロポールホテルで会って「私の直感的に見ればいい結果が生じると信じている」と言った。
トランプ大統領の言葉は微妙だった。「速度は重要ではない」とし「急いでない」という言葉を3回繰り返した
それはハノイサミットの期待値を下げるジェスチャーだった。
前日の夕食会で、「(今回の会談が)1回首脳会談と同じか、よりいい結果になる」(トランプ)「すべての人が喜ぶ素晴らしい結果を得るために最善を尽くしたい」(キム・ジョンウン)は、言葉の聖餐を出したのとはトーンが違った。
異常気流は、実際に27日午後から検出された。
米国の非核化の意志は非常に強硬だった。
「すべてが合意されるまでは譲歩は何もできない」というのが米国の立場という言葉で始まった。
28日未明の交渉過程に精通し消息筋は「キム・ジョンウンにかかっている」とし「米国はカードを投げ、準備ができている。金委員長はそのカードに受け取る必要がある。」と伝えた。

9時45分、決裂の序幕… 「ジョーカー」ボルトン登場

以上気流が本格化したのは、単独会談後だ。単独会談を予定通り約30分の9時36分に終了した両首脳は、中央庭園を散策した後、9時45分、拡大会談に突入した。拡大会談は、バッチから微妙だった。参加者の数を合わせることがサミット習慣が通訳を含めて、米国が5人、北朝鮮は4人が参加した。
米国の追加の参加者は、対北朝鮮強硬派のジョン・ボルトンホワイトハウス国家安全保障補佐官だった。
北朝鮮の非核化実質措置がない場合、制裁緩和はないと、ゲームに登場したのである。

拡大会談を記者団に公開した桁で金委員長にホワイトハウス担当記者が「非核化をする準備ができているのか」と尋ねると、金委員長は「もし非核化の意志がない場合は、私がここなぜ来たのだろうか」と答えた。
平壌に米国連絡事務所の設置についての記者が、金委員長に質問をしようたがこれを北側実務者が阻止したその瞬間、トランプ大統領が「面白いアイデア」と言葉を切った。以後、金委員長は「歓迎すべきことだ」と話したトランプ大統領も「いいだろう」と答えた。

ホワイトハウス会談日程の短縮

問題はその次だ。会談が非公開に変更した後、業務の昼食会が予定されて11時55分から30分経ったが会場は空っぽた。
ホワイトハウスの現場記者はテーブルに水は満たされているが、参加者はない姿を写真に公開し、「雰囲気がおかしい」と伝えた。
約10分後の12時35分、ホワイトハウスセラ・サンダースのスポークスマンが記者を見つけ、「スケジュールに変更が生じた」と伝えた。
記者団は、待機していたこの場所で1時頃、ホワイトハウスの案内で撤退して待機していた車両に搭乗した。
ホワイトハウスは1時37分、サンダースのスポークスマン名義で「(両首脳が)非核化と経済発展を導くことができるさまざまな方法を議論した」とし「今度は何の合意もなされなかった(米朝)双方は、将来的に会うこと期待する」と述べた。
つまり決裂が策定された。
両首脳が会談したのは、午前8時55分からのたった4時間40分だけだった。
予定された「ハノイ宣言」署名式はキャンセルされ、4時進行予定だった記者会見は2時間繰り上られげた

午後2時、記者会見にポンペイオ大同たトランプ大統領

記者会見も昨年、シンガポールより早期に雰囲気が沈んだ。
昨年、シンガポール会見で、北朝鮮の経済開発の可能性を扱った短い映像を先にプログラムは、「びっくりショー」をした後、華やかに登場した。
しかし、この日のトランプ大統領はポンペイオ長官が一緒に壇上に立って決裂争点を説明した。
記者会見後、トランプ大統領はすぐにノイバイ空港に直行、専用機エアフォースワンに搭乗、ベトナムを去った。午後5時25分頃、「ハノイのおもてなしに感謝している」という要旨の最後のツイートを残した。65時間40分を列車で走ってきた金委員長と大西洋を渡って、地球半周を飛ばされたトランプ大統領すべて手ぶらで帰国することになった。

 

まあ、私からみれば当然の結果でしょうね。
まず間違いなく、金正恩はひたすら中国を後ろ盾にして制裁解除をひたすら求めたのでしょう。

でも、よく考えなければいけないのが
アメリカにとって北朝鮮の制裁解除をする理由があるのかというところ。
短期的、長期的にみてもアメリカが商売をする上で考えれば、北の制裁解除は自国の利益に反することばかり。
しかも、これまでアメリカはこの手口で何度も騙されています。

当然、アメリカ議会や国連も完全なる核廃棄をしない限り、解除はダメという立場。
これを無視して制裁解除なんてありえません。
はっきりいえば、トランプ大統領のとって朝鮮半島なんてどうでもいいんです。
うまく核廃棄をさせることが出来れば、それでOK。
その程度のことなんです。

左翼系は毎回こういったことを言い出します。
「アメリカは大幅な譲歩をするだろう」
「核兵器保持を認めるかもしれない」

こういった論調を進める方々に問いたい。

「譲歩することでアメリカにメリットはあるのか?」

いつも左翼系の論調は大幅な譲歩から始まり安倍政権批判に移りますが、この一行にたいする回答は一切ないんです。

それもまあ当然なんですけどね。
普通に考えれば、トランプ大統領が譲歩する理由なんて何一つないんです。
むしろ、譲歩することで発生するリスクの方がはるかにヤバいんです。
議会、国連もそろって制裁解除には反対の立場。
ここで解除なんてやろうものなら、それらを敵に回してしまいます。
でも、トランプ大統領からすればこれらを敵に回す理由なんて何一つありません。

ですから、今回の会談は単に会談しただけ、ほぼ無意味なものに終わるでしょう。
こうなると困るのは朝鮮半島なんですけど、従北が政府の中枢を握っている韓国
今後もアメリカの目を盗んであれこれやってくるでしょう。

そうなると、日本の韓国への制裁をやるといい結果がでると思うんですけどねぇ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...