韓国「謝罪と撤回?そんなこと聞いていない」 日本「残念、対応を求めると言ってある」【ムン議長発言問題】

言った言わないの連続。
なんなんでしょうね?
先日も、ムン議長は「今の天皇は戦犯の息子」と発言にも関わらず、それが問題視されると「戦時の日本国王(天皇陛下)の息子という意味だ」と否定したもののその後、音声を公開され赤っ恥。

そして、日韓外相会談
今度は日本河野外相から謝罪発言の謝罪と撤回を要求されたものの、今度は聴いていないと否定
そして・・・
中央日報の記事です。

ムン・ヒサン発言「抗議したvsなかった」韓日外相真実ゲーム

去る15日、ドイツのミュンヘンで開かれた韓日外相会談でムン・ヒサン国会議長の「天皇謝罪」発言について、日本側が謝罪と撤回を要求したのかどうかについて両者の意見が分かれている。
日本外務省の発表に韓国外交部が否定したのに続き、17日に日本側が再反論することによって議論が再燃しているようである。

17日河野太郎外相は、ミュンヘン現地で記者団にムン・ヒサン国会議長の発言に対する日本の立場を伝えたと再度強調した。

河野外相は「「非常に驚きと同時に残念に思う」と(ガンギョンファ長官に)言い、韓国外交部はきちんとこれに対応するよう伝えた」と述べた。
続いて「韓国側の参加者もよく聞いていたので、メッセージは聞いていたと思う。「知らない」という発言はおかしい」と強調した。

これは、前日「河野外相がムン議長発言に抗議した」という報道に対し韓国外交部が否定、それに対し河野外相本人が直接再反論し強く批判したのである。

続いて河野外相は「今まで謝罪と撤回を要求すると再三再四申し上げた。韓国外交部にしっかり対応を求めているというのはそういう意味で、この事は相手もよく理解しているはずだ」と強調した。

議論は去る15日、日本のマスコミは、日韓外相会談でムン議長の「戦犯主犯の息子である天皇が慰安婦に謝罪しなければならない」という発言が議論されたと報じから始まった。

時事通信などは、「河野外相が会談でムン議長の発言について繰り返し謝罪と撤回を要求したが、姜長官はこれに関連する回答をしなかった」と伝えた。
東京新聞も「日本側の説明」としながら「謝罪と撤回を要求したが、姜長官から発言はなかった」と報道した。
日本外務省はホームページに、日韓外相会談の内容を説明し、「韓日議員連盟会長を務めたムン・ヒサン国会議長の発言に対して日本の立場を改めて伝えた」と記載した。

しかし、韓国外交部は16日、このような日本のマスコミの報道を否定した。
外交部当局者は出入り記者たちに送ったテキストメッセージを介し「この件について、日本側の言及はなかった」と明らかにした。
カン長官も「河野外相がムン議長発言に抗議したのか」という質問に「なかった。そのような話はなかった」と反論したことで双方の説明がすれ違い始めた。

このように、二人の説明が180度違うのは一部では両側の通信の誤解があったようではないかという観測も出ている。

東京のある消息筋は、「姜長官が否定したのは、「謝罪と撤回要求があったか」という質問に対し「なかった」と述べた。

つまり、会談でムン議長発言が取り上げられても河野外相から直接「謝罪と撤回」を要求する発言はなかった可能性があるという話だ。

河野外相は「謝罪と撤回」の意味で東京のある消息筋は、「姜長官が否定したのは、「謝罪と撤回要求があったか」という質問に「なかった」と明らかにしたと述べた。つまり、会談でムン議長発言が取り上げられても河野外相から直接「謝罪と撤回」を要求する発言はなかった可能性があるという話だ。

河野外相は「謝罪と撤回」の意味で「驚きと残念を伝え、外交部の対応を要求」し、姜長官は、文字通りそのような発言はなかったものと受け止め誤解につながったという解釈である。

 

誤解??ですかねぇ
もし、ここに書かれていることが事実であれば韓国の外交部は恐ろしく無能です。

今回の発言に対しては当初から韓国に「謝罪と撤回」を求めています。
そして、会議の席上で「驚きと残念を伝え、外交部の対応を要求」と外交部の対応を求めたのであればこの要求は「謝罪と撤回」以外にありません。
誤解と言うのであれば河野外相はここで韓国側に何を要求したというんでしょう?

多分、すっとぼけてるんだと思いますよ。
先日、駐韓国大使にハリー・ハリス氏とも対談しましたよね?
この中でレーダー照射問題も議題に入れたとかメディアに報道されてましたけど、その後すぐに在韓米軍駐留費がほぼアメリカの要求にそった形で決まったところから見て、「言ってはみたものの、逆に大目玉を食らった」んじゃないですか?

だから、「また、威嚇行動」という朝日の報道を慌てて否定、その後すっかりおとなしくなってますよね。
で、ここで嘘つき呼ばわりされた朝日は「戦争犯罪主犯の息子」発言を必死に否定する韓国側に対して音声公開という形でキッチリとリベンジ。
多分、韓国が必死に否定する威嚇行動報道は事実なのでしょう。
が、アメリカから「嘘をつくな」と大目玉を食らったものですから、慌ててひっこめたのでしょう。

そして、今回の日韓外相会談
どうも報道から受け取れるイメージは一方的に河野外相にやり込められている。
それに対するせめてもの抵抗だったんじゃないですかねぇ。

まあ、私個人としてはどうでもいいんですけどね。
それよりさっさと制裁を具体化して提示してほしいものです。

もたもたし過ぎです、日本政府は・・・

Pocket

「韓国「謝罪と撤回?そんなこと聞いていない」 日本「残念、対応を求めると言ってある」【ムン議長発言問題】」への1件の返信

  1. もうやってもいいタイミングですよね。
    まさか国会が終わってから、なんて呑気な事考えているんじゃないだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...