アジア初の世界一「大谷は日本人ではない」 韓国メディアの反応

テニスの全豪オープンで四大大会を連覇しアジア勢初のランキング1位となった大谷ナオミ選手。
おそらく、こう絡んでくるだろうなと思っていたらやっぱり・・

中央日報の記事です。

アジア初の世界1位大阪?日本も日本人であることを疑う

大阪ナオミ(22・日本)が、昨年のUSオープンに続き、オーストラリアオープンを優勝し、男女をあわせて、アジア選手初のシングルスの世界ランキング1位に上がった。

大会前、世界4位だった大阪は今回、発表された世界ランキングで1位に上昇し、その結果、アジア国籍選手の中で最初にテニスシングルスの世界1位になる栄光を掴んだ。
これまで、アジア国籍の選手が男女をあわせてテニスシングルスの世界1位に上がったことはなかった。
女性は2011年全仏オープンと2014年全豪オープンシングルスの優勝者リナ(中国)が2014年に2位が最高位だった。
男は錦織圭(日本)の4位だった。テニストップランキングは、身体条件が良い西洋選手がほとんど占領している。
だから、大阪の世界1位は、アジアの選手たちには意味が大きい。

ところが、大阪は混血選手だ。
彼はハイチ出身のアメリカ国籍の父レオナルド・フランソワ・と日本人の母親大阪環の間に生まれた混血児である。
日本の大阪で生まれ性を「大阪」とした。
父の遺伝の影響を受けて、身長も1m80㎝と大きく、肌は褐色である。
あふれるパワーとよく学んだ基本技を見ていると、代表的な黒人テニスのスターであるセリーナ・ウィリアムズ(38・米国)が浮かび上がる。

大阪は、米国が育てた選手だ。
彼は3歳の時に家族と一緒に米国ニューヨークに移住した。父の勧めでテニスを始め、16歳から米国フロリダ州のテニスアカデミーで訓練した。
しかし、米国のテニスはあまりにも有望な人が多くて、彼女はサポートは受けにくいと判断した。
だから戦略的に日本国籍を選んだ

以後2016年11月、日本の食品会社日清食品とスポンサー契約を結んだ。
大阪は日本とアメリカの国籍を持っている。
大阪の日本での住所は祖父が住んでいる北海道の根室である。
すなわち、大阪の世界1位というのはアジアの国籍初の世界1位というのが正しい。

大阪がプロで注目を受けながら、日本でも「大阪は果たして日本人か」と疑問が提起された。
外見が日本人と違ううえに、子供の頃から米国で住んでいた為、日本語を流暢にできないからである。
それにもかかわらず、大阪は「和食を食べ美味しい考えるとき、私は日本人だと感じる」と述べた。
大阪祖父も「大阪が日本で大会を参加しに来るとき、寿司と焼肉を買ってくれる」と伝えた。
日本のファンも、大阪を熱烈に応援している。
安倍晋三首相は、自分のソーシャルメディアに「新しい世界女王の誕生を非常に誇りに思っている。さらに活躍することを期待する」と上げた。

 

日本も疑っているというようなことも書いてますね?
この記事の事でしょうかねぇ。

http://agora-web.jp/archives/2034689.html

じゃあ何人なんでしょうね?
少なくとも韓国人ではありません
他国にとやかく言われる筋合いはありません。

それとこの記事にはひっかかる部分があります。

>大阪は、米国が育てた選手だ。
彼は3歳の時に家族と一緒に米国ニューヨークに移住した。父の勧めでテニスを始め、16歳から米国フロリダ州のテニスアカデミーで訓練した。
しかし、米国のテニスはあまりにも有望な人が多くて、彼女はサポートは受けにくいと判断した。
だから戦略的に日本国籍を選んだ。

私の知っている範囲ですけど、アメリカでは相手にされず、日本に頼んだところサポートが受けられたと聞いています。
それを恩義に感じて日本を選択。

それを戦略的だなんて・・
韓国人じゃあるまいしねぇ~
だから、韓国は試合で負ける度に問題を起こすんでしょう。
「どんな手段を使ってでも勝つ」それが韓国。

義理なんて概念など韓国人には無縁なんでしょうねぇ~

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...