韓国「又、接近飛行した、謝罪するニダ」日本「あ・り・え・な・い」

レーダー照射問題に関して日本から協議打ち切りを通達された韓国。
日本が最後に公開した音声も予定通り完全否定。
こんなことは日本も予想されていたことなので、この韓国の否定などなんら問題ではないでしょう。
日本の狙いはもちろん韓国以外の国。

そこで、韓国メディアは韓国とアメリカの情報の共有を気にしています。
当然、韓国国防部は「やった」といいますけど
韓国報道にある
執拗な日本…1週間で米軍指揮部4人と接触、レーダー世論戦
を見ると恐らく何も出来ていないように思えます。
やっていれば、アメリカ軍隊の実名のひとつやふたつでてくると思うんですよね。
それがでてこないのですから、やはり何も出来ていないのでしょう。

そこで、今日になって再び「自衛隊が接近飛行をして挑発してきた」なんて言い出してます。
時期が時期だけにちょっと考えにくいんですよね。

中央日報の記事です。

日本防衛相「60〜70mの飛行は事実ではないり、150m以上確保した」

「日本哨戒機が近接飛行をした」は、韓国側の発表に対して、日本政府も反論に出た。

この日、岩屋毅 防衛相は23日の夕方の会見で、「詳細については引き続き確認中」としながらも「(23日、日本哨戒機が高度)60〜70m(飛行したという)の部分は、事実ではない。私は、正確な記録を確認したが、(高さ)150m以上を確保し、既存のように国際法と国際法に応じた適切な運用をした」と主張した。

彼は「18日と22日にも近接飛行があった」は、韓国側の主張にも「当時も、国内法等に応じて適宜飛行し、このような内容を韓国にも伝えている」、「 500m以上の距離も確保している」とした。

岩屋防衛相は、韓国側を刺激する表現は控えた。「(レーダー照準)問題には、引き続き明らかな事実と指摘をして再発防止を要求するが、韓国との防衛協力が地域の安全保障に重要であるという考えには変わりはない」という話した。

韓国側の公式発表直前の午後の定例記者会見をした菅義偉官房長官も「そんな報道があるという報告は受けたが、詳細は分からない」とし「とにかく両国の防衛当局間の意思疎通が重要だ」と述べた。

日本のメディアの報道によると、日本政府内部では「韓国内の世論を狙った国内向け発表なので、無視したほうがよい」は気流が優勢であるとする。

メディアは、政府関係者の発言を引用して、「自分たちに不利なレーダー照準問題を低空飛行で議論の焦点をずらそうとする意図」と韓国側の発表の信憑性に疑問を提起した。
TV朝日は「(60〜70mの高さの)低空飛行は可能性がなく、哨戒機が仮に監視活動をしたとしても、適切な距離を確保した」、「あり得ないこと」、「韓国の国内向け発表に相手をする理由がない」とする防衛省関係者の発言を伝えた。

NHKも「自衛隊哨戒機は、通常の警戒監視活動をしていた報告を受け、低空飛行をした事実はない」は、防衛省幹部の言葉を報道した。

別の幹部はNHKに「レーダー照準の問題で両国関係が悪化した後、いつもより気をつけているので、海上自衛隊機の低空及び脅威の飛行はありえない」とし「事実関係まで変えた 韓国側の発表があまりにも残念だ」とした。

日本政府は21日、レーダー問題の「最終見解」を発表し、「韓国とはもう協議しない」と宣言した。
岩屋防衛相は22日、記者たちに「(韓国側の問題提起があっても)、特別な事情がない限り、この問題と関連して、新しい見解を発表するつもりはない」と述べている。

 

この、接近飛行に関する韓国側。
確か、150m以上というのは民間の基準であって、軍用機には適用されないと言い切ってますよね?
つまり、基準というものが存在しないんです。
という事は別に60〜70mでも問題がないって事にもなるんですよね?
だったら、別に問題なしでしょ?

それに、なんだか何度も呼び掛けたみたいなこといってますよね、。

 

海上自衛隊の哨戒機は先月20日にも北朝鮮の船舶を救助していた韓国の艦艇を威嚇するように低空飛行で接近した。当時、韓国の艦艇は哨戒機に警告の通信を発しなかったが、今回は警戒作戦中だった駆逐艦「大祚栄」は接近しないよう求める警告通信を発したようだ。

 韓国国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官は記者懇談会を行っていたが、日本の哨戒機が韓国艦艇に対して接近飛行したとの報告を受け、懇談会場を離れた。

 鄭氏は記者懇談会で、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題について、「日本は安倍首相や官房長官、防衛相、外相、統合幕僚長まで軍事、外交に関連するすべての方々が(レーダー照射問題に)言及した」として、「そういう側面から政治的な意図があるのでないか」との認識を示した。

 その上で、「この件に関して、日本が論理的、国際法的に韓国の主張を乗り越えることはできない」として、「そのため、これ以上は(韓国と)協議しないと出口戦略を講じたようだ」と述べた。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0123/10228163.html

 

通信記録あるんですかねぇ。
まあ、あったとしても「通信状態が悪かった」「聞き取れなかった」で済ませちゃえますけどね。

にしても、やればやる程って事になってることに韓国側は気が付いてるんですかねぇ。

さっさと日本は制裁をするべきだと思いますよ。
それこそが、地域の安全を守る最善策。
韓国軍なんて足を引っ張る事しかしませんから。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...