「結局、日本が悪い」   左翼メディアのトンデモ記事【レーダー照射事件】

中央日報の記事です。

日本のレーダー探知音公開方針に…韓国国防部「不適切な世論戦」

日本政府が韓日レーダー攻防と関連して「新しい証拠」のレーダー探知音公開を検討中とされる中、国防部は19日、日本側の一方的主張だとして反論した。

国防部はこの日「日本政府哨戒機探知音公開示唆」関連の立場文を通じ、「日本政府が哨戒機の警告音を公開するならば以前のように事実を歪曲したり両国間の対立を助長しようとする意図であり不正確な内容を一方的に主張するのは望ましくない」と指摘した。

これに先立ち外信によるとハワイを訪問している日本の岩屋毅防衛相はこの日、「国民にも国際社会にも誤解があってはいけない」とし、哨戒機が射撃統制レーダー(STIR)を探知した時に出た警報音を帰国後に公開する方向で調整していると話した。

岩屋防衛相は「いまなお認識の一致を見ていないことは非常に残念だ。再びこうしたことが起きないことが重要だ。韓国とどのように協議を進めていくべきかよく考えたい」と主張した。

これに対して国防部は「日本は公開するという警告音が韓国の駆逐艦広開土大王(クァンゲト・デワン)の追跡レーダー(STIR)から照射されたという時点の警告音なのかが確認されなければならない」と強調した。

不正確な警告音を公開して脅威を受けたと主張するのは国際社会に誤った認識を与えることになりかねず、日時、方位、周波数特性など正確な情報を公開しなければならないということだ。

その上で「人道的救助活動を進行中の広開土大王艦に対し持続的な低空威嚇飛行をした理由と、そのように危険なレーダーの照射を受けたとすればすぐに回避機動しなければならないのに余裕で飛行をした理由も明らかにしなければならない」と批判した。

続けて「日本は不適切な世論戦を展開するのではなく、正確な証拠を提示して両国の専門家らが参加する中で科学的で客観的な検証を受ければ良いだろう」と付け加えた。

https://japanese.joins.com/article/330/249330.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|breakingnews

 

これは岩屋毅防衛相が発表した、レーダー照射問題の新しい証拠公開に対する韓国側の反論ですが、みての通りいつものように反論になっていません。
単に日本が公開しようとしているものは不確かな物であり、それが証拠とは認められないと言っているの過ぎません。
ですが、この後、どういった内容であれ韓国はそれを事実として認めることはないでしょう。
なんせ、韓国が国を挙げて嘘をついてたことになるのですから、メンツにこだわる朝鮮人みとめる訳がありません、

でも、公開すると発表したのはアメリカ、シャナハン国防長官代行と岩屋防衛相が会談しその後のこと。
席上では当然レーダー照射問題についての打ち合わせも行っているでしょうから、今回の行動はアメリカの承諾を得ての事なのでしょう。
もしかすると、もはや米韓同盟はどうでもいいとアメリカは考えているのかも知れません。
公開されて新しい証拠に注目したいところですね。

ところでこのレーダー照射問題で左翼らしい面白い記事を見かけました。
個人的にツッコミたいところがいろいろあるんですよね。
取りあえずスルーしようかと思ってたんですが、どうにも腹の虫が収まらない。
ってことで記事にします。

題名は「日韓「レーダー照射問題」、膠着状態を生み、問題解決を阻む誤情報やフェイクニュース」
牧田寛
https://hbol.jp/183653/3

 

2018年末の12/20に発生した日韓両国間における軍事的インシデント、「日韓レーダー照射問題」は、膠着化を著しくしており、日本国内において仲裁を期待されていた合衆国は現時点で仲裁には後ろ向きです。
また、今月14日にシンガポールで開催された実務者協議も不首尾に終わっています。

この実務者協議について、1月15日に韓国国防部の定例ブリーフィングにて取り上げられましたが、日本国内の報道とかなりの乖離が見られます。この韓国国防部ブリーフィングについての日本国内の報道の多くは、翻訳(機械翻訳、有志による翻訳)と照合すると事実とは到底評価し得ないため、相変わらず、日本国内報道は極めて質が低いと見做す他ありません。ただし、通信社の報から贅肉を削ぎ落とすと使える程度にはなります。

 

これは日本の情報はあてにならない、だから韓国側の情報のみを信じるいういつもの左翼理論。
どうして信用出来ないのか、どこがどう違うのか具体的な記述がみられません。
で、牧田氏が信用し基本としているのがこれ
http://www.kjclub.com/jp/board/exc_board_53/view/id/2784297

ちょっと日本語としておかしい部分もありますが、翻訳なのでOKとしましょう。
で、ここで資料としたのは韓国国防部の回答(返事となっている部分)なんでしょうけど、この回答をどうして盲目的に信用できるんでしょうね。
今回の一件をみても分かるように、簡単に分かる嘘平気で並びたてる韓国国防部。
それを信用するなんて感覚普通の人にはありません。
そして、なによりこれって客観性が全くありませんよね?
単に日本政府いう事は信用しないという左翼理論たったそれだけ。
ですから、そのあとも色々おかしくなります。

 

1月14日の実務者協議においても日本側はメーカーのカタログ公表値を提示した上で韓国側にSTIR-180の全データの提示を求めるなどの無理強いをしているとみられるだけでなく、相変わらずP-1が探知したのがXバンドであったのか、Cバンドであったのか、連続波であったかなどの機密程度が低く、真相究明には最低限必要な情報すら提示していません。

現在、日本側の公式な主張は、「P-1哨戒機がFC系レーダー波の照射を受けた」だけであり、その周波数帯域、連続波であるか否かについて、更には日本側が主張する“FCレーダー“がSTIR-180なのか、MW-08なのかすら言及すらしていません。

所轄外省庁の副大臣がSTIR-180のXバンドだったと発言しているという報道がありますが、これが事実ならば防衛省の機密情報が別官庁に漏洩していることを意味しますし、この方は本件についてはドシロウトというほかない方です。裏付け情報も全くありませんで、この方の発言なるものは全く意味を持ちません。

 

何言ってるんでしょうね。
STIR-180のXバンドです。
こんなこと機密でもなんでもありません。
公開されてますから・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E9%96%8B%E5%9C%9F%E5%A4%A7%E7%8E%8B_(%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)
右の方にレーダーが記載されてますね。

・AN/SPS-49(v)5 対空捜索 × 1基
・MW08 低空警戒/対水上 × 1基
・STIR-180 射撃指揮 × 2基

射撃指揮のレーダーはSTIR-180であり、MW-08は普通のレーダーです。
>その周波数帯域、連続波であるか否かについて、更には日本側が主張する“FCレーダー“がSTIR-180なのか、MW-08なのかすら言及すらしていません。

こんなことどうしてここで話し合われる必要があるんでしょう?
私にだって答えられます。

連続波だったからFCレーダーなんです、そしてクァンゲトデワンに積んでいたのはSTIR-180。
XバンドとかCバンドとか必死に知ったかぶりしてますけど、STIR-180はXバンドを使っていることはちょっと調べればわかります。

>この方は本件についてはドシロウトというほかない方です。裏付け情報も全くありませんで、この方の発言なるものは全く意味を持ちません。

そっくりそのまま、牧田氏のお返ししたい。あなたこそド素人。

次は発生した場所について牧田氏はこんなことを書いています。

 

1) 広開土大王とP-1の位置が100km近く離れている。(視認不能で、電探でも確実に探知し得るとは言い難い。)
2) ほぼ同時に赤丸を事態発生座標とする偽図も現れたが、それは領海ないし接続水域内。まさに真っ赤な嘘。
3) これらの偽図は、年が変わる頃にあらかた消え失せている。
4) 本件事態にEEZは全く無関係。防衛省発の誤情報と言ってよい。

この事態発生の座標についてはこれ以上論評しません。既に優れた論評が発せられています。

 

さて、はなっからここはEEZではないという論評です。
その根拠とするのがこのブログ

https://booskanoriri.com/archives/3537
たぶん、この部分が根拠なのでしょう。

日本側の発表では「日本EEZ内」としていますが、発表された映像では隊員が座標位置をコールする音声は消されていて、テロップに「日本EEZ内」と出るだけです。
わざわざ座標を秘匿して「場所は内緒だが日本のEEZ内だ」と言っているわけですから、普通に考えてもぜんぜん説得力がなく、むしろEEZ外だったのでは?という疑念が深まるだけです。
一部の人たちが、軍事機密なのだとかなんだとか言っていますが、その場所は相手がいちばんよく知っているわけですし、乗員が座標位置をどうコールするかなんて、秘密でも何でもありません。
自衛隊の航空では、緯度経度をアルファベットの組み合わせと数字で示すGEOREFコードで表すこともあり、レーダーサイトなどでもこのGEOREFを使ったりしてますが、そんなものは秘密でもなんでもありません。
防衛省はなぜ正確な場所を示せないのでしょうか?

左翼独自の理論ですね。
>コールする音声は消されていて、テロップに「日本EEZ内」と出るだけです。

もう少し常識的に考えていただきたい。
音声が消されるたのは個人が特定されることを危惧してのものではないでしょうか?

テロップに表示されるだけで座標とかを書いていないから疑わしい?
逆でしょ。
なんせ、この画像は日本の公的機関が作ったもの。
テロップに明記された状態で世界にばらまいたんです。
いずれにしても明記してあるのですから、これを理由にするのはいささか無理があります。
もし、嘘をついていてそれが後でバレればそれこそ大問題です。

このブログには追記部分がありました。
 

【追記】やっぱり暫定水域らしい(1月19日)

以上のことを書いてからしばらく経ち、韓国のメディアが報じた地図を、 Twitterで教えていただきました。

なんと、完全に「暫定水域」です。(しかも韓国寄りの)
これに対して日本側はなにも反応していませんので、この地図に示された位置は間違っていないと思われます。

となると、日本側の「証拠映像」で、わざわざ座標を読み上げる音声を「ピー」音で消して「日本EEZ内」というキャプションを入れているのは、暫定水域であることを誤魔化すためだったということです。
暫定水域は、日本EEZであると同時に韓国EEZなのです。
にもかかわらず、わざわざ座標を秘して「日本EEZ内」とキャプションを入れたのは、韓国艦が「日本のEEZに入り込んでいた」という悪印象を与えるための「虚偽」だったということです。

こうなってくると、もはや日本側の「証拠映像」は、火器管制レーダーの照射があった証拠を示すためのものではなく、韓国を批難することに目的を置いた映像だったと言うほかないでしょう。

 

だから、どうして後出ししてくる韓国メディアの記事だけを信用するんですかねぇ。
日本側が反応しないから日本が嘘をついてる?
何言ってるんでしょうね。

今回の問題は位置ではなく、レーダー照射があったかどうか。
ここにあるんです。
EEZがどうとかは最初から大した問題としてみていません。
まあ、左翼は論点のすり替えが大好きですからね。

このブログには推理ばかりで論理的な部分がまったくみられません。
これを、優れた論評とする辺り、レベルがわかりますね。

つぎはこの部分。

 

嫌韓感情に煽られることなく、教訓とすべきは何か?

今回の日韓軍事インシデントは、本来、実務者協議によって年末年始中には笑っておしまいにできたことです。しかも、前回書いたように、おそらく日本側が主導権を獲得できたものと考えています。しかし現実には、完全に膠着状態であり、合衆国政府の仲裁も得られないようです。

そんな膠着状態に陥るだけの中、我々は本インシデントから何を教訓とすべきでしょうか?

1) 前線での意思疎通の悪さ

今回の軍事インシデントは、日韓間の前線における意思疎通の悪さがすべての元凶と言えます。日韓は、韓米同盟、日米安保(同盟)という枠組みで軍事上の友好関係にあり、旧西側圏であること、経済関係の密接さなど、政治的にも民間においても関係の深い友好国と言えます。しかし、友好国同士であっても相互の意思疎通が円滑でなければ軍事衝突が起こり得ることを今回のインシデントは示しています。

かつての冷戦期のソ連艦艇は、日常的に日本近海を航行しており、緊張も高かったのですが、今回の相手は友好国の艦船です。しかもSAR活動中でした。

・韓国側は、SAR活動中であったことをなぜ通告しなかったのか?(北朝鮮船が被救助船なので緊張度が高くかつ自前でやりたかったことは理解できる。)
・P-1がインシデントの発端となった接近飛行する前に韓国側に呼びかけなかったのはなぜか?(P-1の任務上、低空接触はやむを得ないが、相手艦船に敵意、違法性はないので、呼びかけるなどによって刺激を避けるべきではないか。)
・P-1は、どうして艦船が聴取していることを担保されている国際VHFでの呼びかけを繰り返さなかったのか。(他の二波は、航空無線であって艦船が聴取しているという保証はない。)
・P-1からの呼びかけの英語が酷すぎる。(映像字幕では意訳や超訳をしているが、字幕と英語音声の乖離が大きい。)
・広開土大王はなぜ応答しなかったのか?(呼びかけと認識できなかった、忙しくてそれどころではなかったというのは、それ自体が大いに問題といえる。)

 

>かつての冷戦期のソ連艦艇は、日常的に日本近海を航行しており、緊張も高かったのですが、今回の相手は友好国の艦船です。しかもSAR活動中でした。

何言ってるんでしょうか?
海上自衛隊が最初に見つけたのは国籍不明の船、それも軍艦。
SAR活動?それを実際に行っていたという証明ありますか?
北朝鮮のどの船で何人救助したとかそういった情報は一切ありません。

>・韓国側は、SAR活動中であったことをなぜ通告しなかったのか?(北朝鮮船が被救助船なので緊張度が高くかつ自前でやりたかったことは理解できる。)

(北朝鮮船が被救助船なので緊張度が高くかつ自前でやりたかったことは理解できる。)
全く意味が通りません。
救助に向かうまでどれくらい時間がかかるんでしょうね?
飛行機ではなく船。
近くをうろうろしてたって事ですか?軍艦が??
ありえませんね。

>・P-1がインシデントの発端となった接近飛行する前に韓国側に呼びかけなかったのはなぜか?(P-1の任務上、低空接触はやむを得ないが、相手艦船に敵意、違法性はないので、呼びかけるなどによって刺激を避けるべきではないか。)

だから、国籍不明の軍艦なんですよ。
どうやって連絡するんですか??
P-1はそれを確かめるために近づいて行ったんでしょうが。
いってることむちゃくちゃです。

>・P-1は、どうして艦船が聴取していることを担保されている国際VHFでの呼びかけを繰り返さなかったのか。(他の二波は、航空無線であって艦船が聴取しているという保証はない。)

確か3波で呼びかけてますよね?
しかも「よく聞き取れなかった」という証言も韓国自ら行ってます。
ですか、少なくとも無線電波は届いていたこと確実。
ここでどうして、呼びかけを繰り返さなかったのかなんて疑問がでることそのものが疑問です。

>・P-1からの呼びかけの英語が酷すぎる。(映像字幕では意訳や超訳をしているが、字幕と英語音声の乖離が大きい。)

ほら、ちゃんと音声が届いてる。
英語が酷いなんて話は主観に過ぎません。
十分であるという意見の方が多い思いますよ。

>・広開土大王はなぜ応答しなかったのか?(呼びかけと認識できなかった、忙しくてそれどころではなかったというのは、それ自体が大いに問題といえる。)

なんか必死にかばってますけど、答えになっていません。
で、牧田氏はこの疑問がでるという事は、無線は届いておりちゃんと聞き取れる状態ということを認めるわけですか?

 

 

この後は左翼お約束の政府批判。
さらっとみただけで飽きてしまったので、もう論評はしません。

で、このハーバービジネスって扶桑社なんですよね。
覚えてますよ。
ダム崩壊事故の時、必死に日本のせいと事実誤認も甚だしい酷い記事を記載していたメディアですよね。

https://hbol.jp/173229

ラオスダム決壊事故       韓国側の往生際の悪さが目立つ関連記事のまとめ

Pocket

「 「結局、日本が悪い」   左翼メディアのトンデモ記事【レーダー照射事件】」への3件の返信

  1. ブログ、興味深く読ませていただきました。
    数点ちょっと要望というか気になった点があります。
    こんな事を偉そうに書くべきではないとは思いますが、それらの点のせいで敬遠して読むのをやめちゃう人が出るのではないか、と個人的に危惧した点です。

    >なんせ、この画像は日本の公的機関が作ったもの。
    >テロップに明記されそれを世界にばらまいたんです。
    >嘘である訳がないでしょうが!!
    >もし、嘘をついていてそれが後でバレればそれこそ大問題です。

    この部分はどうなのでしょう?韓国側も同じく公的機関が作成しているわけで、向こうも同じように考えているかと思います。
    こういう記述は中立性がなく偏っているように見えてしまいかねないので、表現を変えるか判断材料をもう少し追記したほうが良いと思いました。

    >音声が消されるのは個人情報に当たるからでしょ?

    この部分はどうなんでしょうか。私は日本の主張を大枠で信じていますが、個人情報で消される、という点についてはちょっと疑問を感じました。
    詳細が明らかになるまでは可能性の提示に留めておき、断言まではしないほうが良いと思います。

    あと、左翼煽りのようなものもやめたほうが読者層が増えるのに、と残念に感じました。

    左翼陣営もだいぶ偏った考えのもとに色々書いておられるのでしょうが、
    だからこそそれに便乗せず記事を書いてくれれば嬉しいです。
    乱文失礼しましたm(_ _)m

    • 管理人です。
      あまり、返信はしない方ですが、貴重な意見ありがとうございます。
      正直、こういったコメントは非常に助かります。

      ご意見を参考にして今後に生かしていきたいと思います。
      今後ともご指導のほど宜しくお願い致します。

      • ご返信と、私の身勝手な要望を聞き入れてくださり大変感謝しております!

        正直言って叩かれるかも、とかなり覚悟していましたので、寛大に受け入れられとても嬉しく思いました!

        このブログの発展と読者数の増加を応援しております (^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...