朝日新聞「韓国政府、首脳会談を調整」、韓国「言ってないニダ」 韓国ニュース 

先日、朝日新聞からこのような記事が出されました。

金正恩氏のソウル訪問なるか 韓国政府、首脳会談を調整

https://www.asahi.com/articles/ASM1L5CMTM1LUHBI02F.html

これは北朝鮮金正恩の訪韓に関する記事です。
が、これに対し、韓国メディアからこんな記事が・・

中央日報の記事です。

日本メディア「韓、3〜4月にキム・ジョンウン答礼訪問」… 靑「議論されたことがない 」

政府が北朝鮮、金正恩国務委員長のソウル答礼訪問が来る3月末から4月中に推進される予定との日本のマスコミ報道について否定した。

先に朝日新聞は19日、韓国政府が3月末〜4月中、金総書記のソウル答礼訪問と4回南北首脳会談を推進中だと報道した。

朝日は「韓国は南北首脳会談で合意することができる経済協力実現のためには、北米関係の進展が必要だと判断した」とし「17日、国家安全保障会議(NSC)を開き、第二の北米サミットの開催を積極的に支援するとしたことを確認した」と説明した。

これに対してギムウイギョム大統領府報道官はこの日、記者団へのメッセージとして「推進されたことも議論されたこともない」と述べた。
ただし、ホワイトハウスが、第2次、北米首脳会談の開催日程を2月末と明らかにしたことで、金委員長の答礼訪問の推進にも今後のいい影響を与えるものと期待を集めている。

ムン・ジェイン大統領は10日、新年の記者会見で、金総書記の答礼訪問時期と関連して、「第2次北米サミットとも連動しているので、第2次、北米首脳会談が先に行われた後なら答礼訪問は、もう少しスムーズに進めるすることができる」とし「北朝鮮制裁の早期解決のために、米国など国際社会と協力する」と述べている。

今回予定されている第2次北米サミットで非核化とそれに伴う相応の措置において進展した合意をなされた場合、これを動力として、南北首脳が第四の出会いを推進することができるものと予想される。

 

正直、どっちもどっち。
どちらも全く信用できない相手。
まあ、仮にも一国の政府ですから、日本の三流左翼メディアよりほんの少しだけ信用できそう。
つまり、いつもの朝日新聞らしく、でっち上げでしょうね。
こんなゴシップばかりの記事を出し続けるこの新聞社が大手メディアというのも恥ずかしいばかり。
さっさと廃刊してほしいものです。

でも、この記事よく読むとところどころにムン大統領からの圧力を感じたりしてちょっと面白いです。

>「北朝鮮制裁の早期解決のために、米国など国際社会と協力する」と述べている。
これ私からみておかしいです。
制裁の早期解決?
ちがうでしょ、核廃棄を進めるこれが北朝鮮への制裁解除の条件。
これが全く進んでいない現時点で、制裁の早期解決?
それに核廃棄という部分がそっくり抜け落ちています。

>第2次北米サミットで非核化とそれに伴う相応の措置において進展した合意・・・

これどうみても非核化とそれに伴う制裁解除という意味だと思います。
つまり、これは北朝鮮が望む段階的というやつです。
でも、この段階的解除についてはアメリカ、日本など様々な国からダメ出しされ続けている事。
これを容認しているのは恐らくロシア、中国そして韓国くらいのもの。
これを期待しているのなら米朝会談は無駄な会談となるでしょう。

とはいえ、金正恩。
折れるとは思いませんけどね・・

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...