IHA「日本は韓国と協議をしろ、無視すれば東海表記にする」 韓国メディアの報道

韓国人が根拠なく騒ぎ立てる、日本海表記問題。
これ色々調べると、韓国が近年、突然騒ぎ始めた問題なんですよね。

まずは国内メディアの報道から

読売新聞の記事です。

日本海呼称「韓国と協議を」国際機関が強く要求

韓国が日本海の呼称に「東海」を併記するよう求めている問題を巡り、日本海の単独呼称が国際的に認知されている根拠のひとつである国際水路機関(IHO)の指針について、同機関が、改訂を望む韓国との協議を日本に要求していることがわかった。日本は併記につながりかねない改訂論議に消極的だったが、IHOは強い態度で迫っているといい、厳しい状況に追い込まれる恐れがある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00050075-yom-pol

以下略

 

すごく鬼気迫る感じがしますよね。
で、菅官房長官
TBSニュースの記事です。

日本海呼称でIHO“韓国と協議”要請、政府「確立した唯一の呼称」

「日本海」の呼称をめぐって、菅官房長官はIHO=国際水路機関から「東海(トンヘ)」との併記を求めている韓国側との非公式協議を要請されていることを明らかにしました。

 「日本海は国際的に確立した唯一の呼称であり、これを変更する必要性および根拠が無い」(菅 義偉 官房長官)

 菅長官は「非公式協議には建設的に貢献する」と述べる一方、「日本海は国際的に確立した唯一の呼称であり、変更する必要性や根拠は無い」と強調しました。

 

韓国メディア流でいいますと軽く一蹴ですね。
この記事で私が注目したのはこの部分

>非公式協議には建設的に貢献する
これ、恐らく協議?やってもいいよ。この際はっきりさせよう。まあ、無駄だと思うけど・・
私が思うに、IHOは「韓国ウザイ、黙らせろ」のニュアンスにしか感じ取れないんですよ。

この協議を公式でやるとなるとどう考えても平行線。
そうなるとどこかで「併記でいいんじゃない」と関係のない国がいいだすことは目に見えてます。
ですから、日本は協議要請を無視。

で、今回非公式の協議要請があったようです。
この要請の目的が気になるところですが、韓国側の要請に沿ったものであれば、ここまで秘密裏にせずかつ公式協議になると思うんですよね。
ですが、今回はここまで表に出さず、かつ非公式協議。
結局のところ「韓国ウザイから日本が黙らせてくれ」という協議にしか思えないんですよね。
個人的に・・
さて、これに関して韓国メディアはこう伝えています。

IHO「東海・日本海併記、韓国と議論しなければ日本海表記を抜く」

国際水路機関(IHO)が日本政府に「東海と日本海の併記問題に関し韓国と早く協議せよ」と、圧力かけているという記事が18日、日本の読売新聞が報じられた。

これはIHOの国際標準出版物である「海洋と海の境界」の改訂の議論が日本側の消極的な態度で遅々として進まないことによるものである。

過去2017年4月、モナコIHO本部で開かれた総会では「海洋と海の境界」を改正して、東海と日本海を併記しようという韓国側の要求が受け入れられた。

事務局が参加する中で、日本が改正を要求する韓国と北朝鮮など関係国との協議をしてその結果を事務局がまとめて3年後の2020年総会に報告するという方針が決定された。

読売新聞は「日本側がこれまでの協議継続消極的な姿を見せる2018年秋IHO事務局が「協議に応じなければ改正ではなく、最初から(「海洋と海の境界」出版物の)廃棄も検討する」は、強い圧力をかけてきた」と述べた。
場合によっては、「日本海」と表記自体を抜く可能性がある圧力に見える。

これに慌てた日本政府が韓国との協議に応じる方向で調整しているというものである。

IHO側読売の取材に「関係当社自国たちにとって非公式協議をするように促しているのは事実」、「敏感な問題であるため、2020年の総会まで一切の公式発表はない」と答えたという。

こうなると、日本としては困惑を招くしかない。

IHOの出版物「大洋と海の境界」は、これまで「日本海」という名称が世界で通用する根拠だったからである。

1929年初版から1953年に発行され現行版に至るまで、「Japan Sea」という表現が続けて用いられた。

韓国政府は1992年以降、国際社会に向けて」日本海という名称は、植民地支配の後に広がった呼称」と抗議を始めた。

ここに日本は「日本海という名称は19世紀から、国際的に書かれている」と対抗し葛藤が続いてきた。

つまり、「1953年以降一度もIHO出版物の改訂がなかったのは問題である」という、韓国側の主張が受け入れられ、事務局の参加の下に、関係国間の非公式協議体を構成し、協議の結果を3年後に総会に報告する」と過去の2017年の総会で採択された。

菅義偉官房長官は18日午後の定例ブリーフィングで、「IHOの責任あるメンバーとして非公式協議に建設的に貢献していく」と言いながらも「「日本海」表記が世界的に確立された唯一の呼称で、それを変更する必要性も根拠もないいくつかの機会を通じて説明している」と述べた。

河野太郎外相は「韓国との協議に応じるか」という記者の質問に「呼称に関しては(現在も)問題がないので、(協議する)必要がないと考えている」とした。

 

当時の記事とかを探してみたんですけど、よくわからないんですよね。
結局、とりあえず先送りしただけの感じ。

でも、併記を望んでいるのは韓国だけ。
ここで韓国側にそった方向で事が進むと、いろいろな分野でパニックは必至。
今の情勢を考えれば、韓国側に立てば必然的に日本を敵に回すことになります。
つまり、日本をとるか韓国をとるかの選択が迫られる訳で・・

結局、物別れで終了。
でしょうねぇ。

で・・
日本政府はなにをもたもたしている。
さっさと金融制裁を加えて韓国を黙らせろ
話して分かる相手ではない、完膚なきまで叩きのめす。
それが韓国との正しい付き合い方です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...