何をしたいのかわからないガンギョンファ外交部長官  【韓国メディアの社説】

先日、慰安婦問題を歴史に残すために国際会議を開くと息巻いていた。韓国ガンギョンファ外相。
よく考えると、このひとあれこれ打ち上げたりするんですけど、何一つうまくいっていない気がします。
それにこんな会議を開催したところで、影響を与えられる人物が集まってくれるとは思えないんですよね、
恐らく、いつものアメリカがここから離脱した人権委員会あたりでしょうけど、無意味でしょうねぇ。

中央日報の社説です。

頼りない外交部長官の言葉を変える記者会見

ガンギョンファ外交部長官が16日、新年の記者会見で「開城工団・金剛山(観光)の再開を、今、検討している時期ではない」と発言した。
カン長官は11日、国会で「現金が流入されない方法で、開城工業団地の問題を解く方法について研究する」として議論を呼んだ。
北朝鮮が非核化を適切に履行していない時点で迂回的な方法で対北朝鮮制裁網に穴を探すという事について批判が殺到したからだ。

そして、今回わずか五日後に言葉を変えた。
南北関係が進まずに焦った青瓦台は北朝鮮を意識して、開城工業団地開発を進めようとしたものの、米国と国際社会の指摘を受けて話を収めたではないかという点が懸念される。
開城工業団地と金剛山の再開は、北朝鮮に年間1億5000万ドルの現金を渡すという事になり、これは、北朝鮮が実質的な非核化に乗り出す前に決して行ってはならない対北朝鮮制裁網の中核を壊すことになる。

姜長官の言葉を変えることが不安なのは、四面楚歌の危機に陥った私たちの外交の現状とも直結している。
韓米関係は、在韓米軍6000人削減する可能性が大々的に取り上げられるほどの問題となっている。
中国はY-9偵察機が韓国防空識別区域(KADIZ)を頻繁に行き来して、我々を無視、日本も防衛白書で韓国を「最も重要な隣国」で表現してきた部分を抜いて捨て、いまや反韓一辺倒で論争を繰り広げている。
そして、政府がオールインしてきた南北関係も内実は取るに足りない。
北朝鮮の非核化は、1年間、ほぼ前進できずにいる。

「外交惨事」と言っても過言ではないこのような状況がもたらされたのには姜長官と外務省に大きな責任がある。
ところが、姜長官の対応を見ると、危機に直面する切迫感は全くみられず、青瓦台は北朝鮮の煽りに合わせるだけのアマチュアレベルの仕事だけが目に入ってくる、残念だ。
カン長官は今からでも、外交部の首長の責務を自覚し、大統領府に直言を惜しまない所信のある仕事の処理で国民の不安を軽減しなければならない。

 

うーーん・・
まあ、間違ってはいないと思うんですけど、これこの人だけの問題でしょうかねぇ。
そもそも、いまの韓国政府の中枢はムン大統領のしもべばかり。
このカン長官だって、ムン大統領同様に従北。
今の外交問題をこの人にだけぶつけたところで意味はありません。
しもべ、ですからご主人様に逆らう事なんてできる訳がありません。

韓国経済に陰りが見え始めた頃にクーデターによって誕生したのが今のムン大統領。
韓国人としては、流れを変えたいと思ってこの人を選んだのでしょう。
ですが、この人以前から、北の事しか考えていないといわれるほどの従北。
当然、やる事は北朝鮮とお話をして、世界を回って制裁の解除を訴える毎日。
それしかやりませんから、当然産業は衰退の一途。

そして、支持率が下がるつづけ今に至ります。
昨今の反日の激しさは韓国政権末期におこるいつものお約束。
でも、今回はこれまでとちょっと異なります。

これまでの反日行動は政権内部でストップがかかり崩壊していたのですが、今回はストップがまったくかかりません。
まあ、政権の中枢をムン大統領のしもべばかりにしているので、やりたい放題。
支持率向上の為、反日をやりまくります。

が・・
越えてはならない一線を越えてしまった為に日本は今度は簡単には譲歩する気はありません。
当然平行線をたどるでしょうから、結局のところ日本政府としては制裁を加えるという方向に向かわざるを得ない気がします。

もっとも、なにもしなくても徴用工判決を受けて日本資本の流出は確実に進んでいくでしょうから、いずれこの判決には高い代償を払うことになると私はおもってますけどね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...