韓国「頼みの半導体がこけて貿易赤字が発生!!」    韓国産業崩壊

人の不幸は蜜の味と申しますが、今日も韓国メディアではこんな記事で盛り上がっています。

 

トヨタ、エアバッグ欠陥北米で170万台リコール
フォード、欧州で何千人もの人員削減…グローバル車業界の構造調整の拡散

どちらも韓国内では親日といわれる朝鮮日報の記事(韓国語)ですが、私からみればこの朝鮮日報も大差は感じません。
あくまでも反日メディアそして・・・従北。
恐らく、これは文在寅政権の圧力の結果と私は見てるのですけどね。

何故、そう思うか?
それぞれのメディアにはコメント欄があるんです。
それらのコメントを見ると、私からみて「肯定できる」内容には賛成票が多く、逆のコメントには反対票が目立ちます。
私はこれを文在寅のメディアへの圧力とみてるんですよね。
あまりにも記事とコメントの内容が正反対過ぎる。

先日の文在寅のあいさつもおなじで、メディアでは政府寄りの記事になってますけど、コメントは全く逆。
文在寅を疑問視する、コメントであふれかえっています。

もっとも、私は韓国は大っ嫌いですが、一部のブログに見られるような、ウケるコメントだけを集めるようなことはしません。
あくまでも、客観的。
それが私のポリシーです。

前置きが長くなりましたが・・・
朝鮮日報の記事です。

1〜10日の輸出7.5%減、半導体27%急減… 1月の輸出、赤信号

世界的な需要が鈍化している半導体部門の輸出が急減し、1月の輸出戦線に赤信号が灯った。
今月1〜10日までの輸出が前年同期比7.5%(10億3000万ドル)減少し127億ドルとなった。
同期間の輸入も145億ドルで6.8%(10億6000万ドル)減少した。
その結果、貿易収支は18億ドルの赤字へと転落したのである。
年初からの貿易収支が赤字を示すという異例の状況が発生したのである。

関税庁は11日、こうした内容を盛り込んだ「2019年1月1〜10日、輸出入予測」を発表した。

1月の輸出を品目別にみると、半導体の輸出(21億2000万ドル)が前年同期比27.2%(7億9000万ドル)減少した。
半導体輸出が前年比8.3%減の昨年12月からの衝撃波が拡大している様子である。
別の主力品目である石油製品(8億2000万ドル)と船舶(5億8000万ドル)もそれぞれ3億ドル、2億5000万ドルの輸出額が減少した。

一方、自動車(7億ドル)の輸出額は前年同期比3億9000万ドル増加した。無線通信機器(6億ドル)は、1億1000万ドル、自動車部品(5億8000万ドル)は、1億ドルの輸出が増加した。
国別にみると、米国(36.6%)とEU(19.6%)、カナダ(99.5%)などは増加した一方、中国(-15.1%)、ベトナム(-5.5%)、日本(-1.0%)、中東(-40.0 %)などは減少した。

原油輸入は前年同期比5億4000万ドル減り、▲半導体製造用の装置(-5億3000万ドル)▲精密機器(-7000万ドル)▲自動車(-4000万ドル)などの輸入も減少した。一方、ガスと機械の輸入は、それぞれ3000万ドル、1000万ドル増えた。
中国(9.9%)やオーストラリア(25.5%)、ベトナム(15.2%)などで、前年同期比の収入をもっとしたが、中東(-14.4%)、アメリカ(-9.9%)、EU(-19.9%)、日本( -16.5%)などからの輸入は減少した。

産業通上部の関係者は、1〜10日の輸出急減について「最近、半導体や石油などの特定の品目の価格が急激に下落したことが輸出額の減少に影響を及ぼしたと見られるが、通常10〜20日までの輸出入動向を正確に知るにくく月末まで見守る」とし「半導体単価や原油価格の下落などは、すでにわかっている要因の為、各業種別に対策を講じている」と述べた。

 

簡単に言えば、半導体輸出の急減で貿易赤字が発生したという内容です。
私も、貿易赤字などはそれほどの問題とは思っていないのですけどね。
でも、この記事は韓国にとって致命的なダメージを表す記事に思えます。

韓国の産業といえば、ご存知のとおり、日本の技術をパクって隆盛を極めたもの。
でも、造船は苦し紛れの赤字受注を繰り返し、結果的にゾンビ産業と化しています。
そして、自動車。
これも、主力市場である、北米、中国でシェアを落とし続け、私個人の感覚ではもはや、ゾンビ産業寸前。

そう、今の韓国は半導体しかないのです。
この、半導体。
需要過多を理由に高値をつづけ、衝撃的と言っていい利益率50%以上をたたき出し続けていました。
が、アメリカに続き中国から「談合疑惑」を突き付けられ、その結果、今の状況になっています。
業績向上、そして今回の結果。
どう考えても、談合による爆益だったとしか思えません。

そして、その提訴にビビった結果が今回の数字なのでしょう。
もう、談合による爆益はサムソンには出せません。
当然、半導体頼みの韓国産業。
どう考えても、崩壊、近しなんですけどね。

で、文在寅の徹底した反日。
これは韓国特有の支持を得るための反日行動。
これをやり始めただけにすぎません。
あそらく、この政権も風前の灯火でしょう。

が、日本政府はそれに甘んじてはいけません。
「日本は何をしても許される」その韓国独自の感情を打ち消す必要があります。

断交上等の強い対応が日本政府には必要です。
これが次世代への贈り物になります。

日本は決して譲歩しない。

この強硬姿勢を貫いてほしいものです。
頼みますよ、安倍さん。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...