韓国「日韓協議で慰安婦問題を逆提案するニダ」    【強制徴用問題、韓国メディアの反応】

昨日、行われた日本政府からの協議要請に対し韓国側は受け入れるようです。
今回の協議は根本的に形式上。
あくまでも日本側は次のステップに移る為の協議のようにも思えます。
いずれにしても、韓国側の要求を受け入れる余地はないはずですが、過去の日本政府の対応を考えればこういった発想もでてくるのは致し方のないことかもしれません。

中央日報の記事です。

強制徴用協議という日本の要求に対し「慰安婦被害者も協議」逆提案するか

強制徴用被害者の損害賠償の問題をめぐり、日本が韓日請求権協定(1965年)上の「外交協議」を要請し、政府が対応策を検討している。
ここには、過去、韓国政府が要請したが、日本が拒否してきた慰安婦問題なども「外交協議」に出ては逆提案カードも含まれているものと10日伝えられた。
日本政府が要求された外交協議は請求権協定の附属書3条1項の規定によるものである。「締約国間の紛争は、まず外交上の経路を通じて解決する」となっている。

過去、韓国政府は、慰安婦被害者と原爆被害者賠償問題を議論するために、2011年9月と11月に、2013年6月、外交協議手続開始を要請した。
これらの問題は、韓国政府が韓日請求権協定で解決されていないものと見ている為である。
しかし、日本側から「65年請求権協定に基づいて解決された」との立場からこの両方を拒否した。

今回の場合、日本からの要求であるためにこれらを受け入れる可能性もある。
特に過去に日本政府が協議を拒否した慰安婦問題など韓国政府が有利に交渉のテーブルに上げる案が検討されているという。
和解・治癒財団解散などで「2015年韓日慰安婦合意」に関連後続の議論が必要な状況である。
ただし外交部当局者は「強制徴用や慰安婦問題は、それぞれの事案が非常に複雑であり簡単ではない。複数案を慎重に検討中」と話した。

外交方法で接点が見つからない場合、請求権協定附属書3条2項の仲裁委員会の手続きを日本が要請してくることもある。
これは第3国の仲裁委員を構成して仲裁手続に入ることになるものの、韓国が応じる可能性は高くない。

日本政府は10日、強制徴用問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴するための弁護士を選任するなど、実務手続きに突入した。
一部では、日本が韓国企業に対する関税の引き上げなど、経済的報復に出る可能性も出ている。
これに対して外交部の関係者は、「日本が文明国にふさわしい行動をとると思う」と語った。

 

これよく読むと面白いですね。
過去にこの問題で韓国側は協議を要請、その結果、日本側の拒否で完結していると書かれています。
つまり、これはもう終わった話であり、「65年請求権協定に基づいて解決された」ことを韓国も認めたことになると思うんですけど。

以前にコラムで韓国のおかしな文化の記事がありましたよね。
韓国ではたとえ決められた約束であったも時代が変わればそれを正すことができるなんて言ってましたよね。
それが正義というらしいのですが、それは相手が納得した上であれば約束内容の変更も可能でしょうけど。相手が納得していない場合はただの身勝手、正義では決してありません。それでも、一方的にやるのであれば約束を反故にすることになります。
まあ、今回のその一環でしょう。

慰安婦問題をなんて言ってますけど、こんなもの受け入れる訳がありません。
これも日韓合意で終わった事、それに韓国だっていってたじゃありませんか「破棄はしない」と
だから、こんなの持ち出しても門前払いでしょう。

で、今回の協議、恐らく日本側もまとまるなんて思っていないと思います。
韓国側はこれまで同様の主張を繰り返すだけでしょう。
そして、日本側の譲歩を迫るでしょう。
が、今回は日本世論が背景にありその中には「譲歩は許さない」という意見が大半をしめます。
しかも、友好関係などどうでもいいという風潮が強いので、日本側の譲歩はまずないと思います。
当然結局、平行線で終わり。

となると次は第三者。
記事では受け入れることはないように書かれてますけど、どうでしょうか?
私は受け入れる可能性はあると思います

うっとおしい反日世論を黙らせるいい機会です。
この対応で文在寅の本音がわかるかも知れません。

記事の最後
一部では、日本が韓国企業に対する関税の引き上げなど、経済的報復に出る可能性も出ている。
これに対して外交部の関係者は、「日本が文明国にふさわしい行動をとると思う」と語った。

大丈夫です、日本は文明国らしく制裁処置をとってくれると思います。
日韓友好?
寝言は寝て言ってください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...