韓国、反論映像を公開    【レーダー照射問題】韓国メディアの報道

ついに韓国が反論動画を公開しました。

中央日報の記事です。

「日哨戒機150m位まで接近脅威」韓国も映像で反撃

国防部が4日、広開土大王艦(DDH・3800t)の日本哨戒機照準論議に「事件」発生当時の映像を公開し反撃した。
先月20日、北朝鮮の漁船構造の過程で稼働したレーダーに対し日本側が安倍晋三首相まで出てきて自国のP-1哨戒機を脅かす行為をしたという世論のが高まりの対抗に出たのである。

国防部はこの日午後2時、YouTubeに「日本の海上哨戒機低空脅威飛行と虚偽の主張に対する大韓民国国防部の立場」というタイトルの映像を記録した。
4分26秒の動画には、広開土大王艦が日本哨戒機にレーダーを照準しておらず、むしろ日本哨戒機が脅威的な低空飛行をしたという内容が主をなしている。

最初の画面には「日本は人道主義的構造作戦妨害行為を謝罪し、事実の歪曲を直ちに中断せよ」という字幕が出た後、昨年12月28日チェヒョンス国防部スポークスマンの公式ブリーフィング、そして同月20日、韓国海洋警察が撮影した当時の映像が続く。
以後「日本哨戒機はなぜ人道的救出作戦の現場で低空脅威飛行をしましたか」といった呼びかけ。
救助活動のサポートしていどころか、低空飛行をし、脅威を与えているという趣旨だ。

画面は、日本哨戒機が韓国海軍と海洋警察の救助活動を撮影した映像に切り替えて、日本も救助の状況を認知していたという点を強調している。
国防部は、字幕を通じて「日本哨戒機は、広開土大王艦に高度150m位、距離500mまで接近した」とし「乗組員が騒音と振動を強く感じるほど脅威だった」と指摘した。

国防部はまた、「日本が国際法を遵守したと主張しているが、果たしてそれは事実なのでしょうか?」と尋ね、日本側が主張した国際民間航空機関(ICAO)の高度150m以下の時計飛行禁止の規定は、軍用機ではなく、民間機に適用される規定と反論した。
日本が国際法を恣意的に歪曲して解釈したというものである。

射撃統制追跡レーダー(STIR)を動作していない点も明らかにした。
日本の哨戒機で撮影した映像には、「もし広開土大王艦が日本哨戒機に向かって追跡レーダーを作動した場合、日本哨戒機は、すぐに離脱をすべきだった」とし「しかし、広開土大王艦に向かって再びアクセスする常識外の行動を見せた。なぜそうしたのか答えなければならない」は、字幕を浮かべた。ユーチューブ動画を通じて公開することで、日本側を圧迫したものである。

チェヒョンススポークスマンはこの日の記者会見で、「動画公開は、日本が一方的に動き、英語版の映像を公開して歪曲された事実が全世界のネチズンに広がることを防ぎ、より正確な事実関係を知らせることが目的」と説明した。
続いて「まず、この映像をYouTubeに掲載後、英語など各国の言語に翻訳して持続していて提供する予定」とし「日本はもはや事実を歪曲する行為を中断して、人道的救助活動していた私たちに脅威的な低空飛行をした行為について謝罪しなければならない」と強調した。

国防部の今回の映像公開は、これまでの対応を示唆したものと解釈される。
今回の件で最初、国防部は、日本と協議を強調したが、日本が昨年12月28日、防衛省のホームページとユーチューブに「韓国海軍艦艇による火器(火器)管制レーダーの照射事案」というタイトルの13分の7秒の日本語版の映像を上げたことで、状況が変わったということである。
この日本側映像は50万ヒットを記録し、全世界の世論戦でも優位を見せていることから、国防部は同月31日から反論映像の製作に入った。
しかし、国防部が事件発生後、半月たった後で映像で対応しても、初期対応に問題があり後の祭り対応との指摘もある。

 

出てきましたね。反論映像。
じーっと見てましたが私の想定の域をでていません。

肝心の接近飛行の場面(アイキャッチ画像)、さてこれのどこが接近?
一体どれくらいの距離だったのでしょう?
これこそまさに証拠にならないといっていい画像。
それに、私にはもっと離れた位置を飛行しているように思いますが?

それと「150mは民間基準であり、軍用機には適用されない」と必死に協調しますが、それなら軍用機はどれくらいなのでしょう?
それもはっきり言わず、いかにもな言い方でごまかしています。

あとは無線が聞き取りにくいとか言ってましたけど、「発音が悪くて聞き間違えた」なんて言ってませんでしたか?
いずれにしても、二転三転する説明、しかも韓国の軍艦には国籍を表す旗すら立てていない。
この辺りをどう説明するつもりですしょうね。

日本側も曖昧な対応をしないようお願いします。
もし、そのような対応を取ろうものなら韓国側はいつもの様にしつこくロビー活動を行い、事実を捻じ曲げていくでしょう。
断固たる対応に期待します。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...