価値観を共有できない国   韓国メディアの社説

これは韓国人がよく言ってることです。
日本人からみれば、非常識な思考。

中央日報の記事です。

【グローバルアイ】約束を守る国、正義が重要な国

昨年10月、日本の福岡で開かれた駅伝大会で不思議に思う場面があった。
ランニング中に片方の足を骨折した19歳の女子選手は、走ることができないことを悟ると、残りの区間300 mを膝ではって歩き始めたのである。

アスファルトの路面を血だらけになって進む選手の姿は、全国に生中継された。
責任感が血まみれである彼女を走らせたが、記者の目には、引き受けた区間だけは最善を尽くすという事ではなく、「約束」を守るた無謀な挑戦にしか見えなかった。
同時に、日本人にとって「約束」とは、膝が壊れても守るべき「怖いもの」ということをぼんやりと感じさせる事件でもあった。

新年早々安倍晋三首相は「ルールを守る国」を強調した。
新春対談ラジオ番組に出演して韓国を「ルールを守らない国」と発言した。
司会者が「日本はルールを守る国なのに、ルールを守らない国と付き合う事は難しいようだ」と笑いを浮かべて発言、それに対し安倍首相は「ルールを守らない国は、いずれ(国際的な)の評判が悪くなって、必ず経済的にマイナスになる」と述べた。
これは韓国最高裁の強制徴用賠償判決を狙った質問と回答であった。

最近、会った韓国の問題担当外交官は韓国と日本の認識の差を説明し、「韓国語の「正しい」という表現を日本語で表現するのが最も困難である」と告白した。「正しい」が「正しい(ただしい)」という単語のみでは説明ができないという話だった。

日本人にとって「正しい」は、定められた基準のままにすることをいう。
合意や約束があればそれに準ずるのが「正しい方法」である。

しかし、韓国で通用する「正しい」の意味は、時代に応じて異なった形で受け入れられる。
「その時は問題がなかったが、今では間違ったこと」これを正すことが「正しい」という意味で使用される。
これは韓日慰安婦合意や最高裁判所の強制徴用賠償判決がそうだ。
「歴史を正す」は日本語にない言葉である、「歴史を再確立する(立て直す)」としか翻訳できない。

奥花園秀樹静岡県立教授は韓日間のこのような差を「重要視する価値が違うから」と説明する。
日本は約束を守ることが重要な国であるのに対し、韓国は正義を重要視する国という説明だ。

これだけ違うのだから、お互いの違いを理解して隙間を狭める努力も必要、しかし、そのような試みはうまくいっていないので心配だ。
韓日関係は、傍観論こそ最も警戒すべき対象である。
「韓日関係がいつか頃は良かったのか。 ちょっとくらい悪くてもかまわない」式の認識はむしろ外交をしないという言葉に聞こえる。
新年には顕著な相互努力が見える一年だったら良いだろう。

 

法の不遡及という言葉があります。
これは、法令が発令された場合、施行時以前には遡って適用されないという大原則。
これがないと、例えば今、禁酒法が発令されそれが遡って適用されるなんてことになったら大変。
恐らく日本の人口の半分以上は犯罪者になってしまうでしょう。

ところが韓国は法の不遡及の原則が守られず平気で遡って適用されるんです。
韓国の大統領全員が逮捕されるのもこの影響。
逮捕するために突然、法令をつくりそれを使って逮捕したりするんです。
無茶苦茶ですよね。

記事にはこれをこう書いています。
>韓国で通用する「正しい」の意味は、時代に応じて異なった形で受け入れられる。
「その時は問題がなかったが、今では間違ったこと」これを正すことが「正しい」という意味で使用される。

つまり、韓国では決めごとはその場その場でコロコロと変わってしまう、変えてもいいと思ってるんです。
時代がどうとかいって、きれいごとを言ってますけど、これは単に「自分の都合」だけで変えてしまうという事。
だから、何度でも終わった問題を蒸し返すんです。

しかも、彼らはこれが文化であり正しいと信じて疑いません。
もちろん、そんなの世界では通用しません。
二度の通貨危機を味わい、更に今あちこちで信用を失い、産業が衰退しつつあるのが韓国。
この韓国が持つ異常な価値観こそ一番正す必要があるんじゃないですかねぇ。

まあ、無理でしょうけど。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...