反論画像の予想される内容    韓国メディアの記事から 【レーダー照射問題】

いろいろなメディアにも書かれている、韓国の反論映像。
韓国メディアで韓国国防部からの予告が見つかりました。

総合ニュースの記事です。

レーダー問題はすでに激化の様相 「 電磁波・近接飛行の意図の有無、平行線」

日韓の国防当局のレーダー照射問題が新年に入って第2ラウンドの局面に突入した。

国防部は、日本政府のレーダー関連の主張に対する反論映像を制作中で、完成後、すぐに国防部のインターネットホームページとユーチューブなどに掲載する予定。

日本の防衛省は先月28日、P-1哨戒機が撮影した映像を公開した、これにより、両国の国防当局のレーダー照射問題が「映像」を通じた攻防に拡大されている雰囲気だ。

チェヒョンス国防総省報道官は3日、「(日本のレーダーと関連した主張に反論する)映像制作の作業がまもなく終わる予定」とし「準備がされ次第、公開を予定」と明らかにした。

彼は映像を通じて「(今回の映像は)日本が既存の公開した映像に含まれている問題と私たちは把握した問題について説明する」と述べた。

国防部は、日本の主張の不当性と私たちの政府の主張を盛り込んだもので、ハングル映像を先に製作し、その後、英語字幕で翻訳した映像も上げることが分かった。

軍関係者は、「韓日両国の国民だけでなく、他の国でも日本の主張の不当性を理解できるように、英語の字幕を処理することを検討している」と述べた。

国防部は、制作中の映像を通じて、当時、私たち広開土大王艦は追跡レーダー(STIR)を稼動したが、日本の哨戒機に向けてレーダーの電磁波を撮影なかったと主張、その上で日本哨戒機が脅威飛行をし救助活動を妨害したという内容を集中的に取り上げた内容であることが分かった。

公開後、2週間たったが両国の対立はますます激化の様相をもたらしている。

日本が最初に問題を提起した韓国側のレーダー照射と韓国側が問題視する日本の哨戒機の低空飛行と関連して、一方は相手に「意図」があったと主張し、他方では意図がなかったと反論している。

会話に即した客観的事実関係の究明を介して問題の原因を明らかにし、再発防止の論議が行われていない状況で、相手の「意図」の有無について「場外攻防」が加熱されている状況である。

まず、日本側は先月20日、東海大和堆漁場近くの海上で、私たち広開土大王艦が遭難した北朝鮮漁船を見つけるために探索レーダー(MW08)を稼動したことと関連し、2週目の葛藤を煽っている。

韓国軍は、当時の日本の海上自衛隊P-1哨戒機が接近すると、これ識別しようとIFF(敵味方識別装置)と光学追跡装置(EOTS)を日本哨戒機に向かって回した
熱感知方式で映像を撮ることができる光学機器は、STIRと付いており、光学機器の電源を入れる追跡レーダーも帰って行くようになっている。
決して日本の哨戒機をレーダーで威嚇するつもりはなかったというのが韓国の立場である。

それでも、日本側はこの説明を聞かず火器管制レーダー(射撃統制レーダー)を稼動して哨戒機に向かって電磁波を照射した私たちの側に対し再発防止と謝罪を要求している。

これに対抗し、韓国軍関係者は先月28日、防衛省が公開した画像を綿密に分析した結果、日本の哨戒機が、私たち広開土大王艦150m上空で威嚇飛行したとして、これ救助活動を妨害する非紳士的な行動だと指摘している。

特に当時の日本哨戒機が韓国広開土大王艦が浸水している北朝鮮船舶の救助活動を非常に緊迫に進行していることを知りながら、意図的に低空脅威飛行をしたのは、救助活動を妨害することで、国際慣例を無視した非紳士的な行動だと批判している。

合同参謀関係者は「当時広開土大王艦でレーダーLock-On(武器使用可能な状態のレーダー操作)など自衛権的措置をすることもあったが、敵味方識別装置と光学機器で友好国である日本の海上哨戒機であることを確認した後、光学機器を利用して監視活動を継続的に実施した」と主張した。

これに対して、日本側の佐藤正久(佐藤正久)外務副大臣日ツイッターで「航空法など禁止された飛行パターンは低空で(トラップなどの)真上を通過する飛行、急降下飛行、船が向かう進路へのフライト、近距離の前方横断飛行など」とし「(先月20日、当時)哨戒機は、駆逐艦から水平に約500m離れており、高度も150m以上を維持しておりICAO(国際民間航空機関)にも、航空法にも適合している」と主張した。

国際的な規制に立脚した飛行で、「脅威」はなかったと主張している。

しかし、韓国軍は、日本がICAOの規定を取り上げ、当時の低空飛行が正当だと主張したことに対しても反論している。

ICAOが定めた国際民間航空安全協定(ANNEX2 Chapter4 Visual fligt rules)は、 150m以下の低空飛行を禁止している、そして今回、日本の哨戒機が150m以内で低空飛行をしていないというのが日本の主張だが、軍用機の近接飛行は安全保障の問題として、民間航空機のそれとは次元が違うというが専門家たちの指摘だ。

 

以上です。
また話が変わってますよね。
最初はレーダー照射はしたが哨戒機を狙ったものではないと言っていたと思います。
そして、次は照射はしていないと言い張り、そして今度は「レーダーを使ったが・・」とまた言い分が変わっています。

そして、その照射の理由は北の漁船捜索の為・・
って、日本が公開した映像をみればすぐに分かりますが、北の漁船は目の前にいますし、救助船らしき船舶も映像にしっかりと残っています。
レーダー照射が行われたのはその直後、あり得ませんよね。

で、次に韓国側が必死に言い張る低空飛行。
これも画像をみれば分かりますが、哨戒機がその場を離れ更に上空から映像を撮り始めた時点で一回目の照射が行われています。
そして、二度目はさらに離れた状況で・・・
そして、何より韓国側はこれまで何一つ、哨戒機のどの状態が低空飛行にあたり脅威だったのか?
これを示す、具体的な話がありません。あるのは日本側の映像をみてあれこれ言っているだけ。
正直、話にもなりません。
そこで、日本側はその証拠をだせと言ってる訳ですが、恐らく韓国はなにも出さず、これまで通りただ言い張るだけでしょうね。
今回、韓国側からどういった映像が出てくるのか気になりますが、この映像には肝心の哨戒機は写っていないという情報があります。
哨戒機の画像すらない状況で、どうやってその接近飛行を証明するつもりなんでしょうね?
結局、お得意のロビー活動で誤魔化すつもりなんでしょうけど、今回は流石に苦しいんじゃないでしょうかね。

でも、これは発生時、日本側からの呼びかけに対し韓国側がその時点で「すまん、勘違いで照射しちゃった」
たったこれだけで終わる内容だと私は思うんですよね。
でも、それが出来ない韓国。
何故でしょうかねぇ??
揉めれば揉めるほど疑われて藪蛇だとおもうんですけどねぇ。

映像に期待しましょう。

Pocket

「反論画像の予想される内容    韓国メディアの記事から 【レーダー照射問題】」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...