サムスン重工業、ナイジェリア海洋プラント完成!   【韓国経済崩壊ニュース】

朝鮮日報を見るとこんな記事が出ていました。

サムスン重、世界最大規模の海洋プラント、原油生産に成功

サムスン重工業は、先月29日(現地時間)、世界最大規模のエッジやFPSO(浮体式石油生産・貯蔵・荷役設備)が海上試運転を終えて最初の原油生産に成功したと3日明らかにした。

このプラントは三星重工業が2013年にナイジェリアで受注した海洋プロジェクトだ。
サムスン重工業は、8月の現地生産の規定に基づいて、ナイジェリア現地生産拠点でエッジやFPSOのモジュール製作と搭載を終えこれを出航させた。
出港4ヶ月後、海上での試運転までを実施し異常もなくこれを完了させた。
これにより、計画された期間内ですべての工程を完了したものである。

サムスン重工業が設計と購買、生産、輸送、試運転などを総括するターンキー方式で受注したこのプロジェクトの契約金額は約34億ドルでFPSO史上最大の受注金額である。

ナイジェリアの沿岸で150Km離れたエッジや海上油田に投入されるFPSOは長さ330m、幅61m、高さ34mのサイズで保存容量が230万バレルに上部プラント(Topside)重量のみ6万トンに達する超大型海洋設備だ。
このプラントによって、今後、ナイジェリアの原油生産量の10%水準である、最大20万バレルの原油を生産する予定である。

サムスン重工業の関係者は、「エッジやFPSOの最初の原油生産は、サムスン重工業が設計から現地生産、試運転まですべての工程を最高レベルの安全性と品質で完了したことを意味する」と「超大型FPSOのターンキー工事遂行能力を証明することで、今後の西アフリカ地域で発注予定の海洋プロジェクト受注に有利な位置を先取りした」と強調した。

 

海洋プラントといえば、韓国造船をゾンビ産業化させた大赤字の原因。
当然、このプラントがどうだったかといえば、こんな記事を見付けました。

 

韓国造船ビッグ3、海洋プラントで損失…1年半で7兆5000億ウォン赤字(要点のみ抜粋)

サムスン重工業の関係者は「海洋プロジェクト経験および力不足で追加の工程遅延が発生し、その結果、損失幅がさらに膨らんだ」とし「生産初期段階や生産着手前のプロジェクトで予想されるすべてのリスクを出して反映した」と述べた。特に2013年に30億ドルで受注したナイジェリア・エジナの浮体式石油生産・貯蔵・積出設備(FPSO)事業など大型プロジェクトの工程が遅れ、損失が発生したという。
https://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=203837

 

「計画された期間内ですべての工程を完了」なんて書いてますけどこれは大嘘。
工事は遅れに遅れ、その影響で大きな損失が発生しています。

でも、韓国メディアってそういう部分は決して書かないんですよね。
都合のいい部分だけを拡大解釈し都合の悪い部分は無視、いかにも韓国人らしい部分です。
そうそう、このプラント受注時の記事もありました。

 

2013/06/21
<韓国経済>サムスン重工業・ナイジェリアから大型FPSO受注

サムスン重工業がナイジェリアから30億ドル規模の超大型FPSO(浮体式石油生産・貯蔵・積出設備)の受注に成功した。当初、受注が有力視された現代重工業を土壇場で制した。サムスン側の徹底した「現地化戦略」が功を奏し、両社の明暗を分けた。
<中略>
予想通り、トタルは昨年上半期(1~6月)の段階で「現代を交渉対象者に選ぼう」と油田事業承認権を持つナイジェリア国営石油公社に提案していた。だが、本契約が延び延びになる中、雰囲気が変わってきた。同公社とナイジェリア政府までがサムスン側に傾き始めた。サムスンの「現地化戦略」がナイジェリア政府を動かしたのである。

 サムスン重工業はナイジェリア企業と合弁で現地に生産拠点を構築し、FPSOの上部部分をそこで製作すると提案した。また、現地企業から必要な部品と設備を購入する計画を明らかにした。ナイジェリア政府としては当然、生産と雇用効果が大きいことに好感した。

 サムスン重工業関係者は「職員が製作能力を備えた現地パートナーを探すため、銃声が飛び交う紛争地域まで直接訪れる姿に、ナイジェリアの政府官僚たちが感銘を受けたようだ」と語った。サムスンは、世界のドリルシップ占有率1位の海洋プラント競争力を備えている点も強調し、積極的に売り込んだ。

 ナイジェリア政府は今年初めサムスンを選ぶ方針を決めた。これを聞いたトタルは「技術検証を受けた最低価格入札者の現代にすべきだ」と反対した。しかし、ナイジェリア政府は最終的にサムスンの手をあげた。

 造船業界関係者は「トタルは事業パートナーの現代重工業を最後まで推したが、事業承認権を持つ政府決定を覆せなかった」と語った。

 朴大永(パク・デヨン)・サムスン重工業社長は「最高の技術力を土台に海上プラント市場をリードしていく」と語った。同社は今月だけで、英国の石油掘削企業のエンスコから掘削船1隻(5億1500万㌦)、ノルウェーの石油・ガス大手スタトイルからジャッキアップ・リグ(大陸棚の油田開発用の掘削装置)2基(13億㌦)も受注しており、年初からの受注額は78億㌦にのぼる。年間受注目標は130億㌦。
http://www.toyo-keizai.co.jp/news/economy/2013/post_5352.php

 

この時、最後まで争ったのは同じ韓国の現代重工業。
入札そのものは現代のほうが安かったそうですが、サムスンに決定したようです。
そして、この後韓国では造船業の大赤字が発覚。
そして、ゾンビ化しました。

この入札も同じ韓国同士で争ったようですから、共に赤字で入札をやりあったのでしょう。
そんなことやられると他の国は太刀打ちできませんよねぇ。

まあ、最近は相次いで受注に失敗しているのが韓国の海洋プラント。
つまり、採算割れレベルの激安でしか受注できない。
それが韓国造船の実力なのでしょう。

 

追伸:冒頭の画像、記念写真ですが韓国人らしき姿が見当たらないんですけど・・・

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...