「許せない!!」  大韓航空 機内地図に日本海表記  韓国メディアの報道

しつこい。
とにかくしつこい。

イーデイリーの記事です。

大韓航空、機内地図で東海を「日本海」と表記

国籍航空会社である大韓航空が機内で乗客が見ることができる地図に東海を「日本海」と表記したことが明らかになった。

30日大韓航空はB787-9航空機に搭載された最先端のオンデマンドオーディオ・ビデオシステム(AVOD)に東海が日本海と表記された立体(3D)マップをサービスした。

該当機種は、昨年3月に大韓航空が国内で初めて導入したボーイング社の787-9で別名 ‘夢の航空機「ドリームライナー(Dream liner)と呼ばれる次世代の航空機だ。

最近、スペインのバルセロナから出発して仁川に到着するKE916便3D地図で東海が日本海と表記されたことが確認された。
サービス言語を英語に選択すると、「East Sea(東海)」ではなく「Sea of​​ Japan(日本海)」と表記されていた。

これは大韓航空に機内3Dマップを提供する製作会社が東海を日本海と表記した地図を連動して使用したことによるものと把握された。
大韓航空は最近の更新の過程でエラーがあったことが報告さ修正作業を進めている。

大韓航空の関係者は、「大韓航空で使用するすべてのマップは、導入段階から「東海(East sea)」と表記して使用している」とし「今回の件は、エラーのため未修正バージョンが更新されたとみられ、早速修正する予定 」と釈明した。

当初の航空は機種ごとに提供する地図の種類とシステムが異なり、正確にどの程度の規模で東海を日本海とするしていることを把握していなかった。 大韓航空が保有する旅客機は143台で、全世界40カ国以上、120以上の都市に就航している。

大韓航空の関係者は、「最近、データの更新を進行した機体を調べたところ、過去27日から更新されたB787-9航空機7台でのみエラーが発生していることを最終確認した」とし「他の機種には問題がない」と説明した。

過去にも大韓航空は、自社のホームページの地図サービスに東海を日本海と表記して批判を受けた。
2012年には問題の多いグローバルサイトのGoogleマップを連動して使用したことによるものと把握された。

「太極マーク」をつけて、全世界を駆け巡る国籍航空会社である大韓航空が歴史意識にうといという非難を受けている。

韓国広報専門家のソ・ギョンドク誠信女子大教授は「大韓航空は「コリアン」という看板をつけて世界を駆け巡るグローバル航空会社」と「責任感を持たなければならない」と批判した。

 

ほんとしつこいですよね。
機体はアメリカボーイングなのですから、そこからもらったデータは当然「日本海」表記されているのは当然。
多分、それをいちいち改修してつかっているのでしょう。

まあ、国内問題ですから自由にやってもらっていいのですけど、改めて韓国人はわかる必要があります。
日本海を東海と呼ぶのは韓国だけであると。

そして、併記を希望しているようですが、昨今の情勢の変化に気が付きませんか?
壁画でしたっけ?
一端は撤去としたもののそれが白紙になったのは。
https://www.recordchina.co.jp/b654848-s0-c30-d0059.html

もう、韓国人の言いがかりには世界がうんざりしてきているんじゃないですかねぇ。
まあ、レーダー照射も韓国の味方になってくれそうな国はなさそうですしねぇ。

ま!勝手にやっててください。
でも、東海併記なんて夢みちゃだめですよ。
相手にされないでしょうからね。

ソ・ギョンドク

Pocket

「「許せない!!」  大韓航空 機内地図に日本海表記  韓国メディアの報道」への1件の返信

  1. 週末に新大久保に行って来たらやたらと韓国人が多かった。
    火器管制レーダー照射事件で日本を叩いている癖してよくもまあ抜け抜けと日本に遊びに来られたな・・と。 

    では管理人さま、よいお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...