防衛省関係者「全ての人が納得できるわけではない」 韓国メディアの報道 【レーダー照射問題】

一向に収まる気配のないレーダー照射問題。
今更、何を言おうがどうでもいいんですけどね。

中央日報の記事です。

安倍に反発?日本防衛省「映像、誰も説得可能なのはない」と告白

日本政府の一方的な映像公開に韓日両国間の葛藤が拡大しているいわゆる「レーザー照準問題」と関連して、過去28日の映像公開についてブリーフィングした日本防衛省関係者が「映像がすべての人を納得させることができるわけではない」という趣旨の発言をしたことが30日、確認された。

これは韓日両国の関係に詳しい東京消息筋の伝言を総合した結果である。

消息筋によると、関連記者会見は28日午後5時、日本政府が関連映像を公開した直後、防衛省で行われた。

ところが、ブリーフィングを主導した統合幕僚監部(私たちの合同参謀本部に該当)の関係者は、今回「私たちは、この映像が日本の主張を一定の範囲は、一定程度サポートできる内容だと思う」と言いながらも「一方ではこの映像では、すべてが決定されるか、すべての人々を説得することができるわけではないという前提の下で映像を見たら良いだろう」という趣旨の発言をした。
続いて「そのため、両国間の協議は継続しなければならないと思う」との発言もしたという。

一言で言えば映像だけでは「韓国駆逐艦が日本哨戒機に向かって火器管制レーダーを照準した」ということを十分に裏付けるするのは難しいことを自ら告白したわけだ

「映像は韓国側がレーダーを向ける証拠に、映像を見ると、レーダー照準事実を確認することができる」は、日本政府の公式的な立場とも距離がある。

防衛省関係者から、それもブリーフィングの両方に、このような異例の発言が出ると参加者たちも会場がざわざわしたという。

だから「すべてのことが決定されないが、すべての人を納得させることができるではないという発言は一体何を意味するのか」、「韓国側が映像を見ても納得するのは難しいことを意味なのか、それでも公開する理由は何か」という質問が吐き出したと消息筋は伝えた。

このような質問に対して、防衛省の関係者は「具体的に映像のどの部分に問題があるという意味ではなく、韓国との見解の違いが現時点で縮まらないため継続協議が必要であるだろう」というように曖昧な発言をしているのである。

注目されるのは、この日岩屋毅防衛相をはじめとする防衛省の内部には「韓国との対立をさらに触発させる恐れがある」と映像公開に反対したが、安倍晋三(安倍晋三)首相と首相官邸が公開に圧力をかけたという日本のマスコミの報道だ。

これは「このため、映像がすべての人を説得することができるわけではない」というブリーフィングで、防衛省が映像公開の内部の不満を表出したものではないかという分析も出ている。

 

全ての人が納得できる映像ではない。と関係者が発言したと大々的に報道してますけどね。
そりゃそうでしょ、全ての人が納得することなんて稀でしょうから。
ましてや、最初から納得する気のない韓国側をなんて考えてはいないでしょう。
今回の映像公開はむしろ韓国以外日本国民を始め世界の人々の大半が理解できればいい。
そういった趣旨の映像公開だったはずです。

でも、この記事はこう解釈します。
こういった発言があるという事は証拠能力の不足を認めたものだと・・
なんなんですかねぇ。
まさに韓国ならではの理解の仕方。
都合のいい部分だけを拡大解釈し都合の悪い部分は無視。

世界はもはや気が付いているんです。
韓国側の説明がコロコロ変わっていること。
そして数々の矛盾点に

ところでこういった内容の報道ありましたっけ?
私もいろいろ調べましたけど、見当たらないんですよねぇ。
それに頻繁に現れる防衛相関係者って??
>これは韓日両国の関係に詳しい東京消息筋の伝言を総合した結果である。
という文章があることからこれは多分妄言、でっち上げだと私は思うんですけどね。

確かに「韓国との対立をさらに触発させる恐れがある」と映像公開に反対したという報道はなされました。
いまだに日韓関係の悪化を気にする勢力は日本には存在します。
特に左翼メディアは常に韓国よりの発言をします。
たぶん、メディアそのものがこういった勢力に支配されているから、こういった日韓関係に配慮すべきという発言が飛び出すのでしょう。

ですが、結局公開に踏み切った。
結局、日本の世論はもはや日韓関係などどうでもいいのです。
今、日韓友好なんて言い出そうものならたちまち袋叩きにあってしまう。
これが今の日本なのです。

この点を韓国はいい加減に理解するべきでは?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...