韓国国防部「あんなものは証拠にならない」と全否定 韓国艦レーダー照射映像を公開   焦点ずれてる韓国軍の反応

いくら言っても認めようとしない韓国軍のレーダー照射。
そもそも、この件については韓国側のいってることが変わってきている時点でおかしいのです。
にも、関わらず逆切れしたり、証拠をだせと言ってみたり・・

そこでついに自衛隊が映像を公開しました。
どんな反応をするかとみてみると・・・
中央日報の記事です。

国防部、日哨戒機の撮影映像公開に「日哨戒機が脅威飛行」

国防部は28日、日本の防衛省が自国P-1海上哨戒機が撮影した映像を公開したことについて「深い憂慮と遺憾を表明する」と述べた。

チェヒョンス国防部スポークスマンはこの日、国防部の立場として「広開土大王艦は(遭難北朝鮮船舶の)通常の救助活動中であり、韓国軍が日本哨戒機への追跡レーダー(STIR)を運用していなかったという事実に変わりはない」と述べた。

公開した映像資料は、単に仕事で哨戒機が海上で旋回する場面とパイロットの会話シーンだけ含まれている。
一般常識的な側面から追跡レーダーであるという日本側の主張の客観的な証拠として見ることができないというのが、国防部の立場である。

チェスポークスマンは、「韓日当事者間で早急協議を通じて相互誤解を払拭し、国防分野の協力関係の発展を模索しようという趣旨で、実務会議を開催した、わずか一日後に日本側が映像資料を公開したことについて深い懸念と残念を表明している」と述べた。

続いて「重ねて強調したように、広開土大王艦は通常の救助活動中であり、韓国軍が日本哨戒機の追跡レーダー(STIR)を運用していなかった」という事実は変わらない」とし「むしろ人道的救助活動に集中していた私たちに日本哨戒機が低空脅威飛行をしたのは、友好国として非常に残念なことだ」と指摘した。

チェスポークスマンは、「今回日本側が公開した映像資料は、単に仕事哨戒機が海上で旋回する場面とパイロットの会話シーンだけが入れられたもので、一般常識的な側面から追跡レーダーを使用したという日本側の主張への客観的な証拠として見ることができない」と述べた。

彼は「韓国軍は昨日実施されたビデオ会議で、私たちの軍艦が追跡レーダーを照射しなかったという分析結果を十分に説明しており、日本側へは主張を裏付けることができる具体的な根拠資料を提示することを要求した」とし「日本側は国際法と兵器システムの正確な理解に基づいて協議していったにも関わら一方的な内容を盛り込んだ映像を公開し、事実関係を糊塗していることについて、再び残念を表する」と述べた。

チェスポークスマンは「韓国側はこれまで頻繁日本の一方的な行動について節度ある対応をしてきた」とし「韓国側は、このような残念な行動にも、日韓の防衛協力関係を未来志向的に発展させていかなければならないという立場に変わりはない。日本側は、韓国との軍事的友好協力関係を維持するという精神を継続的に堅持しなければならないだろう」と付け加えた。

 

ハイ、全く認めず、いつもの様に逆切れしています。

私はこういった軍事的な事はよくわからないのですが、動画をみていて思ったのは。
アイキャッチの画像がそうなんですけど、レーダーが照射されたのはこの画面の直後なんです。

つまり、北朝鮮漁船の救助はすでに開始されており、今更、漁船の捜索の為にレーダーを射出する必要なんてない筈です。
にも関わらず、このタイミングで射出したという事はどう考えても、わざととしか思えないんです。

ですが流石韓国この映像をみても「単に仕事で哨戒機が海上で旋回する場面とパイロットの会話シーンだけ含まれている」と言っています。
何なんでしょう?

日本側の毅然とした態度に期待します。
もう、制裁を加える時期がきてるんじゃないですかねぇ~

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...