「新日鉄住金が無視するなら差し押さえをする」 朝鮮人労働者 最高裁判決問題

このところあまり話題にならず沈静化したかにみえた、強制徴用の韓国最高裁判決問題ですが、新しいニュースが入りました。

中央日報の記事です。

【強制徴用被害者判決】新日鉄住金は無返答… 国内資産の差し押さえを進行させる

韓国最高裁が日帝強制徴用被害者に対する損害賠償請求ウォンを認めた中で、韓国内の新日鉄住金資産への差し押さえが開始される。
ただし、執行日は、日韓当局者間の協議が進行中であるため、今後決定することにした

24日新日鉄住金強制動員被害の問題に対する損害賠償訴訟代理人団‧支援団は公式を使い「新日鉄住金が今日の午後5時までの協議の意思を明らかにしていないので、すぐに韓国内の新日鉄株金の差し押さえ進行手順に入る予定」と発表した。

続いて「現時点において新日鉄住金が協議に乗り出す意思がないと判断されるため、差し押さえの執行手続を進めることにした、しかし、被害者代理人団と支援団はまだ新日鉄住金との協議を通じた問題解決を望んでいる」とし「損害賠償のために一日も早く協議に出てきてほしい」と促した。

先に強制徴用被害者側の弁護人は、過去4日、韓国最高裁賠償判決の履行を促すために、日本の東京新日鉄株金本社を発見したが、使用者側の面談拒否で不発におわった。

当時の弁護士は、要請書を本社受付に渡した上に、記者会見で、今月24日午後5時まで確定判決による損害賠償に関する協議に出ることを要求した。

これに応じない場合は、法で定められた手順に従って強制執行に入りたいと明らかにしている。

 

はあ・・何言ってるんでしょうね?
最初から無視すると言ってたではありませんか?

それでもこうした期待をもつのはこれまでの日本の対応の甘さ。
取りあえず金を渡して黙らせとけという左翼主導の考え方の賜物。
とはいえ、彼らの行動パターンはすでに日本国民全体に知れ渡っています。

彼らはきっちりと突っぱねるまで、いくらでも金をむしり取ろうとするのです。
もし仮にここで金を渡したところでこの問題は終わりません。
いずれ、再び蒸し返し再び金を要求するでしょう。

そして何より、強制徴用なんてあったんですか?
従軍売春婦問題同様に何一つ客観的証拠はないままでしょう。
韓国はその証拠をまず見つけましょう。
まあ、そんなものはないことは分かりきってますけどね。

さて、差し押さえですか?
いいんですかねぇ・・・

例えば、ルノーサムスン。
この工場の主力は日産車。
先日もローグの生産中止が発表されこの後を引き受ける車種が見つかっていない状況。
しかも、日産は戦犯企業扱いのようですから、韓国で今後日産をつくることはなくなってしまうでしょう。
それでどうやってこの工場を存続させるのか?
ちょっと見ものです。

それ以外の大手企業もほぼ全て戦犯企業扱いになっているようですから、ここで実際に差し押さえが始まろうものならかなり面白いことになりそうです。
そして、もし差し押さえを実行するのであれば、日本政府にとっては対抗手段を実行するにあたって格好の理由になります。
じゃあ何をするのか?
うーーん・・・
これを明確にしたがらない日本政府に歯がゆさを感じますねぇ。
さっさと実行する対抗手段を明確にしてほしいものです。
明確にしないから韓国はなめてかかるんです。
いい加減に日本政府も学習してほしいものですね。

結局どうなるのかって??

たぶん、差し押さえなんて出来ないと思いますよ。
「ただのハッタリです。」

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...