韓国軍、日本自衛隊にレーダー照射 「ご、誤解ニダ」  必死に言い訳をする韓国国防部

いやあ。
別に言い訳、なんていりませんよ。
すでに仮想敵国なんでしょ?

中央日報の記事です。

日本「韓国軍艦艇から自衛隊哨戒機狙い管制用レーダーを照射」

韓国海軍艦艇が20日火器(火器)管制レーダーで日本の自衛隊哨戒機を狙ったと岩屋武日本防衛相が21日、明らかにした。
これに対して韓国国防部は、私たちは、通常の作戦活動にレーダーを運用しており、自衛隊哨戒機を狙ったということは、日本側の誤解だと説明した。

21日、共同通信など日本メディアによると、岩屋防衛相はこの日の夕方、記者会見を開き、韓国海軍艦艇が20日午後3時頃、石川県能登半島沖で海上自衛隊のP-1哨戒機をレーダーに照射したと発表した。

この日、防衛相は「火器管制レーダーを照射すること、実際の火気の使用に先立って実施することで、予測できない事態を招くことができる非常に危険な行為だ」と明らかにし、この「事案の重大性を考慮し、韓国側に強く抗議し、再発防止を要請した」と述べた。

日本のマスコミもこの日、防衛相の記者会見の内容をトップニュースで伝え、今回の状況の深刻さを強調した。
NHKは、メインニュースの第三の主題に今回の事件を扱った。

複数の防衛省幹部は、この放送で「これまで韓国軍との間に、こういった問題が起こったことはなかった」とし「韓国軍側の意図を吟味する必要がある」と述べた。

韓国軍は、「日本側の誤解」という立場だ。
海軍関係者は「この日の北朝鮮遭難船舶のためのレーダーを稼動したことを日本が誤解し、この点をすでに日本側に説明した」とし「すでに午前からレーダーを稼動した状況だったので、日本を狙っていなかったことは明らかである」と説明した。

国防部も出入り記者団に、「韓国軍は、通常の作戦活動中であり、作戦活動中にレーダーを運用したが、日本の海上哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」と述べた。
国防部はまた、「私たちは今回の事件については日本側に説明しているが、今後、日本側に今回のような誤解がないように十分に説明する」と付け加えた。

昨年10月の国際観艦式で旭日旗掲揚をめぐる葛藤に続いて発生した今回の問題が両国関係に別の悪材料として作用する可能性もある。

海軍の関係者は、「韓国軍が詳細な説明をしたのに、日本防衛相が、なぜこのように記者会見を開いたのかわからない」と戸惑いを見せた。

 

なに必死にごまかしてるんですかね?
レーダー照射なんてそもそも、意識してやらなければ出来ないこと。

北朝鮮の船?
ほんとうにそれがあったんですかねぇ?
ないんじゃないですかね。
韓国の反日が感情身を任せてやったことでしょ?

別に言いなんて必要ないです。
「日本は仮想敵国だから、今回の行為は当然」と言ってほしいものです。
が、この焦りよう。

ビビってるんじゃないですか?
日本にwww

いいですよ。
さっさと国交断絶宣言しましょうよ。
その方がお互いのためでしょ?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...