韓国メディア「安倍首相が慰霊碑に献花をしたのは和解の為」 安倍首相オーストラリア訪問

安倍首相がオーストラリアを訪問そこで、マルコム・ターンブル・オーストラリア首相とダーウィン市内の戦没者慰霊碑を訪問し、献花と黙とうを捧げました。

こういった行為はどこへいってもよく行われていること。
感覚的にはお墓詣りと同じような物ですね。
これを見た韓国メディア、さっそく報道しています。

中央日報の記事です。

徴用判決に反発していた安倍首相、オーストラリア戦没者慰霊碑見つけ和解のジェスチャー?

韓国最高裁の強制徴用判決に反発するなど、日本帝国時代の蛮行に反省の兆しを見せていなかった安倍晋三日本の首相が16日(現地時間)、オーストラリアの旧日本軍の爆撃があったダーウィン市内の戦没者慰霊碑を訪問し和解のジェスチャーを行った。

この日、日本共同通信によると、安倍首相は、スコット・モリソンオーストラリア首相と一緒にオーストラリア北部ダーウィンの戦没者慰霊碑を訪れた。
両首脳は、一緒に慰霊碑に献花した後、黙祷した。日本の首相がダーウィン戦没者慰霊碑を訪れたのは初めてだ。

オーストラリアダーウィンは第2次大戦当時、連合軍が駐留した地域である。
1942年2月19日、日本軍の空襲で240人以上が死亡した。その後も日本軍は数十回、この地域を爆撃した。共同通信は「オーストラリア本土で初めて外国軍の攻撃を受けた地域」と説明した。

安倍首相のオーストラリア戦没者慰霊碑の訪問は「戦犯国というイメージをぼかすためのパフォーマンス」と解釈がされている。
「日本同様、中国を警戒するオーストラリアとの同盟を強化させようとの狙い」という分析もある。

かって安倍首相は「戦後70年談話」で、「和解のために全力を尽くしたすべての国とすべての方に感謝の気持ちを表する」と述べた。
以来、彼は第二次世界大戦戦勝国に和解のジェスチャーを取り続けた

これは過去の帝国時代の植民地支配と侵略について責任を回避する態度とは対照的である。
続いて2016年12月にオバマ当時、米国大統領と、別の日本軍の空襲知人ハワイ真珠湾を見つけ追悼するパフォーマンスを行ったりもした。

共同通信によると、この日の安倍首相とモリソン首相は、中国の安全保障に協力する一方、自由貿易体制の維持に推進することにした。
特にこの通信は、「安倍政権がオーストラリアを米国に次ぐ「準同盟国」に位置づけたと評価した」と伝えた。

 

韓国人には慰霊という言葉が理解できないのです。
ですから、こういった行為をすべて何らかの意図があるとしか理解しません。

でも、こうした戦没者への慰霊などは世界中あらゆる場所であらゆる首脳が行ってます。
最近だとオバマ大統領の広島訪問が印象的。
このとき、オバマ大統領は、広島市の平和記念公園で原爆死没者慰霊碑に献花しスピーチをしています。

これを韓国人はどう理解したのか、未だによくわかりません。
ひたすら「韓国人犠牲者を無視した」と騒いでいような記憶があります。

この記事ではやたらと和解がどうとか書いています。
なにいってるんでしょうね。

もうすでに、大戦の処理はすべて終わってるんです。
いまさら、和解をなんて感覚はどこにもありません。

どう考えても普通の慰霊行為。

それをここまで捻じ曲げて報道する韓国メディア
流石です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...