村上春樹は単なる反日左翼である!こいつがノーベル賞をとることが赤っ恥である。

いやあ、なんと申しますか・・

中央日報の記事です。

村上春樹37年ぶりの会見に日本が揺れる

「こんにちは」
茶色のジャケットに紺のスニーカー姿で記者会見場に現れた彼の最初の挨拶は平凡だった。

日本を代表する作家の村上春樹(69)の37年ぶりの記者会見は、このように始まった。
挨拶は平凡かもしれないが、彼の会見内容は全く平凡ではなかった。

4日、東京新宿旧早稲田大学で行われた会見で、村上は、これまでの作品活動の過程にたまった自筆原稿や手紙、蔵書、また直接、音楽マニアとして所蔵していたレコード2万枚を母校である早稲田大学に寄贈すると発表した。

彼は1975年に学校文学部映画演劇科を卒業した。
会見で村上は寄贈を決心した理由について、「40年近く小説家として文章を書いてきてみると資料が大量に残った。家の床までいっぱいになると思い4〜5年前から(寄贈を)検討し始めた」「私には子供がいないので、私はなくなるとその資料を保存することがとても困難であると考えていた」と述べた。

また「私の作品を研究したいと思う人に助けになれば、それよりも大きな喜びはない」と述べた。

村上が早稲田大に渡す寄贈品の中には代表作である「ノルウェイの森」(1987年)を執筆した当時の大学ノートが含まれる可能性もある。
彼は会見で「(「ノルウェイの森」は)ヨーロッパに滞在していたときに大学ノートに書いたもの。
それはとても重要な資料だと思う。それが残っているかわからないが、あれば寄贈する」とはなした。

また、1979年にデビュー作で新人文学賞を受賞した「風の歌を聞け」については「原稿をコピーせず、当時文学賞を主催していた講談社に送ったようだ」とした。

村上は「ノルウェイの森」までは手作業で、それ以降の作品は、コンピュータ、ワードプロセッサで作業をしたという。
会見では、「作品の中には(原稿を続けて直したので、)5つのバージョンが残っていることもありました。創作過程を他人に見せたくはないが、研究している人の立場では面白いかもしれないだろうと思う」と述べた。

会見場に最大の笑いが起きたのは、大学側が提供した「春樹記念館」に関連部分だった。
村上は「最初は「春樹記念館」を作ろう思ったが、私はまだ死んでなくて..」と話した。

冗談のように言ったが、彼はいつも自分の名前を冠したイベントに消極的だった。
歌手兼作家川上未映子との対談集「ワシミミズクは夕暮れに飛び立つ」では「村上文学賞を作るのはどうか」という質問に「NO」と答えた。

早稲田大では今後「記念館」の代わりに、国内・外春樹の研究者が関連資料を活用できる研究センターを作る計画だ。仮称「村上ライブラリ」だ。

村上の場合は、新しい作品が出版されると、全世界で50以上の言語に翻訳される。世界中の数多くの「春樹研究」に役立つ空間として活用するという計画だ。

村上は会見で、「私自身も翻訳で多くの助けを受け、「言語の交流」のために成長してきた。日本文学のみに閉じ込められている場合、おそらく窒息したのかもしれない。「村上ライブラリ」が文学と文化の国際交流になれば良いだろう」とした。
また、「後には、奨学金も与え、セミナーやコンサートも開いて欲しい。私も積極的に参加したい」とした。

「一日キー」、「村上主義者」、「春樹廃人」と呼ばれる世界の熱心なファンたちにも早稲田隊が聖地に浮上する見通しだ。

彼の日本国内の影響力は絶対である。2013年新作長編「色彩を持たない・・・」は出す前に予約注文が50万部を超えてベストセラーに上がる珍現象が起きた。
日本人だけでなく、韓国人の間でも「ノルウェイの森」、「1Q84」などの小説に登場した場所を巡礼する人々がたくさんある。オウム真理教事件を追跡した証言集「アンダーグラウンド」を出すこともした。

寄贈場所に母校を選択した理由については、「複数の場所を検討したが、(資料のために)最も静かで安定したところと思った」と語った。

寄贈は2019年から順次行われる。村上は「私はまだ生きて仕事をしているので、急に全部を送ることはできず、ゆっくりと贈ろうと思う」とした。

村上は自分のデビュー作である「風の歌を聞け」が映画化された1981年に記者会見をした。
その後、海外文学賞受賞をきっかけに、外国で行われた会見を除けば、日本国内での記者会見は、今回が37年ぶりだ。

村上の今回の会見には日本が全体が揺れる挙げた。毎日新聞は1面に記事を載せたし、他の新聞も重要な問題で扱った。

村上は会見を開いた理由について「私にとって(資料寄贈が)非常に重要な問題であり、私は直接説明したほうがいいと思った」と話した。そして、「より難しい質問が出るかもしれないと心配したが、すべて優しい質問をしてくれて良かった」と所感も明らかにした。

37年ぶりの記者会見が象徴するよう彼は日本内でのメディア露出を嫌う。
TVには最初から出演したことがない。
過去に8月に東京FMのラジオ番組に毎日DJとして出演したのが最初で最後の放送出演である。

彼はインタビューで、「本当に話をしたい相手とだけ会話を交わすことを決心した」と言ったことがある。

2012年、日本政府が韓国・中国との領土問題で国民感情を刺激した際には「日本の政治家はヒトラーの結末を見よ」と朝日新聞に批判寄稿を発表した。
2015年共同通信のインタビューでは「(日本は)相手国が納得とするまで謝罪しなければならない」と話した。

 

村上春樹
このひとって単純に反日左翼ですよね。
今回、韓国メディアが言うように騒ぎになりましたっけ?
私、この記事をみて初めて知りましたし。

今も影響力がある?
馬鹿をいってはいけません。
単なる反日左翼とバレた以上影響力など皆無。
だからこそ、こうして韓国メディアに取り上げられたんでしょう。
まあ、このことが、その正体を明確にしたようなもの。
韓国にとっては極めて都合のいい人物なんでしょうけどね。

ノーベル賞?
これも左翼メディアが必死になって担ぎ上げただけ。
日本人からみれば、大したものはのこしていない。
むしろ、この人がとる事そのものが恥とすら感じてしまいます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...