【韓国GM問題】法人分離は絶対阻止すると今度は敷地回収   韓国ニュース  

先日より再燃している韓国GM問題。
今、問題となっているのは法人の分離。

ここまでの経緯をざっと説明すると
・工場と開発部門を分離独立させる計画を韓国GMが発表。
・これに対し「これは工場を閉鎖する前段階だ」といって韓国の労組はもちろん、産業銀行まで大反発。
・会社側はこれを無視して株主総会を決行。
この総会には反体勢力を入れてなかったのですから、もちろん可決し成立。

そして・・・

中央日報の記事です。

仁川市「敷地回収」産業銀行及び労組「総力を上げて抵抗」

仁川市が韓国GMの研究開発(R&D)法人分離計画に反発して賃貸した青羅試験走行章敷地を回収する方策を検討することにした。
産業銀行と韓国GM労組も韓国GMの法人分離案議決した株主総会を無効化するために総力で対応するという意味である。
そして、韓国GMの「撤退論議」が半年ぶりに再び点火されている。

バクナムチュン仁川市長は韓国GMの株主総会が開かれた19日、自身のフェイスブックで「労組などの市民社会の同意がない場合、韓国GM側に提供した走行試験場の敷地回収を推進する」と明らかにした。

パク市長は「仁川市はそもそもGMコリア(韓国GM)が仁川の自動車産業の発展と雇用の創出、雇用安定に邁進してくれることを期待して購入提供をしていた」とし「しかし、現在の法人分離について多くの方々が心配している」と説明した。

座り込み中の労組に妨害されて株主総会に出席することができなかった二大株主のひとつ産業銀行も強力な法的対応を準備中である。
産業銀行は、強力な反対をしたにもかかわらず、法人分離案件の株主総会通過を妨ぐことができず、無能という批判を受けている。
22日の国政監査でも、これに対する国会の叱責が予想される。

韓国GMの問題と関連し国政調査を要求した国会政務委員会所属の議員は「韓国GMはずいぶん前から韓国市場撤退を用意してきたが多くの血税を注ぎ込んだ産業銀行は韓国GMの基本的な情報さえ持っていない」とし、 「韓国GMの問題がいかに深刻かを認識し、政府機関などが出て、必要なすべての措置をしなければならない」と指摘した。

産業銀行は、先に「今回の株主総会は、欠陥がある株主総会」という公式立場を出した。
通常の手続きを経て開催されず、株主権行使のために現場に行く必要があるにも関わらず、韓国GMは産業銀行を株主総会に出席させるためになにひとつ努力もしなかったというのが理由だ。

株主総会を防ぐために、本社社長室などを物理的に封鎖していた労組も総力戦を展開することにした。
労組は「2大株主が参加していないまま確定された法人分離議決は原則無効」とし「すべての力を投入して法人分離粉砕闘争を展開する」と明らかにした。早ければ来週にもゼネストの日程が出てくることも考えられる。

しかし、韓国GM側は「これは決定的である」として手順に乗っ取り早期に強行するという一貫した立場を主張している。
韓国GMは、7月に法人分離計画を明らかにし、「韓国GMの競争力強化のために必ず必要なこと」という理由を掲げた。
反対があっても、決行するということだ。
韓国GMの関係者は、「法人分離なしでグローバル市場で販売される車種の開発を進めることができない」とし「利害関係者を説得し、予定通りに推進する」と述べた。

韓国GMをめぐる抗争が激しくなり、企業の正常化と車両販売の回復はより遅れるという懸念が出ている。
韓国GMは群山工場閉鎖発表後の3月に双竜車に毎月の国内販売3位の座を奪われた後、一度も取り戻すことが出来なかった。
先月末基準の累積販売量は昨年より15.1%減少した。

これにより、韓国GMパートナーと代理店の憂いも深まっている。
韓国GM車を販売する全国代理店連合会は19日、「韓国GM撤退説全国302の販売代理店の中で、現在、20以上の代理店が廃業し、今も廃業が進行中」とし「しかし、会社は誠意のない対症療法のみ提示するだけで状況を克服の意志や能力がないように見える」と憂慮した。

 

もう、むちゃくちゃ。

今回の騒動で面白いのは、何一つ業績悪化の理由が明かされないこと。
当時より更に業績が悪化しているのですから、韓国GMにはほとんど資金は残っていないでしょう。
企業として何らかの手段を講じるのは当然でしょう。

そこで考えたのが今回の決定。
工場と開発部門を分離することでどういった効果があるのかは私にはよくわかりません。
ですが、このまま、続けていてはいずれ崩壊することは確実。
だとすれば、これを撤退の準備として大騒ぎし妨害するというのはどうなんでしょうね?

そして今度は労組と銀行だけではなく、決定した法人の分離を妨害するために、今度は土地を貸さないと市が言い出している訳です。
おそらく、韓国GMの業績が良化するとは韓国自身も考えてはいないんでしょうね。
それでも、GMから金をむしり取ろうと国を挙げてあがいているんでしょう。
いかにも韓国らしい考えです。

でも、業績をみれば、どうあがこうと規模の縮小そして撤退は避けられないと思うんですけどね。
まだまだ、揉めそうな韓国GM、引き続き注目していきたいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...