韓国「過去の徹底反省と謝罪がなければ日本に未来はない」  安倍首相の自衛隊査閲 韓国の反応

「旭日旗」の自粛を要請しておきながら、「抗日英雄の旗」を掲げ国際観艦式へ出席した韓国。
これに対して日本が「矛盾してるだろ」と遺憾表明。

それに対して韓国の反応は逆切れする有様。
そして本日、安倍首相が自衛隊を査閲
さっそく、韓国メディアが食いついてきました。

中央日報の記事です。

「旭日旗を翻して」自衛隊査閲した安倍

安倍晋三首相が14日、埼玉県の陸上自衛隊朝霞訓練場で軍国主義の象徴である旭日基も自衛隊を査閲した。

この席で、安倍首相は「今までの延長線上ではなく、数十年後の未来の礎となる防衛力の姿を提示する」と述べた。

また、「すべての自衛隊員が強い自負心を持って任務を果たすことができる環境を整えることは、今を生きる政治家の責任」そして、更に「責任を尽くしたい」とも演説した。

これは去る9月に自民党総裁選挙で勝利を確定し、「戦争できる国」に改憲を推進するという意志をもう一度明らかにしたものである。

日本は去る10日から14日まで済州で開かれた海軍国際観艦式で韓国の旭日旗掲揚撤回要求を拒否して観艦式を欠席した。

去る12日にはNHKが「韓国は11日、開かれた国際観艦式でムン・ジェイン大統領が演説した駆逐艦に豊臣秀吉の朝鮮侵略時に戦った将軍を象徴する旗を掲揚した。ムン・ジェイン大統領は韓国軍駆逐艦の甲板から豊臣秀吉の朝鮮侵略の際、水軍を率いて戦った李舜臣将軍を言及し演説したが、駆逐艦には当時の李舜臣将軍が使用したようなデザインの旗が掲揚された」と報道した。

NHKが報道した旗は「帥字旗」であり、朝鮮水軍の大将旗である。壬辰倭乱当時に日本軍を大きく打ち破った李舜臣将軍を象徴した旗でもある。

外務省は韓国に対して、この旗の掲揚は、日本の海上自衛隊艦艇の旭日旗掲揚を認めていなかった韓国政府の方針に矛盾する行為だと主張した。

これに対し、民主党は14日、日本海軍観艦式当時、22日予定されている国会教育委員の独島訪問に遺憾を表明したことについて、「戦犯国として最低限の恥もない」と強く批判した。

バクギョンミ院内スポークスマンは、「太極旗は外勢の侵略に対抗して、自国の領土を守るための大韓民国海軍の歴史、朝鮮海軍の象徴」とし「どうして私たちの領土を侵略した外国軍、それも第二次世界大戦の加害国が戦争犯罪に使用された旭日旗と比較できるのか」と述べた。
また、「過去の徹底反省と謝罪がなければ、韓半島の平和と繁栄によって再編される東アジアの将来に日本はないことをはっきり言っておく」と述べた。

 

盗人猛々しい、まさに怒りしかこみあげてきません。
国際観艦式の要求は掲げるのは自国の国旗と太極旗だけにしてくれといったんですよね。

常識的に考えれば「だけ」と要求したのですから帥字旗を使っていい筈がありません。
それを抗議すると、今度は戦犯旗発言。
そもそも、戦犯旗と騒いでいるのは韓国だけ、他国ではそういった拒絶反応は示しません。
韓国も騒ぎ始めたのは最近の事。

再編される東アジア?
その中心に韓国がいるとでも思ているのでしょうかね。
その前に韓国そのものがやばいんじゃないですかねぇ。

そして、日韓友好を必死に騒ぐ左翼。
どうやってこんな非常識な国と付き合う必要があるんでしょうか?
明確な理由を答えていただきたい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...