ムン大統領、今度は制裁緩和をフランスに要求      北朝鮮核問題

どうして、ここまで必死なのか?
ここまでくると病気です。

ムン大統領がフランスに入りました。
中央日報の記事です。

文、非核化をめぐって「フランス攻略」の理由は?… 背景は、フランスの対北朝鮮外交

ムン・ジェイン大統領は13日(現地時間)、「国連安保理常任理事国であり、EUの主導国であるフランスが韓半島の非核化と恒久平和のために一緒に頑張ってくれることを要請する」と述べた。

ムン大統領はこの日、7泊9日間の欧州歴訪の最初の日程でフランスのパリで同胞懇談会を開き、「二日後のマークロング(フランス)大統領と首脳会談を行う」と明らかにした。ムン大統領は「平和の朝鮮半島はすぐに私たちの前に来ると確信している」とし「自由と平等、博愛の国、フランスの同胞の皆さんが格別支持と声援を送ってくれれば、より力が出そうだ」と話した。

フランスのメディアも今回の首脳会談で北朝鮮制裁緩和策が議論されるだろうと報じた。ルモンドは13日付の記事で「韓国は北朝鮮の態度の変化に対する補償と関連し、国連との協力を模索している」とし「韓国としては、国連安全保障理事会は、特にフランスを説得することが不可欠である」と分析した。

フランスは安保理常任理事国であり、核保有国である。しかし、北朝鮮の核問題については、観望姿勢をとってきた。

ここでは、背景がある。フランスはEU加盟国の中でエストニアとの唯一の北朝鮮と外交断絶国である。
2000年代に入って、北朝鮮と外交関係を樹立したドイツ及び英国及びスペインなどと異なり、フランスは、対北朝鮮外交断絶状態を維持している。
フランスは1988年の大統領宣言以後「フランスの対北朝鮮関係の改善は、北朝鮮の基本的な政策の変化が行われて、南北対話の意味のある進展が先行しなけれならない、そして更にEUおよび韓国との緊密な協議の下に推進されなければならない」という立場を明らかにしている。

結局、韓半島の状況の進展に伴い、今後、国連の対北朝鮮制裁の解除などが議論されるために、フランスの態度の変化がなされなければならないという意味である。

これと関連しルモンドは「フランス外交はシンガポールの米朝首脳会談以降具体的な進展が見つからないまま、核不拡散の守護者の役割のみを自任することに懐疑的な態度を見せた」とし「今回は韓国から役割を要求されるだろう」と見通しした。

一方、ムン大統領は「韓国とフランスは革命的民主主義を発展させてきた輝かしい歴史を持っている」とし「18世紀のフランス大革命は、人類の心の中に自由及び平等及び博愛精神を刻んで入れた、21世紀の私たちのキャンドル革命は、最も美しく平和な方法で韓国の民主主義を守って出し危機に陥った世界の民主主義に希望になった」と評価した。
また「明日韓仏友情コンサートが開かれる防弾少年団も参加する。両国民が一緒に楽しむの良い時間ではないかと思う」とした。

 

国内をほったらかして、必死に北朝鮮の支援策ばかりをやりたがる韓国ムン大統領。
今度はフランスを味方につけようと画策しているようです。

この人いつも思うのですが、周りが見えていない。
しかもやってから考えるタイプのようです。
その為、やることなす事全てが竜頭蛇尾。
最初は勢いがあるのですが、内容的に思い付きに近いものなので、発言が二転三転し結局中途半端な状態でほったらかしになっています。

韓国内の失業対策はどうなってるのでしょうか?
私にはやっているのはひたすら、税金を投入して支援をするといったものばかり。
いっそのことベーシックインカムでもやったらいいんじゃないですかねぇ。

さて、この訪仏で北への制裁緩和を求めているようですが、これは無理だと思いますよ。
なんせ、アメリカがこれに対してあれほどの拒絶反応を示しているんです。
ここで、韓国側につこうものならたちまちアメリカのターゲットになってしまいます。
もちろん、日本も続くでしょうから、日米を敵に回して韓国につくなんて選択肢はありません。
適当にあしらわれて終わるんじゃないでしょうかね。

たぶん、この後も各国で同じように制裁緩和を求めていくんでしょうけど、又大目玉食らいますよ、トランプ大統領に

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...