トランプ「米の許可なしに韓国は何も出来ない」と激怒 韓国「し、失礼ニダ!!」

ガンギョンファ外交部長官の北朝鮮への制裁解除発言に対してアメリカが「なにを考えてる」と激怒
そして、ついにはトランプ大統領から「韓国はアメリカの承認なしでは何もできないと発言。
この発言に対し、韓国が何か言っています。

中央日報の記事です。

民主党「トランプ、主権国家韓国を無視している」韓国党「これは韓米亀裂の証拠」

11日、国会の外交統一委員会の統一部国政監査では、前日カンギョンファ外交部長官が5・24措置の解除の検討の発言をしたが、この余震がいまも続いている。

カン長官の発言の後、夜にはドナルド・トランプ、米国大統領が「韓国政府は、私たちの承認なしでは何もしないだろう」と言った事実が知らされ議論がさらに増幅された。外交部の関係者は、中央日報とのインタビューで、あくまで個人的意見として「承認という言葉はとても異例と判断する」と述べた。

国政監査では民主党からトランプ大統領を批判する声が出た。
シムジェグォン議員は「私たちも主権国家なのにトランプ大統領の「承認」という表現は不適切である」と述べ、ソン・ヨンギル議員も「国際社会と米国に積極的に声をかけて、私たちが北朝鮮に対する人道的支援などを主導しなければならない」と主張した。

宋議員は別に、Facebookに投稿記事から「5・24措置は、アメリカの「承認」を受けなければならない事項ではないと考えている。「事前協議」で米国の「承認」を受けなければならないという彼の発言は、主権国家としての大韓民国を無視したもので、適切でない」と批判した。

自由韓国党キム・ムソン議員もジョー長官にトランプ大統領の発言が「攻撃ではないか」と話した。
続いて、金議員が「米国の同意なしには何もすることができないことに長官は同意するのか」と尋ねると、ジョー長官は「すべての事、何もすることができないということは、少し適切でないようだ」と話した。
続いてジョー長官は「米国が先に非核化を強調しているが、南北対話と交流には反対をしていない」とし「南北交流と関連して、ある程度、私たちが独自に行うことに対して、米国も同意していると判断する」と付け加えた。

しかし、野党議員は、対北朝鮮政策をめぐる韓国と米国政府の立場を掘り下げた。
キム・ムソン議員は「トランプ大統領の発言を見ても、対北朝鮮制裁の問題をめぐり、韓米間の亀裂が大きいと思われる」とし「米国の意向を無視して北朝鮮の立場を必死に代弁しているムン・ジェイン政府への警告と解釈するが合理的だ」と主張した。
同党のキム・ジェギョン議員も「トランプ大統領の発言は「私たちと協議もせず(韓国が)勝手になぜ、制裁緩和をすすめるのか?」という意味が含まれたもの」と指摘した。

5・24措置をめぐる与野党の相反する見解も明らかになった。民主党イ・ソクヒョン議員は「5・24措置は、国会で議決した法律も、国際的な条約でもなく、李明博大統領の行政措置にすぎない」とし「李明博政権が終わると同時に、その措置はなくなっただろう」と主張した。
一方、ビョングク議員は南北平壌首脳会談について「5・24措置に対して大統領と長官が多くの違反をしている」と批判した。

これに対してチョ長官は、「5・24措置が行政措置ではあるが、その背景となった天安艦事件と関連したいくつかの側面を考慮する」とし「今、政府も5・24措置の基本的な趣旨を遵守していくという立場を持っている」と述べた。

 

トランプ大統領の発言は韓国の主権を無視するもの、極めて失礼だ!といいつつも、ビビっている韓国の様子が目に浮かびます。
でも、北朝鮮問題には首を突っ込むなと過去にもムン大統領は言われていたはず。

それを無視し続けて、金正恩のスポークスマンをやっているのがムン大統領以下韓国政府。
大丈夫です。
韓国の言う通り、別にアメリカの許可なんていりません。
好きにやっていいのです。
どんどん制裁緩和をやって北と仲良くすればいいのです。

やがて制裁の対象が北朝鮮ではなく朝鮮半島全体になる可能性はあるでしょうけどね。

むしろ、日本にとってはそのほうが有難い、どんどん勝手にやっていってください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...