高揚貯油所のガソリンタンクで爆発、今も炎上中    「確か、鎮火したといってたような」

またまた、韓国で火災が発生。
燃えている場所は「貯油所!!」

中央日報の記事です。

高揚貯油所のガソリンタンクで爆発、大きな火「 漢江以南でも火柱を観測」

7日午前11時頃、京畿道高陽市徳陽区ファジョンドンのパイプライン工事貯油所のガソリンタンクから油蒸気爆発と推定される火災が発生した。

消防当局が緊急対応2段階を発令し、消火作業に乗り出し火災は40分後の午前11時40分頃にいったん小康状態を見せた。
しかし、正午に再び爆発音が聞こえ2次爆発が発生した。

当初、幸いなことに休日であったため、事故当時に勤務者がおらず、現在までに人命被害はなく、火災の拡大はないと伝えられた。

しかし、ソウル漢江以南の地域など遠くから観察されるほどの高く大きな火柱が発生
高陽市は午後12時35分頃、緊急災害警報を送信し火災現場近くの住民に安全に留意するよう促した。

ギムグォンウン高揚消防署長はこの日、現場で「サンルーフ式タンクなのでタンクの蓋が動く、2次爆発は、大きな爆発ではなかった」とし「燃油特性上、爆発する危険性に備えているが、追加の大型の爆発はないものと思われる」と説明した。

また、「中の熱気が酷く消防士も100mまでしかアクセスができない状況」とし「火がついた油類タンクから慎重に油を抜き取る作業をしている」と付け加えた。

貯油所には地下1個、屋外19個の計20個の油類貯蔵タンクがある。
保存されたガソリン全体量は7700万ℓと発表された。

このうち火が発生した場所は、屋外の油タンクである。
タンクの大きさは、直径28.4m、高さ8.5mであり、保存されたガソリンの490万ℓである。
消防当局は、残容量440万ℓに燃え広がらなければなら火が完全に消火するものと見ている。

消防当局は、最高段階である3つ目のステップに対応手順を変更して人材約300人と機器111台を動員して炎の鎮火に総力を傾けている。

消防当局と警察は火災が鎮火し次第、正確な火災原因調査に乗り出す予定だ。

 

実はこのニュース午前中に見つけたんですよね。
でも、内容を見る限りどうやら鎮火したらしく、これ以上の事は起こらないだろうとスルー

ところが、最近の記事をみると又燃えているようです。
まあ、韓国人は結構やばい状況になっても必死にごまかしますから、午前中は完全に消えてもいないのに消えたと発表したのでしょう。

そして、今は燃え続けているにも関わらず平気で再び「これ以上の拡大はない」と言い切っているようです。

場所が場所だけに慎重に発言したほうがいいと思うんですけどね。
もし、これでタンクに火が入ったら・・・・・

まあ、流石にそこまではいかないとは思いますけどね。

相変らず何かと火事が起こる韓国の話題でした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...