日本、国際観艦式不参加を正式表明    韓国メディアの反応

当然です。
朝鮮日報の記事です。

日本、済州観艦式不参加

日本が10〜14日、第住民群複合観光美港(済州海軍基地)で開かれる「2018大韓民国海軍国際観艦式」で海上自衛隊艦艇の旭日旗をつけての参加はしないようにという韓国の要求を拒否し参加しないと公式発表した。

日本の岩屋武防衛相は5日、緊急記者会見を開き、「旭日期1950年代から海上自衛隊が使用し、国際的な慣行として確立されたもの」と明らかにした。彼は「極めて遺憾だ」とも述べた。
韓国海軍は観艦式出席の際、日本艦艇が過去の軍国主義の象徴である旭日旗の代わりに日の丸と太極旗を一緒につけて参加するよう要請したが、日本は旭日旗掲揚にこだわった。
今回、日本政府が観艦式不参加を通知したことにとどまらず、防衛相が記者会見をし不参加を表明したは異例のことだ。
韓国海軍もこの日遺憾を表明した。

今回の国際観艦式には、米国・中国・ロシアなど海外14カ国の艦艇が参加する予定だった。
韓国は1998年から10年の周期の国際観艦式を開催してきているが、日本は、過去二回の観艦式には旭日旗をつけ参加した。
当時は問題にならなかったが、日韓関係が悪化し、日本の艦艇が国内で入るたびに旭日旗掲揚するかどうかが議論になってきた。

今回の済州国際観艦式に参加することにした日本艦艇は駆逐艦一隻であった。
日本側は、船首に旭日旗を掲揚する予定だった。
しかし、これは慰安婦問題などで触発された国内の反日情緒を刺激した。
今回、米・中など、韓半島周辺主要国の艦艇がすべて済州観艦式に参加することになった中で旭日旗掲揚問題は、日本の不参加につながった。
今回の葛藤が、北朝鮮の核危機の局面で造成された韓日又は韓米間の安全保障協力の亀裂につながるとの観測も出ている。

先月、韓国海軍が旭日旗の代わりに日の丸と太極旗をつけてほしいと要請すると、日本防衛相は「自衛艦機(旭日旗)の掲揚は、国内法令上の義務」と「当然掲げるだろう」とした。
自衛隊、河野克俊統合幕僚長は4日、「自衛官たちを誇りであり、下ろすことは絶対にない」と言い切った。
海軍は5日午前、日本側に「独島を観閲艦にせよ」という国民世論を伝えたという。
実際、軍当局はこれを検討していたことが分かった。

観閲艦は大統領と軍首脳部が搭乗して海上査閲をする艦艇である。
現在、観閲艦は次期上陸艦であるチョンジャボンさであり、大型揚陸艦である独島には、国民査閲団が乗る予定だ。

海上査閲は参加艦艇が観閲艦を通るとき乗組員が敬礼を上げる方式で進行される。
独島艦は観閲艦になる場合自衛隊員たちは、日本が自分の領土だと主張する独島の名前がついた艦艇に敬礼をしなければならない。
日本がこの日の午後観艦式不参加の意思を明らかにしたのも、これと無関係でないと思われる。

軍関係者は、「軍艦は動く領土であり、治外法権地域であるだけに旭日旗掲揚するかどうかを強制的にすることは難しい」とし、「韓国で開かれる祭りであり、親善交流行事なのに、日本が私たちの立場を全く理解していない態度を見せたのは残念だ」とした。
日本政府が旭日旗掲揚問題を国内政治に利用しようとしないという指摘も出ている。
安倍晋三首相は最近、自衛隊の憲法明文化問題について再び進める準備を開始した。

外交による慰安婦などの歴史問題で深刻化された韓日葛藤が国際観艦式に広がったという解釈が出ている。
日本のメディアは旭日旗掲揚自制要求に対して日本の自衛隊関係者の言葉を引用して、「非常識であり、礼儀がない行為」と報道した。
これに対して、私たちの政界は「非常識と傍若無人」「礼儀がないのは、日本だ」と批判した。

軍消息筋は、「今回の旭日旗掲揚議論が今後の韓日軍事分野の協力にも影響を与える可能性がある」とした。
今回の一件をきっかけに、日本艦艇の国内への入港自体が難しくなったという解釈が出ている。
又、定例的に実施する韓日、韓・米・日海上訓練でも旭日旗掲揚するかどうかが問題になることが予想できる。

今回の旭日旗論議には北朝鮮も割り込んだ。
対南宣伝媒体である「わが民族同士」はこの日、「南朝鮮当局は卑屈に日本の反動に旭日旗掲揚を自制してもらう要求ではなく、民心の強力な要求を断固通さなければならない」と述べた。
これに対し軍関係者は、「北朝鮮は韓日、韓・米・日軍事協力を崩壊させようとする意図がある」とした。

日本側は「旭日旗については日本ではそのように認識していない」と語った。
事実、日本の学校で日の丸を掲揚し、君が代斉唱を義務付けるために批判的な朝日新聞は社旗に旭日旗模様を使用しているのである。

日本は11日に行われる海上査閲式には、軍艦を出さないものの、12日に観艦式の一環として開催される西太平洋海軍シンポジウムには、自衛隊の代表団を派遣することが分かった。

 

自分の要求をするだけで、相手の事を全く考えない韓国人らしい記事です。

そもそも「独島を観閲艦にせよ」などという非常識というか喧嘩を売っているとしか思えない国民の要求を本気で検討している時点で異常。
さらに、今度は「国民が騒ぐので旭日旗を使わない様に」などというバカげた要求。
旭日旗は海上自衛隊を象徴するもの、それを下ろせなんて呑むわけがありません。
もし、この様を呑もうものなら今度は日本人が黙っていないでしょう。

ちなみにこの件、左翼メディアは必死に「これで日韓関係が悪化する」と騒ぎ立てていますが、それに対するコメントは「当然」「よくやった」といったものが大半
左翼の思想が日本人の思想とどんどんかけ離れてきていることがよく分かります。

日韓関係を崩しているのは一方的に韓国
もちろん、これを散々許してきた日本側にも問題はあるのでしょうけどね。
いずれにしても今回の不参加は英断です。
素晴らしい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...