韓国期待のノーベル平和賞  結果は??  韓国メディアのニュース

さて、いよいよノーベル平和賞の発表です。
これには文在寅を始め、北朝鮮関連の面々が候補に上がっています。

朝鮮日報の記事です。

米・南・北の首脳、ノーベル平和賞の可能性

来る5日に予定されノーベル平和賞受賞者の発表を控えてドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ジョンウン北朝鮮国務委員長、ムン・ジェイン大統領の受賞の可能性が有力になっているとサウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)が4日報じた。

SCMPによると、韓半島外交専門家は、トランプ大統領と金委員長など、韓半島外交当事者がノーベル平和賞を受賞することが朝鮮半島の平和を構築するために貢献できるであろうと報じた。

ロニーエッジ韓国外大助教授は、ムン・ジェイン大統領が先日「トランプ大統領がノーベル平和賞を受賞しなければならない」としたことを言及して 「ムン・ジェイン大統領がトランプ大統領の受賞を助け韓半島問題に協力する形で進展した場合、トランプ大統領のノーベル平和賞受賞は平和に寄与するであろう」という趣旨で言った。

彼は「ノーベル平和賞を受賞するトランプの欲望を利用することがムン・ジェイン大統領外交術の核心であるといえる」とし「(それなら)ムン・ジェイン大統領は、それが自分の政治的業績と韓国国民の利益に合致することがわかるほど明晰な人物だろう」とした。

先立って去る4月にオープン大統領は南北首脳会談の後、シニア・アドバイザー会議を主宰していた中、「ノーベル平和賞は、トランプ大統領が受賞して、私たちは平和だけ得られればそれで良い」と話した。

三首脳がノーベル平和賞を受賞しなければならないという主張も出ている。
三首脳が韓半島問題と関連して、より緊密に協力することができるように奨励するためだ。
リュヨンウク延世大国際政治学教授は、「ノーベル平和賞が(トランプとキム・ジョンウンの)手を一つにまとめてくれて、平和の道に歩いて行くことができるよう結束させることができる」とした。

しかし、SCMPは韓国国民がノーベル平和賞受賞に概ね懐疑的であると紹介した。
SCMPは、「韓国大統領が2000年にノーベル平和賞を受けたが、平和はまだ行われておらず、以後、北朝鮮は、より強力な武器を開発した」とし「韓国国民はノーベル平和賞が実質的平和をもたらすことができるかについての疑問が原因でノーベル平和賞については懐疑的である」と指摘した。

三首脳にノーベル平和賞を授与された後、交渉が決裂し平和が割れた場合ノーベル賞委員会が抱え込まなければする負担も大きくない。
ミャンマーの実権者であるアウンサン・スーチー国顧問がノーベル平和賞を受賞した後、少数民族の人権を保護していない事例があるからである。
教授はトランプ大統領と金委員長が賞を受けた後、再び核の脅威を広げる可能性もあると予測した。

SCMPは、最近ノーベル文学賞を受賞するスウェーデンのアカデミーで浮上した性暴力の論争などの問題でノーベル賞委員会は、より慎重に受賞者を決定するものと予測した。
これは、昨年アカデミー終身委員だった写真家ジャン・クロード・アルノー(72)が性的暴行の疑いで起訴され、5月には終身委員6人が集団辞任し、ノーベル賞受賞を来年に延期するなどの問題が発生したからである。

 

とまあ。大騒ぎです。
でも、韓国人そのものは無理と考えているらしいので、騒いでいるのはメディアだけのようです。

個人的には無理じゃないかなぁと思ってます。
だって、何一つ実績がないじゃないですか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...