旭日旗を軍旗にするのは相手の痛みがわからないからだ! 韓国メディアの記事

こうやって、反日を形成していくのでしょうね。

朝鮮日報の記事です。

子供雑誌「宝島」に旭日旗が出た?

1982年爆発的な人気を享受した子供雑誌「宝島」に歴史漫画「スンジョンゴを鳴らす」が連載された。
国が滅亡した後、日本に避難していた王族が旧地に戻ってきて流民たちに会う場面が出てくる。
彼らの持ち物の中に隠した旗を高く掲げると老人が目を大きく見開き感心する。
「ああ、これは私たちに行くの象徴である太陽の旗!」その旗は他でもない旭日旗であった。

漫画は「古代伽耶が海を渡って日本を征服して天皇が誕生し、それらが代々伝わって後日、日本海軍になった」と書いた本の内容を反映した。
もちろん、学術的根拠のない不合理な話だ。この漫画が最近出てきた場合、宝島はネチズンたちの「総攻勢」に会う事だろう。

1987年の国内封切りしたハリウッド映画「トップガン」でも旭日旗は出てくる。
主人公(トム・クルーズ)の仲間である米軍戦闘機のパイロットの一人が旭日旗を描かれたヘルメットをかぶって搭乗する。
米国が旭日旗に「不感症」を表わした事例は多い。駐日米陸軍航空大隊、佐世保艦隊基地、三沢海軍航空施設など様々な在日米軍部隊の公式エンブレムが旭日旗模様を活用しているのである。

こうした欧州諸国の反応は鈍感症だと言うしかない。
このため、「韓国と中国が最近になって旭日旗に過度に敏感な反応を見せている」論調が日本で出てくる。
日本の「進歩言論」として知られている朝日新聞の社旗は旭日基を4等分した形状である。

しかし、今、旭日旗を見ると感情が先走るのはなぜだろうか。
太平洋戦争終戦から時間が経つにつれ、日本の侵略を受けた国ではなく、旭日旗に対する反感がより大きくなっているのはなぜだろうか。

最も重要で基本的な事実がある。
それほど長い時間が過ぎても、日本が過去の歴史について被害者に心から反省して謝罪する姿を見ていないからである。
「自衛隊艦艇が韓国に来たときに旭日旗を外してほしい」というお願いに「失礼だ」と反応するのは、彼らが相手の身になって思うことが出来ないということを示しているようだ。

その旗を前に立てた日本軍は、礼儀を備え侵略したのか?

 

10月10日から韓国・済州島で開かれる国際観艦式で韓国側が「旭日旗をつけない様に」との要請に対し自衛隊が「なに抜かしとんねん」と拒否したことに対する記事なのでしょう。

いろいろツッコミどころ満載の記事ですが、こうやって反日を煽る韓国メディア
そして、なによりムカつくのはこうやって反日記事を次々と上げておきながら嫌韓記事に対してはヘイトと騒ぐ面の皮の厚さ。
韓国人は本気でこう考えているのです。
反日は当然、嫌韓はおかしいと。

こんな民族と友好を結ぶなんて考える親韓派の面々。
頭がおかしいとしか思えません。

Pocket

「旭日旗を軍旗にするのは相手の痛みがわからないからだ! 韓国メディアの記事」への1件の返信

  1. 京都の地名で 北川顔が 「きたがわずら」になります。
    もっと凄いのは、ー□が 「いもあらい」と 読みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...