韓国、自動車産業のやばさに気が付く     韓国経済崩壊

やっと気が付いたようです

朝鮮日報の記事です。

造船ショックに続いて 自動車産業も後進

輸出・内需の同時減少による「自動車雇用ショック」が近づいている。8月の自動車製造業の直接雇用(雇用保険の加入者数)は39万1000人で、昨年末(40万人)に比べて9000人減少した。製造・サービス業をあわせて、雇用の減少幅が造船業と最も大きい。「自動車産業が「第2の造船業」に転落することはないか」という懸念が出ている。

国内の自動車生産量は、2012年に456万台の頂点を記録した後、昨年411万台まで減少した。今年は400万台の生産が危険である。韓国の自動車生産が400万台を初めて超えたのは2010年(427万台)で、我々の自動車産業の規模が10年前の水準に後退するという事を意味するものである。

現代・起亜自動車の営業利益率は、限界企業(利益で利子もない返済企業)レベルである2〜3%台に墜落し、韓国GMは不渡り直前まで行った政府・本社の資金投入で延命している。最低賃金引き上げ、労働時間の短縮などの悪材料まで重なり、部品メーカーの連鎖倒産は現実のものとなっている。

産業研究院の分析結果、国内中堅部品メーカー100社のうち82社は、今年上半期の平均営業利益が前年比半減し、このうち31社は、営業赤字を出した。現代車1次協力会社リハンのワークアウトの申請(7月)に続き、中堅部品メーカーダイナマック・金門産業・二進ソルルテクなどが次々と法廷管理(更生手続)に入った。

このような状況では、雇用労働部は「不法派遣を是正せよ」と企業を圧迫している。
雇用部は、国民の血税で延命する韓国GMに「昌原と富平工場パートナーの従業員1600人を直接雇用せよ」と命令し、いくつかの中小企業にも派遣労働実態調査を行った。

自動車産業の危機は韓国経済に及ぼす影響がメガトン級である。
直接雇用規模は造船業(12万8000人)の3倍、輸送・整備・販売・資材など前後の効果まで計算すれば177万の雇用に影響を与える。自動車産業は、私たちの輸出全体の11%(昨年基準)を占めている。今年に入って9月20日までに全輸出は7.7%増加したが、自動車の輸出は5.1%減少した。

ギムスウクソウル大経営学科教授は、「自動車産業の雇用ショックは今始まるという点で深刻に受け止めなければならない」とし「自動車は電子と一緒に私たちの産業を支える二大基幹産業で自動車が壊れたら、深刻な経済危機を迎えることになる」と述べた。

 

超円高を利用してのし上がってきたのが、韓国経済。
その効果が薄れたのですから、本来あるべき位置へと後退するのが筋ってものです。

ですが、それを自分たちの実力と思い込み、いまだにそれを間違いと認めない韓国人。
恐らく、このままズルズル後退していくでしょうね。

なんせ、この労組はまさに狂人。
会社があるから賃金がもらえるという基本原則を無視。
業績がどうなろうと平気で過激な要求とストライキをつづけます。
こんな労組がいたのでは立て直しなどできる訳がありません。

光州モデルが韓国自動車産業で唯一の再生手段だと私は思うんですけど、これも労組が必死でつぶしにかかってます。
これを無視して現代が進めるかどうか、ちょっと注目ですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...