被害者数数千人か?  インドネシア中部スラウェシ島地震 韓国メディアの記事

インドネシア中部にあるスラウェシ島で28日に発生したM7・5の地震。
この地震によって津波が発生し現地では多数の被害者が出ているようです。

この地震についてちょっと気になる記事を見付けました
東亜日報の記事です。

インドネシアの地震・津波の犠牲者、最低でも384人に急増… 「数千人に達するかもしれない」

インドネシアの中部スラウェシを襲った規模7.5の地震と津波による死者が現時点で、少なくとも384人に達することが確認されたと、現地災害救難関係者が29日明らかにした。

インドネシア国家災害部支庁(BNPB)スポークスマンはこの日の記者会見で「地震と津波の被害が最も大きいスラウェシ島では384人が命を失い、数百人が負傷した。」とパル市内の病院に安置した犠牲者の遺体をもとに、このような死傷者の集計を伝えた。

スポークスマンは、津波が押し寄せ来る前にパルビーチで何千人もが参加した祭りが開かれたが、いまだに、この祭り参加者の生死が確認されておらず、時間の経過に伴い、犠牲者の数が指数関数的に増えていることから、これらの何千人もの参加者も被害にあったのではないか?という懸念を生んでいる。

ビーチフェスティバルの現場であるパルビーチは崩れた建物や家屋、社員の残骸で覆ったまま、まだ水に沈んだ廃墟の状態にある。
38万人が居住しているパルでは、海岸付近ガンウィに立てた吊り橋まで崩壊した。

規模7.5の地震が前日発生、これによる津波によってスラウェシの海岸沿いに位置する2つの都市と多くの村が廃墟に変わっている。
時間が経つにつれて、地震の被害の全貌が一つ一つ明らかになりつつある。

パルでは、海岸付近、川の上に立てた吊り橋が崩壊した中救助隊が地震と津波の被害地域に出動して捜索救難と復旧作業を進めている。

 

現時点で確認できた被害者384人については朝日新聞の記事にも書いてありましたが、この記事ではちょっと気になる事が書かれています。
どうやら、ここスラウェシ島ではビーチフェスティバルが開催され、数千人の祭り参加者がいたそうです。
ところがこの地震後、この参加者の安否確認が取れていないそうです。
さらにその場所はがれきで埋まり、水没していると記事には書かれています。

そういえば、地震発生後の記事に「多くの死体が浮かんでいるのをみた」という証言がありました。
この証言、東日本大震災の時にも同じように聞いた気がします。
被害があまりに大きく、救難活動が思うように進んでいないことがうかがえます。

さて、日本はといえば・・・
台風24号が日本を縦断しそうな感じになっています。
先日の台風に引き続き今回もという気がします。

これも夏の異常な暑さが原因なんでしょうね、やっぱ地球はおかしくなってるのですかねぇ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...