和解・治癒財団 解散!「これは事実上の合意破棄だ」「不可逆でも何でもない」と韓国政界

日韓合意で日本が韓国側に支払った10億円。
これを処理するのが慰安婦被害者の和解治癒財団です。

この財団、現在の体制になってからはほとんど機能されておらず、事実上名前があるだけの財団です。
なんせ韓国は合意を無効化して、再びタカリを始めようと必死。
ムン大統領もこれを選挙公約にしたようなもの。
でも、日本側は聴く耳を持たないので、じたばたしているだけ、そして、本日こんな記事が出されました。

中央日報の記事です。

 

慰安婦財団事実上解散… 「10億円の処理 ‘爆弾残った」

ムン・ジェイン大統領が25日(現地時間)、米ニューヨークで安倍晋三(安倍晋三)日本の首相に会って、慰安婦被害者の和解治癒財団(以下、財団)について「正常な機能を果たせずにいる」とし「そろそろ決着する必要がある」と述べた。
2015年、朴槿恵政府当時韓日慰安婦の合意の結果として、翌年7月に発足した財団を事実上解散するという意味を日本政府に伝達したものである。

財団は昨年12月、民間取締役陣全員辞任し、有名無実化した状態だ。
問題は、日本政府が出演した10億円(約99億8200万ウォン)の処理と韓日関係の行方だ。

財団は、10億円で、被害者と遺族の治癒の金を支給する事業をしてきた。
これにより、生存被害者34名の死亡者58人の遺族らに44億ウォンが支給された。結局、日本政府出捐金の半分以上がそのまま残っている状況である。

市民団体などの一部では、10億円を日本政府に返還しようと主張するが、これは現実的に可能性が大きくない。
事実上、韓日慰安婦の合意の破棄を意味するからである。
国家間の外交的合意を政府が先に出て破棄すれば韓日関係を越えて、国際外交の信頼性の低下が避けられない

青瓦台も25日、10億円のリターンを検討していないことを明らかにした。
青瓦台の関係者は、ニューヨークで記者団に「10億円を日本政府に返還するという意思で受け取ってもか」という質問を受け、「それはない」と述べた。
この関係者は引き続き「大統領は「慰安婦の合意を破棄したり、再交渉を要求しない」といっており、10億円のリターンは入っていないことを知っている」と付け加えた。

10億円の処理について、専門家たちは、「ジレンマ」と口をそろえた。駐日大使を務めた外交部第1次官は「日本に返却するというのは、国際社会で外交的孤立を生み出す恐れがある」とし「国家間の合意を国内政治事情で、事実上破棄する事」と批判した。日本の専門家であるバクチョルフイソウル大国際大学院教授も「返却するといっても、日本政府が受けるはずがない」とし「韓日双方がすべてとぼけで一貫して爆弾回しをしている」と述べた。

今回財団の事実上の解散を日本政府に明らかにしたのは、現実的に財団の運営が正常に行われずにいるという現実を認めてほしいという意味で解釈される。ソウル市中区の統一に雑居ビルに事務所を出した財団円の使用料および人件費で毎月数千万ウォンの資金が入る。

日本は一応公式の反応を自制している。韓日首脳会談の結果ブリーフィングも、大統領府側とは違う状況だった。
西村官房副長官は、ニューヨーク現地で記者団に「ムン大統領が財団の状況について説明したが、この場での発言は差し控えたい」とだけ述べた。
安倍首相が先に言及したと、大統領府が明らかにした強制徴用問題についても、記者が「裁判関連に言及したのか」と尋ねたが、西村副長官は「安倍首相が(日本の)基本的な立場を述べた。しかし、この問題もこの場での発言は差し控える」とだけ述べた。
このように、日本政府は、全体的に言葉を惜しむ雰囲気だった。
日本のマスコミも26日夕刊まで両首脳の発言をそのまま導入するのにとどまった。

 

何なんでしょうね。
10億円をかえすと破棄とみられるからそれは出来ないとか、今後も合意の破棄はしないとか・・
財団がまともに動いていないのは韓国の問題であって日本には関係がありません。
きちんと機能するように方策を施すのは韓国のお仕事であり責任。

ここで、日本に今の実情を伝えたところで、何の意味があるんでしょう?
事実上、解散した?
知りませんよ、韓国で何とかしてくださいよ。
なんて私は思っちゃいます。

安倍さんはどう動くんでしょうね。
まあこれまで通り「像の撤去はどうなった?さっさと履行せよ」とだけ言っておけば終わっちゃう話ですけどね。

もし、わずかな譲歩でも安倍さんがしようものなら、確実に支持率落としますよ。
モリカケ等、問題じゃないほどにね・・

にしても・・
「韓日双方がすべてとぼけで一貫して爆弾回しをしている」って何言ってるんですか?
とぼけているのは韓国だけ、日本はやる事はやってます。
ほんと、嘘つきでムカツク民族。

 

このニュースに対する韓国政界の反応記事が上がってました。

中央日報の記事です。

和解・治癒財団解散通知に政界「歓迎」 韓国党が、「慎重さが必要」

ムン・ジェイン大統領が安倍晋三首相に会って和解・治癒財団の事実上の解散を示唆した26日、政界が全体的に歓迎の声を出した。
ただし、自由韓国党は日韓関係を考慮して慎重にしなければならないという立場を明らかにした。
和解・治癒財団は、2015年12月、朴槿恵政府が締結した日韓慰安婦の合意に基づいて設立された組織である。

バク民主党院内スポークスマンはこの日、書面ブリーフィングを通じて「新政府に変わっても、争点のもとだった和解・治癒財団が、最終的に公式解散という運命を迎えた」とし「朴槿恵政府の代表的な外交的廃人2015年12・28日韓慰安婦合意はこれで全面廃棄されたも同然だ」と評価した。

パク院内スポークスマンは12・28日韓慰安婦の合意を置いて、「外交文書の公式用語では到底納得できない」最終的かつ不可逆的な」という言葉で国民の首の後ろを取るようにするかというと、算出根拠もない10億円という日本政府のお金を突然受けとり、速戦即決で設立された」とし「今からでも和解・治癒財団が公式に解散され、日韓慰安婦の合意が破棄になってほしい」と促した。

キム・ジョンファスポークスマンは論評を通じて、「遅すぎる、あまりにも当然だ」と歓迎の意思を明らかにした。
また「被害者の声は眼中にもなかった祖母の意味に反する和解・治癒財団は解散が答えだ」とした。

ただし、キム・ジョンファスポークスマンは「(従来の)慰安婦の合意を破棄したり、再交渉を要求しない」という、ムン大統領の発言については「残念」とし「慰安婦問題の真実を否定して責任を回避する日本の破廉恥な行動にムン・ジェイン政府は、「被害おばあさん」を中心とした真正性のある再交渉を開始しなければならない」と主張した。

パク・ジュヒョンスポークスマンは、口頭論評を通じて「国民の公憤を買った和解・治癒財団の解散を示唆したのは、慰安婦被害者問題に関する歴史を正す合図」と「「最終的かつ不可逆的」と表現していたとんでもない韓日間の合意が最終的でもなく、不可逆的でもないことを明らかに示してほしい」と声を出した。

一方、韓国党は「韓日関係の未来を考慮し、慎重に処理しなければならない」と懸念を示した。

ユンヨウンソク韓国党の上級スポークスマンはこの日の論評で、「(和解・治癒財団は)韓日両国間で合意に設立された」と指摘し、「急変する北東アジア情勢と米・韓日関係などを考慮すると、大局的な見地から、日韓関係を形成しなければならならない」と述べた。

続いて「慰安婦被害おばあさんたちのサポートの隙間が発生することがありますので、これに対する対策も政府レベルで十分に検討して支障がないように綿密な計画を策定しなければならないだろう」と付け加えた。

 

とまあ、大喜びのようです。
でも、日本側は全く困らないと思いますよ。
これまで通り、履行せよというだけ。

韓国は断交宣言でもしたらいいんじゃないですかね。
その方がよほどすっきりすると思いますよ。
その後、韓国がどうなっても知りませんけどね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...