米「鉄道の着工式をするのは違反」韓国「着工式と着工は別」米「???」

アメリカは無視するはずと思っていた平壌宣言
どうも、そうではなかったようです。

中央日報の記事です。

米、韓国に「平壌宣言の中で制裁違反の可能性」数回指摘

日本の左翼新聞東京新聞は、ムン・ジェイン大統領とキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長が署名した平壌共同宣言に含まれている南北の鉄道及び道路の接続の着工式の年内実施方針と関連し、 「韓国政府が米国政府に事前に通知していないことを確認した」と報道した。

東京新聞は23日付朝刊1面トップ記事で韓・米関係筋を引用して、ソウル発としてこのように報道した。

新聞は国連安保理の制裁決議案の違反の可能性があるとし、米国側が南北首脳会談後、外交ルートを通じて韓国政府に内容の確認をしており、韓国側は「関連交渉は大統領府が主導しているだけであって、安保理決議に違反していない」と説明。
「双方の見解の食い違いが顕在化している」と伝えた。

文大統領と金委員長は4月板門店宣言で「南と北は東海線と京義線鉄道と道路を接続して、近代化して活用するための実践的な対策を取っていくことにした」と合意した。

また、今回の平壌共同宣言には「南と北は今年、西海線鉄道や道路の接続のための着工式を行うことにした」と明示された。

東京新聞は、このような内容が宣言に記載経緯と関連し、韓国政府筋を引用し、「過去18〜20日、平壌で開かれた首脳会談で金委員長が「板門店宣言に基づいて(関連コンテンツを)早期に具体化しよう」と文大統領に要請し、今年中の着工式が合意されたもの」と説明した。

新聞は「文大統領が訪朝日程を終えて帰国した直後、米国側は韓国に合意事項の詳細な説明を要求して「資材搬入などが国連制裁違反に該当する可能性がある」と指摘、これに対し韓国側は「年内に実施されているのは、あくまでも着工式だけであって制裁違反には該当しない」という立場を米国側に提示した」と報道した。
さらに米国側は納得がいかないとし繰り返し尋ねたが、韓国側は同様の説明を繰り返すだけだったと東京新聞は伝えた。

東京新聞は、「米国は、南北間の経済協力のために対北朝鮮制裁に穴が生じること警戒している」とした。
東京新聞は、進歩的な色彩が強い新聞で、南北首脳会談以後理念性向とは無関係に、大多数の日本のメディアは「非核化に向けた北朝鮮の具体的な措置なしに南北関係だけ先に進展させてはならない」という論調を展開している。

 

とまあ・・・
アメリカが問題視したのはこの部分

2. 南と北は相互互恵と共利共栄の土台の上に、交流と協力をより増大させ、民族経済を均衡的に発展させるための実質的な対策を講究していくことにした。
(1)南と北は年内に、東・西海線の鉄道および道路連結のための着工式を持つことにした。

(2)南と北は条件が整い次第、開城工業団地と金剛山観光事業を優先して正常化させ、西海経済共同特区および東海観光共同特区を造成する問題を協議していくことにした。

(3)南と北は自然生態系の保護および復元のための南北環境協力を積極的に推進することにし、優先的に現在進行中の山林分野協力の実践的な成果のために努力することにした。

(4)南と北は伝染性疾病の流入および拡散防止のための緊急措置をはじめとする、防疫および保健・医療分野の協力を強化することにした。

はい、どこをどうとっても北朝鮮へのいわゆる例外措置。
一言でいえば、韓国は北朝鮮の為にあらゆる努力を惜しまない。という内容です。

これは前回の記事で私がスルーしてきた部分でもあります。
なぜ、スルーしたかといえば「目新しい事ではないから」
これまでもムン大統領こういった北朝鮮への援助を繰り返し発言しています。
その度にアメリカから釘をさされ凹んでいたのが文在寅

今回の同じ流れかと思ってたんですが、アメリカは「これは決議違反である」と韓国抗議したようです。
韓国は「やるのは着工式、だから問題はない」と回答・・・

納得できるわけがありませんよね?着工式=着工の開始なのですから。
でも、この言い訳が成立するのも韓国文化。
約束などという概念などありはしません。
ですから、着工式はただの式典であって着工の約束ではないということになるのでしょう。

まあ、到底理解できませんけどね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...