文在寅、平壌 に到着  大盛り上がりの韓国メディア  目的不明の南北会談

少し前に発表された、北朝鮮と韓国の首脳会談。
どうやら、18日今日15時30分から始まるようです。

早速、朝鮮日報の記事から

ドア大統領・キム・ジョンウン平壌談判

ムン・ジェイン大統領とキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長は18日午後3時30分に平壌で初の首脳会談をすると、大統領府が明らかにした。

ユンヨウンチャン青瓦台国民疎通首席はこの日、ソウル東大門ダジャインプラザ(DDP)に設けられたプレスセンターでブリーフィングを通じて「ドア大統領と金委員長の首脳会談が午後3時30分から5時まで予定されている」と述べた。

ユン首席は続いて「その時に金正淑女史と特別随行員たち、経済人がそれぞれ(北側関係者と)出会いが進行になるという言葉を申し上げる」と述べた。

ユン首席はこの日、ドア大統領と金委員長が空港から百花園招待所まで移動する時間が予定より20分ほど遅れたことについて、「百花園まで来る途中にカーパレードがあった」とし「おそらく多くの北朝鮮の住民が出て年度歓迎をしていたと思われる」と説明した。

首脳会談後、両首脳は、国賓の宴会場であるモクラングァンでディナーを持つと伝えられた。

 

とまあ、韓国メディアはこの会談で大盛り上がり、朝から何度も南北会談の記事が上がってきています。
ですが、この会談の意味を考えると・・・意味ある会談とはとても思えません。

金正恩の思惑

北朝鮮がずっと希望していることは制裁の解除。
これを何度も繰り返しアメリカに対していってきました。
が、ご存知の通り、まずは核廃棄それも完全なが前提条件です。

ところがビビリの金正恩は体制維持のためにはこの核兵器は絶対必要として手放すつもりはありません。
ありませんが、これまでやり続けてきた「廃棄するふり」をして制裁緩和を引き出そうとしています。
例え、これが一時的な物でもそれだけで当分は可能なのでしょう。

そこで、利用したいのが朝鮮戦争の終結。
これを餌に韓国側を取り込み、韓国からだけでも物資調達を図りたいのでしょう。
まあ、これまでもこっそりとやり続けてきたようですが、この所、締め付けが更に厳しくなってきたため、このままでは頼みの韓国も動けんなくなるという懸念の払しょくがこの会談の最大のテーマとなるでしょう。

核兵器についてはもちろん議題には上がるでしょうが、とりあえず適当なことを決めるだけ。
もちろん、履行などする気はないでしょうけどね。

一言で言えば「これからもこっそり物資をゆずってくれ」これだけで終わる会談でしょう。

文在寅の思惑

この人の狙いは下がり続ける支持率回復の為のパフォーマンス。
なんせ、まともな経済対策をやらないものですから、韓国内の失業率は悪化の一途。
このままではいつろうそくデモが起こるかわからない状況。

そこで、こちらも朝鮮戦争の終結を餌に支持率の回復を狙っているのでしょう。
ところが、終結は核廃棄後、とアメリカは明言しています。
つまり、ここでなのをどう決めようが、戦争終結は出来ないのです。

それでも、この人が南北会談をやりたがる最大の目的は国民の目をそらす事
ムン大統領が戦争終結も目指し、がんばっているというところを見せたいのでしょう。
ですが、この思惑は失敗に終わることは確実

なんせ、韓国内でも核廃棄なしでの戦争終結は望んでいません。
更には北朝鮮はどうでもいい、景気対策をというのが今の韓国内の流れなんです。

その状態で、何一つ決められない二人が会談?
どうみても時間と経費の無駄、もしここで、無理やり戦争終結の約束をしようものなら、完全にアメリカを敵に回すことになるでしょう。
この辺り、ムン大統領は分かっているのか分かっていないのか・・・・

まとめ

結局、何をどう決めようが履行されることのない内容ばかりに終始するでしょう。
そして、残るのは文在寅の北朝鮮スポークスマンとしても役割のみ。

以上が会談で起こるであろうという私の予想です。
さて、会議はもうすぐ、どういった事がとびだすのか?
結構、気になるところですね。

追伸:やっとサーバー引っ越し完了しました。初めてのことだったので一日がかりでやっと引っ越しできました。
そのうち、この経験を記事にするかもしれません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...