「無給休職者に生活支援をしろ!!」韓国GM労組 再びストライキ突入か?

今年の4月、すったもんだの末、やっと再建へと動き出した韓国GM
7月には米ゼネラル・モーターズ(GM)は20日、ソウル郊外の富平第2工場に5000万ドル(約56 億円)を追加投資すると発表。

SUVは自動車の中でもシェアを拡大しつつある分野ですから、この投資は個人的には納得。
いまのまま、続けていてはジリ貧確実ですからね。
ところがこれに対し、産業銀行は大反対。

そして、ついにあの厄介者が再び騒ぎ始めます。
朝鮮日報の記事です。

韓国GM労組、法人分離反対の特別団体交渉要求… 5ヶ月ぶり​​にまたストライキ

韓国GM労組が今年の賃金団体協議交渉を終えたわずか5ヶ月で法人分離と関連し、使用者側に特別交渉を要求した。完成車業界では、労働組合が法人分離反対を理由にスト手順を踏むためのものと見ている。

韓国GMは現在、生産工場と研究開発(R&D)を担当する2つの法人での人的分割を進めている。R&Dを担当する新設法人はデザインセンターと技術研究所、パワートレインなどの関連部門が含まれる。

12日、韓国GM労組は「韓国GMの長期的将来のためには、単一の構造を維持することが妥当で有利である」とし「法人分離画策のすべての闘争で阻止する」と明らかにした。

韓国GM労組は10日、特別団体交渉要求案を会社に送信した。
要求の中には▲GMの研究開発機能のコア基地の役割確約▲新車種配置▲完成車輸入販売禁止▲富平昌原工場の非正規職の正規職化▲無給休職者の生活費対策作りなどが入れられた。

二重無給休職者の生活費の場合、6ヶ月は、政府が支援し、30ヶ月は、会社と労働組合が半々ずつ225万ウォンを支援することを4月の賃金団体協議の過程で合意した。
しかし、労組支援費は、組合員が毎月3万〜4万ウォンを拠出する必要があることから組合員の反発が大きいことが分かった。
組合員が拠出していなければ、労働組合が運営資金で無給休職者生活費を調達しなければならない。
このため、特別団体交渉で、この部分が重要な争点として浮上する可能性が大きい。

労組は来月10日から行われる国政監査で、労働組合の立場を伝え、国会次元で韓国GMの法人分離対応に直面する予定だ。

会社側は新設法人設立絶対韓国GMの撤退を意味するものではないと説明。
政府とGMが韓国GMに7兆7000億ウォンの資金を投入し、今後10年間の生産設備を維持することで合意した。

韓国GMの関係者は、「会社の持続可能性、成長のために法人分離が必要であると見ている」とし「すでに韓国で10年間の生産設備を維持することに合意しており、市場撤退はない」と述べた。

業界では、労働組合が、最終的にスト手順を踏むと見ている。
交渉で妥協点を見つけられない場合、交渉決裂宣言→中央労働委員会の調整→ストライキ賛否投票→ストライキという手順を踏むということだ。

完成車業界の関係者は、「団体交渉の影響で賃金が毎月10%ほど減少し、組合員が組合に対する不満が大きい状況」とし「脱退する従業員も続出しており、労組も会社側に強く要求するものとみられる」と述べた。

一方、韓国GMは先月の輸出で前年同月比49.80%減少するなど、不振を記録した。内需は昨年より26.10%下落し、輸出は49.80%減少した。特に回生以降にリリースされた新車中型SUV春分錆びる97台が販売され、不振販売の流れを示している。

 

再生を目指しているものの、販売は伸びるどころか落ち込む一方の韓国GM。
現状の打開策として考えれば、今回の投資は十分理解できます。

が、そこは韓国人、考え方が違います。
今回の要求は
1.GMの研究開発機能のコア基地の役割確約
2.新車種配置
3.完成車輸入販売禁止
4.富平昌原工場の非正規職の正規職化
5・無給休職者の生活費対策

この中で注目したいのは最後の項目。
これ、休職に生活費を会社がだせと言い出してるんです。
おかしいですよね。
無休で合意したのですから、そうなるのは当たり前。

でも、組合側は納得しません。
何故か?

「投資する金があるのならこっちに回せ」と言いたいのです。
そして、更にストライキまで予定しているようです。
彼らはおそらく、「やっぱり、金もってるじゃないか。騙された」とでも思っているのでしょう。
全く、懲りないといいますか・・

韓国GMも馬鹿です
連中はまったく納得も理解してないんです。
ほとぼりが冷めればやり始めるにきまってます。
韓国人なのですから。

今からでもさっさと全面撤退すればいいんじゃないですか?
これが連中の息の根を止める最善策だと思うんですけどね。

さて、今回の騒ぎどう進展するのか、注目しましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...