日韓戦、で日本敗北 第12回アジア青少年野球選手権 韓国メディア大喜び

夏の甲子園がおわると恒例のなっているU18野球大会。
この大会の日本代表は全国高校野球選手権大会でのスター軍団。
昨年も優勝し連覇を目指す、侍ジャパン。
今日は日韓戦。
エース金足農吉田を立て必勝を目指しますが、結果は・・1-3で敗北。
6回を投げて被安打2だっただけに初回の失点だけが悔やまれます。

まあ、こうなると韓国メディアは大喜び

朝鮮日報の記事です。

「大韓民国代表」キム、日本の鉄腕破った

韓国青少年野球代表チームが日本を折った。4番打者キムの(18・フィムンゴ)が「鉄腕」吉田ゴ(18)を相手にファイナル4を放った。

ギムソンヨン(ヤタプゴ)監督が率いる18歳以下代表チームは5日、日本宮崎産マリンスタジアムで開かれた第12回アジア青少年野球選手権グループリーグA組第3戦の日本との試合で3-1で勝った
3連勝を収めた韓国は、日本(2勝1敗)を抜いてA組1位のスーパーラウンド(準決勝)に進出した。
スーパーラウンドでは1位チームが1勝のアドバンテージをとって戦える決勝進出の有利な立場を獲得した。

2014年10回大会以来、4年ぶりの優勝を狙う韓国はB組1位台湾、2位の中国とスーパーラウンドで対戦する。
スーパーラウンド1・2位が決勝、3・4位が3位決定戦に出る。

日本はこの日、先発として吉田を投入。
吉田は今年の夏の甲子園大会でスターに浮上した。
時速150㎞台の速球を誇り、金足農を決勝まで導いたからだ。
又、吉田は、予選5試合ですべて完投勝利を収めたのに続き、甲子園でも1回転から準決勝までの5試合連続完投勝利を記録した。
決勝では、力尽き5イニングで12失点して敗戦投手になったが、日本人は6試合で881球を投げた吉田の闘魂に賛辞を送った。
日本で行われた今回の青少年野球選手権でも吉田の人気は群を抜いている。
グループリーグで1塁ベースコーチに出たことも大きな話題になるほどだった。
そんな吉田が宿敵である韓国戦先発で出て、日本のファンたちは注目した。

韓国は金の一発がひかった。
韓国は1回ユンスニョン(デジョンゴ)の四球と日本遊撃手の失策を誘い1死1,2塁のチャンスをつかんだ。
金は吉田の初球スライダーを打って左側フェンスを越えた。
この先制3点本塁打は決勝打となった。

3打数2安打・3打点・1盗塁・1四球。金は、今年の斗山が単独指名した投手兼外野手だ。
速球は最高140㎞台後半である。
しかし、打撃にも優れ、3年生の今年は、主に打者に多く出てきた。
斗山も打者として育成の重点を置いている。
吉田は2回以降は失点なし、結局6イニングを3失点して敗戦投手になった。

マウンドではKIA 1次指名である左腕ギムギフン(光州ドンソンゴ)が好投をした。
先発投手として出たギムギフンは3回まで四球2つと好投した。
ギムギフンは1死後、日本の4番打者藤原に3塁打を打たれながら次打者を三振に切って取った。
野尻を四球で出塁されたギムギフンは比留間拓哉を中堅フライで処理しイニングを終えた。
5回も四球、安打で得点圏に走者をだしたが失点はしなかった。5イニング2安打・4四球・2奪三振無失点。
ギムギフンに続いてワンテイン(慶北高校、2.1イニング1失点) -ソジュンウォン(慶南高、1.2イニング無失点)が、日本の打者を封鎖した。

 

うーーん。吉田はよく投げたと思うんですけどね。
むしろ、点が取れなかったことが敗因。
取りあえず、A組2位で通貨し次のステージへは進めそうです。

にしても、この金足農の吉田投手。
いささか、投げすぎな気がします。
壊れなければいいんですけどねー。。
不安です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...