グループHOTが17年ぶりにコンサート  元代表取締役が商標権を行使

往年のアイドルが久々のコンサート
これは日本でもよくあることで懐かしさもあって結構話題になるものです。
まあ、著作権でもめるといった事もまれに見かけますけどね。

どうやらお隣韓国でこの知的所有権をめぐってごたごたが始まっているようです。

中央日報の記事です。

HOTの単独コンサート 内容証明送信したSM元代表

グループHOTが17年ぶりに開くコンサートを控えてHOT商標権を持つキム・ギョンウク氏が公演主催社に法的対応を予告した。

4日歌謡界によると、金氏は先月23日の公演主催社のソルトイノベーションに「知的財産権侵害の停止要求と使用許可の件」というタイトルの内容証明を送った

金氏は、ソルトイノベーションにHOT商標の使用による適切なレベルのロイヤリティを要求したが、まだ合意に至っていないと伝えられた。

金氏は、1990年代HOTをキャスティングして育てた芸能企画者で、2001〜2004年SM代表取締役を務めていた。

ソルトイノベーションは一度来る10月13〜14日、ソウル蚕室(チャムシル)総合運動場オリンピック主競技場で予定通り公演を開催するという立場だ。

広告代理店PRMアイデアラップの関係者は、「法律諮問を受けた結果、現在は公演を開いても問題がないことを知っている」とし「早いうちに解決策を出す」と伝えた。

HOTのメンバーは、去る2月、MBC「無限挑戦-トトが’を通じて解体後初めて完全体公演を披露した後、ファンからアンコール要請が続く再会を議論してきた。

HOTが来月正式に単独コンサートを開くことになれば、2001年2月のオリンピック主競技場で開催された最後の公演後、17年ぶりだ。今回の公演に所属事務所であるSMは介入しない。コンサートには、SM会社ドリームメイコスが投資家のみ参加した。

 

ここで問題となっているHOTというグループ。
知ってますか?
私は当然しりません、ググってみるとこのグループはウィキペディアによると

H.O.T.(エイチオーティー、에이치오티)は、韓国の男性5人組アイドルグループ。韓国アイドル界第1世代。
グループ名は“High-five Of Teenagers”(ハイファイブ・オブ・ティーンエイジャー)の略で、「10代の勝利」という意味が込められている[1]。ファンからは「エチョティ」(에쵸티)とも呼ばれている[2]。1996年のデビューから2001年の解散まで韓国で圧倒的な人気を誇り、韓国ポップス界の歴史を変えたとも言われている。

HOTってホットと読むんじゃないんですね。H.O.T.と読むのが正しいようです。
それはおいておいて、ここで問題となっているのが商標権。
商標権は10年ごとに更新していけば、その権利を維持できるというもの。
この点は韓国も日本も同じ。
今回の問題はその権利を行使できるかですが

記事を読み続けるとどうやら、この商標の権利を持つのが元SM代表取締役の金氏は出来る
それに対し、開催者側は出来ないと判断しているようです。

そこで韓国の商標権に関する権利行使の留意点を調べてみました。
まずは概要から

商標権は、他人の使用を排除することができる独占権であり、商標権に基づいて侵害差止め、または予防請求、損害賠償請求、および信用回復請求などの権利行使が可能である。
しかし、第三者による商標の使用が商標権の効力の及ばない範囲に該当する場合、商標権が商標法以外に依拠した第三者の権利と接触する場合、第三者の使用によって先使用権が認められる場合には、商標権に基づいた権利行使が制限される。
また、韓国の商標判例によると、無効となることが自明であると判断される商標権に基づく権利行使は許容されないと判示されている。

基本可能なようですが例外規定もあるようです。
調べてみると、

商標権は、次の各号のいずれかに該当する場合には、その効力が及ばない。

1. 自己の氏名・名称または商号・肖像・署名・印章または著名な雅名・芸名・筆名とこれらの著名な略称を普通に使用する方法で表示する商標

略称を普通に使うのなら問題なしということのようです。
が・・・・・・・・・・・・
この普通ってなんなんでしょう?
私にはさっぱり理解できません。
今回の使用は普通なのか否か?
ここが争点なのでしょうか??

どっちにしても曖昧過ぎる規定であることは確かなようです。
でも、17年ぶりですよ。
素直におめでとう位で終わりそうなものですけど。。。

結局、揉めた理由は朝鮮人だから、ということなのでしょうか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...